« デジャブは得意 | トップページ | 冬は作務衣(寒い) »

2007年3月21日 (水)

春分の日に

今日は春分の日、わが家の白木蓮の花がやっと咲き始めました。
最近、寒い日が続くので咲くのをためらっていたみたいでした。



玄関前の可愛いい花たちはすっかり春爛漫です。



春分の日とは、国民の祝日に関する法律では、「自然をたたえ、
生物をいつくしむ」ことを趣旨として、制定されています。

日本は四季がはっきりしていて、春はすべての生き物が動き出し、
人間としても物事を始めるには、絶好の季節です。
ピカピカの新入生、新学期、新年度という自分の過去の経験から、
春になると「よし、やるぞ」って気持ちになります。

また、春分の日は昼と夜の時間が、大体同じになる日でもあります。
正確に同じ時間になるのは、毎年微妙にズレて違うらしいですが、
これから夏に向かって、日照時間が長くなるということです。

実は、晴れの国岡山は、日照時間の長さは日本一ではないのです。
降水量1ミリ未満の日が日本一多いので、そう呼んでいるのです。

伸太郎がNZで行きたい所は、南島の北端のネルソンという町で、
気候がよく、日照時間の長さはNZ国内1番と言われています。
NZでは、サニーネルソンと呼ばれており、芸術家たちが多く集い、
国内有数のワインの産地としても有名です。

春分の日、さぁ行動の季節です。
 

« デジャブは得意 | トップページ | 冬は作務衣(寒い) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デジャブは得意 | トップページ | 冬は作務衣(寒い) »