« ラム肉のトマト煮 | トップページ | 春分の日に »

2007年3月19日 (月)

デジャブは得意

映画 Deja vu デジャブを観ました。
2人で2,000円の夫婦50割引制度を初めて利用しました。


   *相棒の死で落ち込んでいるダグ(左)に仕事を依頼するFBI捜査官

主演はアカデミー主演男優のデンゼル・ワシントン。
1号とたった3歳しか変わらないのに、なんでこんなに大人なの?
写真右は、トップガンのクールなパイロット役のヴァル・キルマー。
ちょっと見ない間にすっかりおじさんになってて好感が持てました。

物語は賑やかな乗客で満員のフェリーが、テロ犯人に爆破され、
543名もの犠牲者がでるという衝撃的なシーンから始まります。
その後、少し離れた場所でフェリーの爆破焼死体に見せかけた、
美しい女性クレアの死体を見たときからデジャブがスタートします。

FBIが開発した4日と6時間前だけが見える監視装置を駆使して、
カメラが撮影した過去の情報から犯人を見つけ出そうとします。
しかし、監視装置に疑問を抱いたダグがとんでもないことを・・・

SF好きの1号は途中から、物語の結末は読めました。
しかし、この問題ではいつも頭がこんがらがってしまいます。
今回も結末はわかりましたが、結論はわからないままです。

「初めて会う人なのに・・・、なぜか見覚えがある・・・。」
デジャブを表現し、映画のキャッチコピーになっていますが、
伸太郎1号は若いときからよく使ってましたよ。

「ねぇ~彼女ぉ~前にどこかで会ったことない~」なんてね。(笑)
 

« ラム肉のトマト煮 | トップページ | 春分の日に »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラム肉のトマト煮 | トップページ | 春分の日に »