« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

健康食太り

なぜか早くから目が覚めてしまったので更新します。
伸太郎1号はダイエットのために、最近はこんな朝食にしています。


         *草臭さが激減されとてもおいしいです。

前回、野菜ジュースに混ぜて不評だった青汁の原末「大麦若葉」を、
牛乳1/2と水1/2にバナナ1本とりんご1/4を加え、
ミキサーでかき混ぜた中に入れて飲んでいます。
これはとてもおいしいです。

会社勤めの頃は、朝はあわただしいので、朝食はパンでしたが、
退職後は、ゆっくりできるので、ご飯に変更しました。
大評判の炊き立て16雑穀米に卵焼き、味噌汁、納豆などを
ゆっくりと味わいながら食べることができます。幸せです。(^^♪
そして、太陽の下で気持ちよくウォーキングして、シャワーを浴び、
野菜不足を補うために大麦若葉ジュースを飲んでいました。

とても、健康的です。しかし、

お昼になってもお腹が減らないのです。
それでもと思い、いつも通りラーメンなんかを食べていました。
すると、なんということでしょう。体重が増えているではないですか。
よく、よく考えると、今までよりたくさん食べているのですから、
あたりまえのことなのですね。

せっかくの健康的な食事が、これではまったく良くないので、
朝食を前述の「バナナリンゴ大麦若葉牛乳」だけにしました。
昼飯が待ち遠しいですが、たった1週間で元に戻りました。
これって続けると、どんどん痩せられるのかなぁ~

今日は後援会のお手伝いで、かなり歩くからご飯を食べとこう!
 

2007年2月25日 (日)

満開の笑顔を

昨日は応援している岡山市議会議員の後援会事務所開きでした。
久しぶりに勤めていた会社の先輩や同僚たちに会えました。


          *可愛い白い花が咲き始めました。

「今、何しよんなら~」とか、「どうしたんなら、その頭は」とか、
僕の坊主頭を見て、びっくりした顔をされながら、
多くの人とお話をすることができました。
そして、伸太郎1・2号は後援会のお手伝いをすることになりました。
尊敬している議員さんですから、精一杯お手伝いしようと思います。

梅の花便りが聞かれますが、わが家の梅は3分咲きぐらいです。
梅はバラ科サクラ属で、奈良時代に中国から渡来したようです。
北海道旅行の帰りに、大阪城公園の梅林を見学しましたが、
95種類もの品種の多さにびっくりしました。
梅干で有名な南高梅か紅梅くらいしか知りませんでした。

梅と言えば梅雨ですが、梅雨は梅の実が熟す頃に降る雨という説と、
黴(かび)が生えやすい時期の雨を、黴雨(ばいう)と読んでいたのが
梅雨になったという説があるそうです。

梅の花の次は桜の花、そして岡山では桃の花と続きます。
その頃には後援会活動の結果が出されます。
満開の笑顔の花を咲かせるよう頑張りましょう。
 

2007年2月23日 (金)

わんぱく小僧

わんぱく小僧と言えば、僕たち仲間内では知らない人はいません。
飲み会の集合はとりあえずココみたいなお店です。


          *ダーツも置いて、少しオシャレになりました。

このお店のマスター「こーちゃん」は、伸太郎1号より1才年上。
岡山市中山下の新田ビルの地下に「わんぱく小僧」を開いて、
もう26年にもなります。(よく続いているものだ:本人弁)

「こーちゃん」は岡山ではエビめしで超有名なインディラの出身で、
1号が勤めていた会社の近くのお店で働いていた時に知り合いました。
とても、気さくなお兄さんって感じで、誰とでも仲良しになれる人です。

今から思えば25才の頃に独立するなんて大した人ですねぇ。
そんな気負いなんか全く見せない、マイペースな所がすごいです。

岡山市では、毎年夏におかやま桃太郎まつりと称して、
花火大会・桃太郎おどりパレード・うらじゃおどりを3日間で開催します。
その花火大会の夜に1号と2号夫婦は「わんぱく小僧」に集合し、
新田ビルの屋上で花火を鑑賞するのが恒例行事になっています。
花火大会会場からはかなり離れてはいますが、
屋上から「次はピザね」、「ビールの追加をお願いしま~す」などと、
食べ物や飲み物を注文して、地下から持って上がってもらいます。
僕たちはのんびりとビルの向こうに広がる花火を楽しんでいます。

そんな優しい「こーちゃん」に、1号は心配な事があります。
「わんぱく小僧」は年末年始のほんの短い休日を除いて年中無休。
土曜日も日曜日も営業していますので、
若い人の結婚式の2次会なんかにはもってこいです。
50名も入れる店が一杯になることも度々あります。
「こーちゃん」は、こんな忙しい時でも暇な時でもニコニコしながら、
マイペースでビールを飲んでいます。
毎日、毎日、ビールばっかり平均にして3リットルも飲むそうです。

ちょっと、飲みすぎじゃあないすかぁ~

「こーちゃん」もう若くないのですから、ビールはホドホドにして、
いつまでもお店を続けて欲しいと思っています。

とりあえず、集合するお店なんですから。
 

2007年2月22日 (木)

同級生飲み会

同級生の仲良したちが、退職記念の飲み会を催してくれました。
まぁ、酒の肴になったようなものですが、ありがたいことです。


           *1号はすっかりできあがっています。

皆は仕事をしているので飲み会の始まりは20時でした。
1次会のお店では3時間ほど飲んで、しゃべって大いに盛り上がり、
そろそろお開きになると思いきや、2次会の「PaPaおやじ」へ。

家庭の話や、友達の話や、将来の話や、健康の話まで・・・
同い年の僕達には、共通の話題が山ほどあり話が尽きません。
この仲良したちの良いところは、「グチ」を言わないってことです。
忙しい毎日の中で、せっかく時間を作って楽しんで飲んでいる時に、
場をしらけさせてはいけないと思っているからです。

子供をなんとか無事に育て上げ、仕事にも区切りがついたら、
どこかでのんびりしたいという気持ちは誰もが思っています。
でも、なかなかそうはできないのが現実です。
それを同い年の僕がやろうとしているのです。
「いつかニュージーランドへ行くから、絶対に成功しろよ」って、
すごく、大きな期待をされてしまいました。

「PaPaおやじ」のマスターも同い年です。ますます話に花が咲き、
気が付いた時には時計の針は3時を回っていました。
おいおい、みんな元気があるなぁ~。
今度会える時にはニュージーランドの話が出来るようにしないとね。
 

2007年2月20日 (火)

伸太郎福山へ行く

お世話になった先輩へ退職の報告のために、
伸太郎1号と2号は広島県第2の都市福山市へ行ってきました。


         *福山城はとてもスッキリとした姿でした。

福山市の人口は約46万人、中国地方では広島市、岡山市、倉敷市
に次いで、4番目の都市です。
福山市の市章は、福山城が建っている山を蝙蝠(こうもり)山と呼び、
蝙蝠山の蝠が福に転じて福山となったそうです。
そういえば市章はバットマンのマークによく似ています。

お世話になった先輩は福山市の東町にお住みになっています。
1号は組合の上司として、2号は阪神タイガースのファン仲間として
よく可愛がっていただきました。
僕たちの訪問に、とても懐かしがってくれたり、夢を聞いてもらったり、
短い時間でしたが、お会いできてとても良かったと思いました。

それから、福山自動車時計博物館と福山城を見学しました。
JR福山駅北口を出ると、すぐ目の前に福山城は建っています。
福山城は1619年に徳川幕府から西国鎮護の拠点として、
備後10万石の領主となった水野勝成が築いたものです。
築城の際に京都の伏見城から移築した伏見櫓(現存)と
筋鉄御門(現存)は、国の重要文化財に指定されています。
5層の天守閣は昭和20年の空襲で焼失してしまいましたが、
昭和41年市制50周年に月見櫓と御湯殿とともに再建されました。
現在の天守閣内は博物館になっており、福山市内はもちろんのこと、
瀬戸内海まで望めるらしく、昇りたかったのですが今日は休館でした。

城は戦闘用の砦として、また、権力の象徴として建てたと思いますが、
その姿かたちの美しさにとても魅力を感じます。
1号も一石一城の主としての美しさを備えたいものです。
 

2007年2月18日 (日)

本物を食す

北海道の旅を思い出すメニューをいただきました。
今夜も満足、満足、もひとつ満腹。ふぅ~幸せでごじゃりまするぅ。


         *どれもご飯が似合いすぎるものばかりです。

本日のコースは、
まず、食前酒にぴったりと合う、「いかすみの塩辛」でございます。
これは函館市場で、なんとサービスでいただいた健康な一品です。
これが意外にほどよい甘さで美味しく、ワインをおかわりです。

そして、続いては函館名物の「いかそうめん」の「いくら」のせです。
透明感がありながらも、やや赤みがかってるのが新鮮な証拠。
あらかじめ、食べやすく切り身になっているのでとても便利です。
特製タレをかけていただきます。それだけで十分においしいのですが、
さらにあの、なぜかおいしい自家製いくらを贅沢にトッピングしました。
自家製いくらは全く臭みが無く、口の中にとろりと旨さが広がります。
もう、絶品です。ご飯にかけても最高です。

今夜、伸太郎1号が作った料理は「スープカレー」です。
鶏がらスープで、なす、にんじん、かぼちゃ、じゃがいも、ピーマンを
食材の旨味を引き出すように軽く煮込み、そのスープに味をみながら
市販のスープカレーの素を加え、結局、2人用で4人分が出来ました。
すすきの駅前通のお店で食べたスープカレーのように、
透明なスープにはなりませんでしたが、味はまずまずの出来でした。

さて、それでは今夜のメインデッシュをいただきましょう。
メインディシュは鵡川の「ししゃも」。そうです、本物の「ししゃも」です。
ホットプレートで焼くのが一番美味しいと聞きましたので、ジューと、

ししゃもさん、ごめんなさい!

こんなに美味しいものだとは思ってもいませんでした。
生干しという独特の製法のせいかもしれませんが、しっとりと焼けて
頭から尾まで身を味わって食べられます。本当に美味しいです。
いつもししゃもだと思って食べていたししゃももどきは、
オーブントースターで頭なんか焦げるまで焼いて、当然、取ります。
だって、ししゃもは卵の食感だけを味わうものだと思ってましたから。

50才にして本物を食した1号でありました。
 

2007年2月17日 (土)

祝50才♪

♪ Happy Birthday to me ♪ Happy Birthday to me ♪
♪ 誕生日おめでとう~ 自分~ ♪ (自分に歌うのかよ)


     *こんなにたくさんのバースデーカードをもらいました。(ーー;)

全部、お店からのお誘いカードですけどね。
服屋さんに寿司屋さん、駅商店街に薬屋さんにカラオケ屋さん・・・
あっ!メガネ屋さんからも来てたなぁ~(友人からは無いのかよ!)

伸太郎1号、本日をもって50才になりました。バンザ~イ。!(^^)!
なんて、もうこの歳になると、別に嬉しくもないのですが、
実はひとつ気にしながらも、楽しみにしていたことがありました。

それは、夫婦50割引です。
 
映画のチケットですが、夫婦のうちどちらかが50才以上になったら、
ふたりで2千円で映画を観ることができるという割引制度です。

何が気になっていたかというと、この制度はレディースディのように、
ちゃんと決まっている制度ではなく、1年間限定の制度だったのです。
3年前の7月から始まったのですが、好評のため、延長、延長で、
2度も延長になっている割引制度なのです。

この割引制度の利用は、2年前では全映画人口の3%未満でしたが、
最近では5%~6%にも増えたそうです。
そのこと自体はとても良いことなのですが、困ったことができました。
それは、映画会社としては、夫婦そろって映画を観るという生活提案が、
ある程度、映画ファンの中に定着したと判断し、(割引くと損だから・・)
6月末でキャンペーンを終了する(予定)ということなのです。

せっかく、50才になって安く映画を観ることができるというのに、
今まで高くても払ってきたのに、キャンペーンが終了しては困ります。

終了するかどうかは、これからの利用状況で判断するとのことだけど、

どうすればいいのぉ?

たくさん利用した方がいいの?

利用者が減ったら、キャンペーンを続けるというのなら、

利用しないほうがいいの?

50才の誕生日に悩みが増えました。(お気楽な悩みですみません)
 

2007年2月16日 (金)

札幌スープカレー

すすきの駅前通で食べたスープカレーです。
札幌が発祥の地で、いまや200軒を越える専門店があるそうです。


       *生まれて初めてお店で食べたスープカレー(1,000円)

これを見てください。野菜がドーンと入っています。
具は、なすび半分、ピーマン半分、じゃがいも(メークイン)半分、
ゆで玉子半分、にんじん1/4、さすがにかぼちゃは1/16でした。
それに、スパイシーなタンドリーチキン1本です。
スープはかなり透明度が高く、表面になにやら辛そうなものが・・・。

野菜を丸ごとたっぷりと食べれるため、健康と美容に良いとかで、
このスープカレーは女性に大人気らしいのです。
たしかに、あっさりとしたカレー味で、いかにもヘルシーです。

ただ、初めてお店で食べるのでどうやって食べたらいいのかです。
 A ご飯をスプーンで少しとり、それをスープにつけて食べる。
 B スープをご飯の上にかけてカレーライスのように食べる。
 C ご飯をスープの中に入れておじやのように食べる。
さぁ、どれが正しいのでしょう。
結局、わからないまま食べ終え、スープを残してしまいました。

さて、普通のカレーの作り方はよくご存知だと思いますが、
スープカレーの作り方は大ざっぱに書くとこんな感じです。

(スープカレーのレシピ)
 ① 水に鶏がらと香味野菜を入れ、じっくりと煮込む。
 ② 煮込んだら中身を取り、澄んだスープだけにする。
 ③ じゃがいもなどの野菜を下ゆでし、具の準備をする。
 ④ スープにミックスしたスパイスと具を入れコトコト煮込む。

カレーのルーを薄めてスープを作るものと思っていましたが、
これは、まるでラーメンのスープ作りに近いではないですか。
普通のカレーは野菜にも味がしっかりと入り込んでいますが、
このスープカレーは野菜を先に下ゆでしているので、
野菜そのものの味もしっかりと味わえます。
つまり、素材がおいしくないとマズイということになります。

北海道は野菜に自信あり・・・と見た。

日曜日の夕食メニューは決まりました。
 

2007年2月14日 (水)

①やはり雪です

10日から13日まで伸太郎夫婦は退職旅行を楽しんできました。
5ページに分けて報告しますので、ぜひ最後までお読みください。

初日は新大阪から特急はるか281系で関西国際空港に向かいました。
この特急はるかは平成6年の関西国際空港の開港と同時のデビューで、
当時としては画期的な全席禁煙が前提のため喫煙室が設置されていました。
喫煙者の市民権が強かった時代を反映してか、喫煙室からの見晴らしも良く、
愛煙家にも快適なスペースを確保しています。
現在の喫煙者は悪者だと言わんばかりの扱いとは全然違いますね。



        *ロゴが日本的なのでパチリ

そして、空の旅はANA1787便のボーイング767-300に搭乗して、
たった95分で函館空港に到着です。

そこで今回の旅仲間18名が集合しました。
7組が熟年夫婦(伸太郎夫婦も)、2組が母子という組み合わせでした。

一行は大型観光バスに乗り込み、函館市内ベイエリヤの金森レンガ倉庫で買物、
五稜郭タワーで夜景を見て楽しみました。

ここまではとても順調でしたが、突然のアクシデントに見舞われました。
それは、函館の夜景を見に函館山に昇る125人乗りのゴンドラに乗るために、
20分も大行列に並ばされたあげく、もう少しで山頂に到着するその時でした。

なんとそれまで良い天気だったのが、一瞬にして雪の大吹雪で、
10m先も見えない状況の中での夜景(大雪)鑑賞になってしまい、
ナポリ・香港と並ぶ世界三大夜景(なんか古いんちゃう?)と言われる
函館の夜景は売店の絵葉書で見ることになりました。残念・・・。

 

②ししゃもって

二日目は、函館朝市の店の人からタラバガニとアブラガニの見分け方や、
うちのいくらがなぜおいしいかなどの説明を聞き、市場見学(買物)です。
タラバガニなんて買えませんので、ししゃもとなぜかおいしいいくらをゲット。

1号がししゃもだと思って食べている魚は本当のししゃもではなかったのです。

いつも食べているししゃもはカラフトししゃもの名前で売られていますが、
実はアイルランド産のキャペリンという魚です。
ししゃも(柳葉魚)は日本固有の魚で、北海道の太平洋側にしか生息しません。
ししゃもはアイヌ語の「シュシュハム」からきているといわれています。


       *有珠山(高い山)の手前の西山火口からの水蒸気

昼食の噴火湾産のホタテ御前をめざして洞爺湖に向かいましたが、
平成12年3月31日に23年ぶりに噴火した有珠山の西山火口から、
大量の水蒸気がもくもくと立ち上っているのを見てびっくり。

次にバスは京極ふきだし公園に立ち寄りました。
北海道で一番有名な蝦夷富士と呼ばれている羊蹄山に降った雨や雪が、
数十年後に京極に湧き出しているそうです。
近くに有名なニセコスキー場がありますが、雪の量や質が素晴らしく、
スノーパウダーと呼ばれる雪はこれかぁと手で感触を楽しみました。

その後、小樽市の北一硝子で切れの良さで有名なしょうゆ差しをゲット。
18時過ぎにやっと札幌市内に到着です。
 

③さっぽろ雪まつり

さっぽろ雪まつりは今回の旅行のメインです。
ホテルに入った伸太郎ご一行様はすぐに飛び出ました。


   *ついに雪まつりメイン会場の本通公園に到着です。

札幌テレビ塔の展望台に向かいましたが、あまりの人の多さに断念。
それではと、雪像163基、氷像12基の完全走破を目指して、
1丁目から12丁目まで時計の針の反対周りで歩きました。(一方通行)

さすがに札幌、途中でかなり雪が強くなりましたが、
雪が降らなければ北海道に来た意味がないと勇んで歩きました。
大小さまざまな雪像・氷像があり、ライトアップされてとてもきれいでした。
ところどころの会場ではイベントも開催され観光客を楽しませていました。

今年は6日から12日まで開催されるさっぽろ雪まつりですが、
毎年200万人もの観光客が訪れると聞きます。
歩く途中で雪像を直している人や警備の人、祭りスタッフや販売員など
多くの関係者を見かけましたが寒い中でとても大変だなぁと思いました。

会場をひとまわりした伸太郎ご一行様は次にすすきのへ向かいました。
ホテルを出てすぐにスープカレーを食べましたが、
やはり次は札幌みそラーメンでしょう。
期待通りみその味がしっかりとしてとても美味しかったです。


伸太郎1号・2号は夜のすすきのに後ろ髪を引かれながら、
夫人とともにホテルへ帰りました。
 

④札幌で一番

三日目は朝からもう一度さっぽろ雪まつりを見学に行きました。
今度こそは札幌テレビ塔の展望台から会場の全景を眺めようと昇りましたが、
これまた、雪で少し先までしか見ることはできませんでした。
まぁこの時期は当たり前のことですね。

そして、北海道も最終日ですから買物をするために札幌駅へ向かいました。
ここには北海道の天空に一番近い場所としてJRタワーがそびえ建っています。
札幌テレビ塔が147mで、JRタワーはそれ以上の173mもあるのです。
横浜のランドマークタワーが296m、東京タワーが333mですから、
特別たいしたことはないのですが、とりあえず札幌で一番高いです。


             *見晴らし最高でした。


JRタワーで一番有名なのが展望室の男子トイレと聞き入ってみました。
高所恐怖症の人は〇〇〇が縮んでオシッコができないかもしれませんね。

一番感心したのは展望室への入場券を販売していた受付のお嬢さんです。
1号に雪のため視界の悪い状況をモニターテレビで見せて、

「本日はこのような眺めになっておりますがよろしいでしょうか?」

展望室に昇ったけど何も見えなかった、と怒る人がいるのでしょうねぇ。
まぁ僕はトイレを見に行ったのですけど・・・。
それでも、時折雪も止んで、北海道大学やすすきのあたりまで見えましたよ。

 

⑤豪華寝台列車

最後はとても楽しみにしていた、トワイライトエクスプレスによる列車の旅です。
札幌駅を14時6分に出発して、大阪駅に翌日の12時52分に到着するという、
なんと23時間1502.6kmの旅です。



スイートルームやロイヤルルームという高い客室はとれませんでしたが、
楽しく修学旅行気分が味わえるBコンパート(一番安い)に乗り込みました。
それでも、夕食は本格フランス料理のコースディナーを注文し贅沢気分を味わいました。

1号は寝ぼけて落ちるのがイヤなので2段ベットの下側で寝ましたが、
時折、列車がガタンと揺れて目が覚めたり、当然、トイレで目が覚めたりと、
ぐっすり眠った気はしませんでした。
夫人は結構眠れたとのこと。あらためて女は強いなを実感しました。

トワイライトエクスプレスにはゆったりと景色を眺めてくつろげるサロンが2箇所あり、
さすが豪華寝台特急と言われているだけのことはあると思いましたが、
困ったのはシャワー室がふたつしかないことです。
しかもシャワーは6分間しかお湯が使えず、30分交代の予約制でした。
伸太郎ご一行様はすぐに予約しましたが、当然乗客全員が利用することはできません。
スイートルームやロイヤルルームにはシャワーやトイレも完備されているとのこと、
今度はぜひ豪華客室に乗りたいものです。

こうして、3泊4日の夫人への感謝旅行は幕を閉じたのですが、
夫人たちは喜んでいただけたでしょうか?

そして、最後まで読んでいただいた皆さんにも感謝します。
 

2007年2月 9日 (金)

夫人への感謝旅行

明日10日から13日まで、さっぽろ雪まつりを見学してきます。
伸太郎1号夫人へのこれまでの感謝とこれからもよろしく旅行です。

  *毎年200万人もの観光客だそうです。

もちろん伸太郎2号夫婦も一緒です。
帰ってから旅行の様子を報告しますので、ブログの更新は少しお休みします。

伸太郎ご一行様は、初めてさっぽろ雪まつりを見に行くのです。(*^_^*)
今年は暖冬だから雪不足で雪像作りは大変だったのでしょうねぇ。
6日に開会した様子をニュースで見たけれど道に雪は積もってなかったし、
雪像が溶けて水が滴っていたもの。

ところで、北海道と言えば、この時期はカニですよね。!(^^)!
今回は近畿日本ツーリストのパック旅行ですが、
タラバガニや噴火湾産のホタテ御前がメニューにあったので楽しみです。
あとは、みそラーメンとスープカレーを食べるつもりです。
札幌がスープカレー発祥の地だなんて知りませんでした。
一度家で作ってみたのですが、イメージが全然わかなかったので・・・
やっと本物を食べることができます。(^0_0^)

そして、今回とても楽しみなのが、帰りに乗るトワイライトエクスプレス号です。
豪華ディナーも予約しました。札幌駅から大阪駅まで約23時間の列車の旅です。
そうだ!大阪に寄るのだからたこ焼きも食べよう。!(^^)!
なんか、1号は食べることばかりが楽しみみたいですね。
旅行の趣旨である夫人への感謝を表すサプライズも考えないとね。
それでは、報告を楽しみにしていてください。
 

2007年2月 8日 (木)

ありがとうございました。

退職の挨拶状を皆さんに郵送しました。
職場の皆さん、長い間お世話になりありがとうございました。

挨拶状の中に“退職後は妻と親友と長年描いてきた夢に向かって歩み、
心豊かな生活の実現を目指したい”と書かせていただきました。
その夢の実現をこのブログで報告できればと願っています。

伸太郎1号は22才の時に「青年の船」に乗船し、
55日間に渡って海外青年との交流やインド・クウェイト・パキスタン
・シンガポールを訪問しました。

30才の時に九州・四国・中国の電力労働組合の青年リーダーたちと
ニュージーランドを10日間訪問した経験があります。

若い時に海外生活を経験することはとても重要なことだと思っています。
外国に行ってあらためて日本の良さを知ることができます。
外国人との交流ではじめて日本人としての自覚が持てます。

伸太郎1号はお世話になった皆さんへの恩返しの気持ちをこめ、
皆さんのお子さんやお孫さんの人間的成長を促すために、
若いうちにニュージーランドを訪問していただき、
そこでのロングステイ(長期滞在)のお世話をしたいと考えています。

このことが夢のひとつです。

大自然豊かなニュージーランドで、
長年描いてきた夢を実現するために頑張りますので、
引き続きのご支援をいただきますようお願いします。
 

2007年2月 6日 (火)

一番のオシャレ

おとこの真ん中でブラブラしてるものな~んだ?
          って、ナゾナゾを子供の頃だしませんでしたか?


          *いろいろなキャラクターがありますねぇ

答えは?ジャジャン!・・・「ネクタイ」です。(本当は「掛け軸」です。)
変な答えを想像していた人は伸太郎1号の仲間になれますよ。(*^_^*)

サラリーマンと言えば、やはり、背広にネクタイが必需品ですね。
32年間のサラリーマン生活の中で、
1号の真ん中で一体何本のネクタイがブラブラしていたことでしょう。

写真をご覧のとおり、1号はキャラクターものがとても好きす。
ウルトラ兄弟、トム&ジェリー、ET、ターミネーター、鉄腕アトム、
トトロ、ミッキーマウス、そして似ていると言われたドラエモンなど。
目立ちたがり屋にとって、ネクタイはとても重要なアイテムでした。

おまぬけな1号が、一番のオシャレと考えていたのは、
それは、隠れたオシャレと言うか、
それは、意味のないオシャレと言うか、
それは、お前何考えてんだぁ~と言われるオシャレと言うか、
ネクタイのキャラクターとトランクスのキャラクターを揃えることです。

いやぁ~、大人ですなぁ~

それに、タイピンが揃えばパーフェクトですね。
実は、1号夫人がドラエモンのタイピンをプレゼントしてくれました。
僕のオシャレを見抜いていたのでしょうか?(怖くて聞けません。)

そんな、思い出深いネクタイともお別れです。
なかなか処分できないなぁ~と、伸太郎2号に話していたら、
「じゃあ壁飾りでも作ったら?」ってグッドアイデアをくれました。
ネクタイを切って布を利用したパッチワークにするとか、
小さく切って額に入れるとかして、部屋に飾ろうと思います。
完成したら、またブログでお披露目します。良かった、良かった。

もう、首を絞めていたネクタイはありません。

思っていることを声に出しましょう。(えっ今までは黙ってたの?)
 

2007年2月 5日 (月)

JR津山線事故に思う

明日は久しぶりに朝早くから岡山へ出かけます。
伸太郎1号は車を持っていないので公共交通機関を利用します。


     *事故による代行運転のせいか皆押し黙っています。

1号の住んでいる田舎は、唯一の公共交通機関はJRなのですが、
昨年11月に落石事故が発生しためバスが代行運転をしています。
その事故では負傷された方もいて、大変な事故だったのです。
まだ、復旧の見通しはついていないようです。

狭いバスの中では、さすがの女子高生たちも静かですが、
よく揺れ、人と暖房で気持ちが悪くなる人もいるみたいです。
はやく、復旧してもらいたいものです。(でも、少し怖い・・・)

実は、1号はもう10年以上もマイカーを持っていないのです。
もちろん、免許は持っていますが、車に興味がなくなったと言うか、
運転はしたくないと言うか、車は経費がかかりすぎると言うか、
まあ、無くてもなんとかなるから必要ないという感じですね。

実際、車を1台所有すると、まず、購入費用、車検費用、ガソリン、
自動車税、任意保険、故障修理、アクセサリーなど、など、
かなりの経費が必要になりますよね。

1号も若かりし頃は給料のほとんどを車に注ぎ込むという、
一般的な男の子でした。車の雑誌も読み漁っていましたね。
それが、仕事が忙しくなって、車に乗る時間がなくなると、
自然に興味もなくなってしまいました。
おかげさまで、車への経費はかからなくなりましたが、
かわりに自分へのとても高いガソリン代がかかるようになりました。

JR通勤ですから、いつでも、どこでも、誰とでも、飲みに行けます。
お誘いがないときは、こちらからお誘いもします。はい。
JR通勤ですから、ゆっくり本が読めるし、一日の予定も考えられるし、
二日酔いでも大丈夫だし、本当に助かりました。

今でこそ、そう思いますが、当時JR通勤のときは、本数が少ない、
車両を増やせ、学生がやかましい、と不満ばかりを感じていました。
しかし、今回のように事故が起きてしまいJRが利用できなくなると、
しみじみとJRのありがたみがわかるものです。

JR社員の皆さん、復旧作業は気をつけて頑張ってください。
そして、再発防止に万全を期してください。
代行バスで通勤をされている社会人、学生の皆さんご苦労様です。
いつかJRが復旧したら、この不便さを思い出して、感謝の気持ちで、
マナーを守って、皆が気持ちよく車内で過ごせるようにしましょう。

1号はなくなってみなければわからない愚か者です。
 

2007年2月 4日 (日)

レオ様ぁ、素敵ぃ(1号夫人)

1号夫人の大・大・大好きなレオ様主演の映画を観ました。

ご存知のとおり香港映画のリメイク版です。


『ディパーテット』の内容はご存知の方が多いので省略します。

伸太郎1号の感想です。
1号は香港映画『インファナル・アフェア』の方が良かったです。

その理由は、リメイク版だから仕方がないのかもしれませんが、
まず、ネタばれ(ラストは違っていましたが・・・)だからです。

さらに言えば、香港映画の『インファナル・アフェア』の内容と
俳優の演技が見事だったからです。

レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンの演技は素晴らしいし、
何よりもジャック・ニコルソンのキレ方は尋常では無く拍手ものです。
しかし、最初に食べたカップヌードルの味が忘れられないように、
トニー・レオンとアンディ・ラウの迫真の演技と
警察とマフィアお互いに「ねずみ」がいるという内容が衝撃的でした。

また、携帯メールの活用方法も当時の1号には衝撃的でした。


さすがにハリウッド映画だなぁという場面もたくさんありましたよ。
残虐な銃撃シーン(
R-15ですから)がバンバンあったり、
香港映画にはいない綺麗なマドンナを登場させたり、
最後の最後に本物の「ねずみ」が何気にスクリーン中央に現れたりと、
まったく退屈させることのない2時間32分でした。


面白かったのに『ディパーテット』を良く書いてないのは、
レオ様への嫉妬からかな?(逆立ちしても勝てないよ)
 

2007年2月 3日 (土)

健康オタクか

「う~ん、まずい、もう一杯」でおなじみの青汁。
伸太郎1号は、健康のために青汁の原末を飲んでいます。


        *ニンジンのだいだい色と混ざって変な緑色に

〇こんな方におすすめします。
 ・美容や健康のために野菜を摂りたい方
 ・肉類、油類が好きで、野菜不足の気になる方
 ・外食が多く、栄養の偏りが気になる方
                      とパッケージに書いてあります。

まさしく、1号のためにある商品だ。

子供の頃は、ポパイの影響でほうれん草を、よく食べていましたが、
大人になってからは、野菜はあまり食べなくなりましたね。
野菜サラダなんてオシャレな人が食べるものだと思っていました。
まず、焼肉とかハンバークですよ。
おじさんになると焼肉は少し遠慮気味にはなりましたが、
あいかわらず、野菜は食べませんね。

そんな1号の目に止まったのがこの大麦若葉です。
これはいいなと思って、選んでみるとすごく高い商品もありますが、
これは安かったので、2種類も買ってしまいました。
最近の1号は、まるで、健康オタクです。

水に溶かして飲めないことはないのですが、味はイマイチです。
やはり、草くさいというか、草を味わっているというか、100%です。
今日はふと思いついて、野菜ジュースに溶かしてみました。
ニンジン色が変な緑色になってしまい、おいしくなさそうです。
飲んでみると、草っぽいのが多少減ってなんとかいけます。
でも、色がイマイチです。

やはり、安いものは、おいしくない。

みなさん、冬は鍋でたっぷり野菜を食べましょう。
 

2007年2月 2日 (金)

坊主頭で考える

サラリーマン卒業記念に丸坊主にしてみました。

  
        *こんな髪が                 *こんなになっちゃいました

実は、伸太郎1号は髪を染めて(ヘアマニキュア・・・?)いたのです。
この際、本当の自分に戻るため、本当の髪の毛に戻したかったのです。

はっきり言って、顔がでかいです。

早速みんなに見てもらうと、
2号は笑いながら、家族に見せるからと写真を撮ってくれました。
瑠璃長のチーママさんは、「今は丸坊主とメガネが流行っているから」と、
聞いてもいない最近の流行について教えてくれました。
PAPAおやじのマスターは、「いいじゃん、俺は短い髪が好きやから」と、
ただ、自分の好みの髪の長さについて語ってくれました。

そうじゃないんです。
似合っているのか、似合っていないのか、言って欲しかったのです。

でも、さっぱりして、サラリーマン生活をスッキリと忘れられそうです。

鏡で見るとおでこの横は白髪だらけで、一気に老けた感じがします。
50才なんだから、老けているのも当たり前かもしれませんが、
今まで、(無理して)若作りをしていたものだから、少し馴染めません。

みんなに好かれようと、八方美人ならぬ十六方美人を演じてきた1号が、

本当の自分をさらけ出すときがきたのです。

でも、タクローの昔の歌じゃないけれど、
本当の自分というものを、自分でわかるってことは不自然ですよね。
自分でもわからない自分の存在もある訳ですから。

ですから、どんな自分が本当の自分かなんて考えずに、
自分の気持ちを、何も飾らずに素直に表に出すことができて、
それがみんなにとっても、気持ちよく受け入れてもらえることが理想ですね。

とりあえず、前髪でおでこを隠さないで、顔をさらけ出すことはできました。
 

2007年2月 1日 (木)

夫人も大感激

職場の皆さんありがとうございました。
昨日帰宅するとこんな素敵な花束とメッセージが届いていました。


           *春を感じる可愛いチューリップが入った花束

花束にこんなメッセージが添えられていました。

奥様

ご主人様の中電マンご卒業おめでとうございます
組合キャンプでの出会い
組合専従時代の広島での生活
台風や配電線事故で夜中にご主人様を送り出したこと
いろいろ思い出も多いのではないでしょうか・・・
32年間の中電マンとしての生活を支えてこられた奥様に
敬意を表しお花をお届けします
これからは 待望のニュージーランド滞在に向け
ご主人様と準備を進められるとお聞きしています
夢を実現し ちょっとゆっくり ちょっとのんびり・・・
これからも 夫婦仲良くいつまでも・・・
ご卒業おめでとうございます
お二人のご多幸をお祈りしています

心のこもったメッセージに伸太郎1号夫人も大感激でした。

1号は昨日退職したのですが、多くの先輩や同僚から
励ましの言葉をかけていただきました。
皆さんのおかげで、会社生活も組合生活も
悔いなく過ごすことができました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

これからは、夢の実現に向かって、
そして、少しでもご恩返しができるように頑張ります。
 

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »