« パスポート申請 | トップページ | デジャブは得意 »

2007年3月18日 (日)

ラム肉のトマト煮

今夜のメニューはラム肉のトマト煮です。
はじめての羊肉料理、家族の皆は食べられるでしょうか?


      *トーフは風に吹かれて豆腐屋ジョニー これがうまい

NZを訪問するからには、羊肉料理もマスターしなければ。と思い
今夜はラム肉のトマト煮を作ってみました。
NZではネルソンという町に2週間滞在しますが基本は自炊です。
伸太郎1号が料理する人で2号は片付ける人という分担です。
とにかく羊肉が安いということですから、おいしく食べられなくては、
NZでの生活はできません。

(ラム肉のトマト煮)
 ・小玉ねぎは1/2、ジャガイモはひとくち大に切る。
 ・ラム肉に、塩、こしょうをして小麦粉をまぶす。
 ・フライパンにオリーブオイルをひき、ラム肉をこんがりと焼く。
 ・鍋でにんにくを炒め、小玉ねぎとジャガイモを炒める。
 ・ラム肉と赤ワインを入れてひと煮たちさせ、アルコールをとばす。
 ・ホールトマトを入れて10分くらい蒸し煮する。
 ・しょうゆとコンソメスープを入れ味をみながら煮込む。
 ・器に盛って、パセリと黒こしょうをふる。

おじいさん&おばあさんには羊の肉とは内緒で食べてもらいました。
二人が食べ終わってから、肉はどうだったと聞くと、
「やわらかくて美味しかった」とのこと。
羊の肉だよって言うと、「ふ~ん」という返事。
まぁ、何の抵抗もなく食べることができたらしい。

1号自身、羊肉と言えばジンギスカンしか食べたことがありません。
生後1年未満の羊肉をラム、2年以上をマトンと呼んでいます。
今夜の肉はオーストラリア産ラムかたロース焼き肉用です。
ゆっくりと噛みながら味わってみると、口の中から鼻に抜ける時に
かすかに「あぁ、これが羊の匂いかぁ」って思う程度です。
肉自体はとてもやわらかく、筋もあまりありません。
倉敷イオンの中のジャスコで100グラム338円で買いましたが、
鶏肉よりも豚肉よりも、いつも食べている牛焼肉よりも高いです。
日本ではあまり、消費されていないから高くつくのでしょうね。

これから頑張っておいしい羊肉料理を作りたいと思います。
ニュージーランドの羊よ。待っておれよ
 

« パスポート申請 | トップページ | デジャブは得意 »

我流料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パスポート申請 | トップページ | デジャブは得意 »