« 春分の日に | トップページ | 北海道弁当は美味しい »

2007年3月22日 (木)

冬は作務衣(寒い)

お得意の通信販売で、また「作務衣」を買っちゃいました。
伸太郎1号はもう背広を買わないのだから、まぁいいか・・・


          *作務衣より立派なお腹の方が目立ちますねぇ~

パンフレットの中で、一番に気に入った新古織柄作務衣です。
お正月用に買い求めるお客さんが多いとのこと。
作務衣と言えば紺一色というイメージが強いと思いますが、
柄物もあるんだなぁ~と、思わず注文してしまいました。

もうひとつは、ブラックデニム作務衣を買いました。
デニム生地の登場で、インナーにTシャツ、足元はスニーカーという
スタイルもおかしくなくなりました。(1号は以前からそうですけど・・)

禅門では掃除や採薪などの日々の業務を作務と呼ぶそうですが、
この時に着用する作業着を作務衣と称したことが、
和服「作務衣」のルーツだと言われています。
今のように上衣とズボンが分けられたのは比較的最近のようで、
当初は長作務衣という、作務衣の上衣が膝くらいまである衣が
一般的だったようです。(伝統芸術を着る会HPより)

お寺のお坊さんの作務衣はオールシーズン1着きりで、
夏の暑さ、冬の寒さを耐えることも、修行の目的とされていました。
一般に普及してからは、季節に応じて作務衣も衣替えします。
でも、さすがに冬は作務衣(寒い(笑))ので着ていませんでしたが、
今や、作務衣は冬も人気商品のようです。

ウォッシャブルウール裏キルト作務衣

と言うメチャクチャ長い名前が付いた作務衣の登場です。
名前を見れば一目瞭然ですね。
ウールの持つ風合で格調高く、心地よい肌触りが着心地良く、
裏地は中綿ポリエステル100%をキルト加工して保温しています。
へぇ~、これなら暖かそうだな。来冬は1着買ってみようかな。

このように色々な作務衣が改良されて販売されていますが、
1号(の体型)にとっては、ゆったりと着れることが良いのです。
 

« 春分の日に | トップページ | 北海道弁当は美味しい »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1877790/51033216

この記事へのトラックバック一覧です: 冬は作務衣(寒い):

« 春分の日に | トップページ | 北海道弁当は美味しい »