« おまぬけ船長誕生 | トップページ | 車の点検よりも »

2007年3月 7日 (水)

宝ラーメン

岡山駅さんすてに岡山初上陸した京都宝屋。
さっそく麺好き伸太郎1号は、宝ラーメン大盛りをいただきました。


             *まずは麺の細さにびっくりです。

まず、スープをひとくち、あっさりとした中にもとろりと残るあと味。
いわゆる醤油とんこつスープです。
そして、麺をひとくち、おぉ、なんだこの麺の細さは、
すごく細い、博多長浜の細さとはまた違う、四角い細切り麺です。
しかし、なめらかであり、適度なコシもあり、なかなかの麺です。
国内産小麦粉を使った低温熟成細麺というものらしい。

京都で生まれた宝屋は、京都に5店舗、大阪に1店舗、そして岡山。
1号は京都の店には行ったことはありませんが、岡山駅ビル店は、
なにやら、ほっとする懐かしい感じのする店作りでした。
暖かみのある木作りのカウンターや障子が昭和っぽいですし、
写真にあるやかんがそれを一番表していると思います。

店に入って1号がとても感心したのは、厨房とホールのスタッフが、
お客さまの動きに合わせて声を出し合っていることです。
「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を全員が声出しです。
お客さまをもてなそうとする気持ちがひとつになっているようです。
この従業員教育はなかなかのもんですよ。

前述のスープは飲んでも飲んでも、飽きることの無いスープです。
このスープを最後の一滴まで味わって欲しいという店の気持ちが、
お品書きのチラシに書かれていました。
「たからの宝 どこにある おいしいあとの底にある」
完食すれば答えがわかるはずです。
 

« おまぬけ船長誕生 | トップページ | 車の点検よりも »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おまぬけ船長誕生 | トップページ | 車の点検よりも »