« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

キリンビール工場見学

日本一の藤公園から、瀬戸町のキリンビール工場へ行きました。
目的はもちろんビールの試飲(と言っても2杯も飲めちゃう)です。


         *ごっつぁんです。お幸せな顔をしていますなぁ~

できたての生ビールが2杯も飲めて、おつまみまでいただけます。
もちろん運転手さんにもジュースが用意され、おかわりもOKです。
この工場の近所に引っ越して来たいです。(*^_^*)酔ってますぅ~

ここで、ひとつとっておきの情報をお教えしましょう。
試飲タイムの時に、ビールを美味しくする技を教えてくれます。
ビールを注ぐときには3回に分けて、しっかりと泡立てて注ぎましょう
ということなのですが、注ぎ方を実演して見せてくれます。
そして、注いだ美味しいビールは先着1名様がゲットできます。
恥ずかしがらないで一番に手を挙げて是非いただいてください。

確かに、泡がしっかりして、まろやかな感じになって美味しいですよ。
あれ、手を挙げたのがバレバレですね。(*^_^*)酔ってますぅ~


          *敷地内にはレストランもあります。

このキリンビール岡山工場では、ほぼ毎日ブルワリーツアーという
工場見学を実施しています。(毎週月曜日と第3火曜日は休み)
平日は1時間毎に、土・日・祝日は30分毎で案内してくれます。

まず見学者は、ビデオで工場とビールづくりの概要をお勉強します。
その後、工場の中を見学をして、お待ちかねの試飲タイムです。
工場見学は50分、試飲は20分の計70分のコースとなっています。
希望者はあらかじめ電話で予約することになっていますが、
少人数なら急に行っても全然問題ありませんよ。

親切な1号ですから、予約電話番号も書いておきましょう。
キリンビアパーク岡山 ℡086-953-2525
  

日本一の藤公園

今日は1号夫人とドライブがてら和気町藤公園に行ってきました。
1号は知りませんでしたが、この藤公園は「日本一」なんですって。


          *ご覧のとおり、とってもきれいでしょ。

この藤公園(和気郡和気町藤野)は、日本一と言われています。
何が日本一かと言うと、

全国46都道府県の藤が植えられているのです。(凄ッ)

沖縄県だけは野生の藤が自生していないので植えていませんが、
北海道の五稜郭の藤から鹿児島県の坊の津の藤まであります。
パンフレットに書かれている内容を書くと、
国指定天然記念物7種類
県指定天然記念物46種類()
市町村指定天然記念物26種類
その他19種類 の
約100種類の紫・ピンク・白の藤が、咲き乱れています。(予定)


           *今日はこんな感じで藤はまだまだでした。

4月29日に開園して、一応見ごろは5月の連休頃としていますが、
咲いていたのはほんの一部で、満開には10日はかかりそうです。
でも、昨日と今日は入園料が無料なので文句は言えません。
明日から、大人300円、小人150円です。
来園する前に開花状況を確認したほうが良いと思います。
期間中はライトアップして、午後9時まで開園しているようです。

今日は太陽の日差しもそれほど強くなく、気持ち良かったので、
芝生に座ってお弁当を食べている大勢の家族でにぎわっていました。
屋台も20店くらい出ていたので、何の用意をしなくても大丈夫です。
1号夫人は藤ソフトクリームを美味しそうに食べていました。
 

2007年4月29日 (日)

旭川の白鳥

夜更かしをしてしまったので、少し遅めのウォーキングでした。
昨日から川沿いを歩いていますが、居ました、居ました、白鳥が!


            *白鳥らしい優雅な泳ぎっぷりです。

昨年の6月からウォーキングを始めました。(当時は週3回程度)
その時の事ですが、旭川沿いの道路を川を眺めながら歩いていると、
対岸になにやら白い大きな物が、よく見ると白鳥じゃぁないですか。
これは珍しいもんを見たと、家に帰って家族に自慢げに言うと、
数年前から住み着いていると、あっさりと言われてしまいました。

それ以来、ウォーキングのたびに、「おはよう」と挨拶をしていました。
冬になってコースに変えたので、お目にかかっていませんでしたが、
昨日からまた、川沿いコースを歩いています。でも居ませんでした。
それが、今日は居ましたよ(^_^)。遅く出発したのが良かったかな。

日本に居るのはオオハクチョウとコハクチョウとコブハクチョウです。
写真の白鳥はコブハクチョウです。オオハクチョウとコハクチョウは
顔を見ると、目から鼻までが黄色でくちばしは黒色をしていますが、
コブハクチョウは目から鼻までが黒くてくちばしはだいだい色です。
それに鼻の所にコブがあるから、コブハクチョウと呼ばれています。

いやぁ~久しぶりぃ~元気だった? 「おはよう」と挨拶しましたよ。
チラッとこっちを見たような気がしましたが、優雅に泳いでいました。
短い尾を左右に振りながら、水面をスィーと滑る様はいいですねぇ。
伸太郎1号は10分くらい、ボーとコブハクチョウ眺めていました。

このコブハクチョウの生まれは、遠くヨーロッパやシベリヤの方で、
オオハクチョウのように日本には渡ってこない白鳥だそうです。
ですから、動物園や鳥公園で飼育するために輸入したものが、
逃げ出して日本各地の川や池に住み着いているようです。

人間ぽく考えると、一人で寂しくはないのかなぁと思いますが、
きっと自由を求めてここにきたのだから、君は幸せなんだろうね。
 

2007年4月28日 (土)

わが家のシンボルツリー

気持ちの良い朝です。(最近、毎朝気持ちいいと言っているなぁ・・・)
わが家のシンボルツリー「花水木」を見てください。


          *玄関の横でどんどん大きく育っています。

「花水木」は、別名をアメリカヤマボウシと呼ばれているように、
北アメリカ東部が原産の木です。
1900年代に東京市長(当時)がアメリカに桜の木を贈ったお礼に
「花水木」が送られてきたそうです。
アメリカでは、この木の皮を煎じて犬のノミ取りに利用していたため
Dog Wood と呼んでいます。それで、わが家の犬の「伸太」君は
「花水木」につながれてるから、ノミがつかないのかぁ。(冗談)

この「花水木」は育てやすい木で、乾燥にも、寒さにも強いようです。
原産が北アメリカですし、テキサスあたりでも育っている木ですから
相当に丈夫なのでしょう。ツツジ同様に町の街路樹によく見るのも
こんな理由によるものと思います。

そんなに丈夫なのに、わが家の「花水木」は2~3年前から花(本当
は花ではなくがくみたいなもの)が咲かず、葉が茶色に枯れてしまう
状態になっていました。
そのため昨年、専門の人に見てもらって、消毒をしてもらいました。

今年はどうだろうかと心配していましたが、少しですが上の方に
濃いピンク色の花が咲きました。ご近所さんの木ではたくさんの花が
咲いていますが、ご覧のとおり、すでに葉がたくさん出ています。
でも、葉も茶色く枯れていないようなので、ほっと一安心です。

元気が一番!わが家のシンボルツリーですからね。
 

2007年4月27日 (金)

スクーターで散歩

今日はマイバイクのスクーターで岡山市内を走り回りました。
西川緑道公園の横を走っているとツツジがきれいに咲いていました。


           *スクーターを道路わきに止めてパチリ

ツツジの花は道路の路側帯などにたくさん植えられていますが、
この季節になると、ドライバーの気持ちをなごませてくれますよね。
きっと、車の排気ガスなんかに負けない花なんだろうな。(偉い!)

桜が終わり、ツツジが各地で咲き誇っていますが、ツツジと言えば
FUNくんがよく買物に行っている深山公園がとてもきれいなんだよ。
そうそう、ツツジは確か玉野市の花になっていたと思うよ。
伸太郎1号は玉野中学校1年の2学期から玉野商業高校1年まで、
玉野市に住んで通学していたから知っているのです。

今日は3時間くらいスクーターに乗ったけど、本当に気持ちいいね。
特に、何が気持ちいいかと言うとね。車が信号待ちをしているでしょ。
その横をスイ~と追い抜いて停止線で止まり、信号が青になったら、
1番にダッシュして行くのが気持ちいいんですよ。(^0_0^)

髪が長い頃はヘルメットをかぶると、髪がペチャンコになるから、
ヘルメットはイヤだったんだけど、今は坊主だから全く気にならない。
むしろ坊主頭にはヘルメットがぴったりと気持ちイイくらいです。

暑い夏がくるまで、スクーターの散歩も楽しみましょう。
 

2007年4月26日 (木)

シラサギはいません!

朝のウォーキングは汗が出て、とても気持ち良くなってきましたよ。
今日はカワウのお隣にねぐらを作っているサギを紹介します。


   *見えにくくてごめんなさい。1号のデジカメではこれが限度です。

皆さんは、シラサギという名前をよく聞かれると思いますが、

シラサギという鳥はいません。\(◎o◎)/!

ダイサギ、チュウサギ、コサギの3種類のサギをあわせて呼びます。
名前のとおり、それぞれ大きさが違います。
一番大きなダイサギは90cm、チュウサギは70cm、コサギは60cm
ぐらいです。(なんだ、結局、ぐらいかよ!)と、ツッコミ入れないで・・・

(人間でも2mから1.5mぐらいまでいるから大人間、中人間、小人間
なんて分類するのかよ!)と、さらにツッコミ入れないで・・・
サギの場合はくちばしや羽や足の色や形が微妙に違うのですから。

サギの仲間で一番大きいのはアオサギです。
田んぼのあぜなんかによくじっと立っているのを見ます。
あまりに大きいので、鶴とかコウノトリに間違える人がいるくらいです。

おや、気持ち良く歩いていたら、こんなものにも出会いましたよ。


           *やっと冬眠から目覚めたのかな?

これはシマヘビです。いわゆる普通のヘビですね。
家の回りには、このシマヘビとアオダイショウが多くいます。

実は、1号はヘビとクモがとても苦手です。
それは、子供の頃の話ですが、親戚の家に少女マンガがあって、
そのマンガ本の中の、「紅グモ少女」とか「白ヘビの呪い」とか、
気持ちの悪いものを、怖いもの見たさでおびえながら見ていました。
それ以来ヘビとクモが大嫌いです。
別に1号に嫌われたからって、彼らは何とも思っていませんが・・・

とにかく、もう春本番です。
 

2007年4月24日 (火)

明石焼きとたこ焼き

友人のFUNくんのブログに、出張で大阪に行き、たこ焼きを食べた
写真が掲載されていたので、僕も欲しくなり作ってみました。


       *うまく丸くなりませんが食べれば一緒ですよぉ~

大阪では全家庭に本格的なたこ焼き器があると言われていますが、
わが家にもタコ焼き器が2台(ちゃちな電気製品ですが)もあります。
たこ焼きの粉に卵とだし汁を混ぜて焼いてだし汁で食べました。
このように、だし汁で食べるたこ焼きみたいなものを明石焼きと
いいますが、実はこちらの方がたこ焼きの元祖なんですよ。

発祥の地はもちろん明石市で、地元では玉子焼きと呼んでいます。
玉子焼きは江戸時代からある食べ方だそうで、卵とだしが主体で
ふわっとしたやわらかい生地に、明石海峡の早い潮流で育った
ぷりぷりのタコだけを入れて焼き、だし汁で食べるのです。

たこ焼きのように鉄製のプレートに鉄の千枚通しで焼くのではなく、
銅製のプレートで長い箸を2本使って上手に丸めて焼きます。
焼きあがってもとてもやわらかくて、ひとつずつとれないので、
店では銅製のプレートを、まな板みたいなものの上にひっくり返して
その上に並べられて出てきます。(こんな説明でわかったかなぁ~)

だし汁は一般的には熱いつゆが出ますが、明石で食べ歩いた時に
3軒目のお店で冷たいだし汁が出てきたので、「なんで~」と聞くと、
「お殿様がやけどをしないように冷たいだし汁を出すのが正しい」と
おばちゃんに言われました。真偽のほどは定かではありませんが、
江戸時代からある食べ物らしい逸話だと思いました。

一方、たこ焼きの方はと言うと昭和になってからの食べ物のようで、
最初はこんにゃくを入れたラジオ焼きとか牛肉を入れて肉焼きとか
言っていました。当時の味付けは当然日本のソースこと醤油です。
その後、明石焼きの影響でタコを入れるようになり、洋食屋さんの
ハイカラなソースが完成してたこ焼きと呼ぶようになったようです。

1号はたこ八(岡山高島屋地下1階)に、よく食べに行きますが、
たこ焼きにかけるソースとマヨネーズのほかにだし汁も出てきます。
別にだし汁で食べても美味しいので、問題はないと思うのですが、
明石焼きと間違える人がいるらしく、「明石焼きではありません」と
わざわざ注意書きがあります。(明石焼きにとっては複雑・・・?)
 

2007年4月23日 (月)

レオ様のヒゲがイイ

映画ブラッド・ダイヤモンドを観ました。もちろん夫婦50才割引で!
ワイルドなレオ様は、貫禄も出てきてかっこよくなりましたねぇ。


      *ジャニファーの存在が陰湿な内容を前向きにしていました。

反政府軍が集落を襲い、逃げ回る女や子供までも次々と機関銃で
撃ち殺していく残虐な様子は、観客席に座って観ているこちら側にも
砂埃をかけられている気になるほどリアルな映像で伝わりました。

永遠の愛を誓う証として、美しいダイヤを欲しがる一般人、
金儲けのためにダイヤを独占しようとする悪徳企業人、
紛争ダイヤを売って人殺しの武器を欲しがる兵士、
みんな人間です。

家族と生き別れた漁師の、「白人がダイヤを欲しがる気持ちはわかる。
だけど何故、アフリカ人同士が殺し合いをしなければならないのか」の
言葉がこの映画のテーマだと思いました。

レオ様が演じる密売人のアーチャーは政府軍から武器を調達し、
反政府軍に武器とダイヤを交換して金儲けをする最悪な人間です。
しかし、大きなダイヤを見つけた漁師とジェニファー・コネリーが演じる
正義感あふれるジャーナリストと出会い、少しずつ心の変化が起こり、
最後には・・・・・となってしまうのです。

映画を観てアフリカの内戦はまさに現実のものだと思いました。
でも、毎日の生活の中で、こんな悲惨な事は意識していませんよね。
遠い国で起きている戦争は自分ごとのようには思えません。
世界中では毎日、多くの命が失われている事実は知っています。
けれど、何もしていません。
映画を観ている143分間は謙虚な気持ちにさせられました。
 

2007年4月22日 (日)

岡山市議会議員選挙

いよいよ今日は岡山市議会議員選挙の投票日です。
53名の新しい議員が決まります。


    *大勢の立候補があり広いパネルがポスターで埋め尽くされました。

岡山市議会議員選挙は4月15日にスタートしました。
一般選挙区の52の議席に対して67名もの候補者が立候補し、
また、編入合併した建部地区の1議席に対して5名の立候補があり、
併せて53の議席に対して72名の候補者による選挙戦でした。

有権者数は約55万人だそうですが、投票率はどのくらいでしょう。
前回は51.19%だったそうですが、最近は期日前投票も簡単に
出来るようになりましたから、多くの皆さんが投票して欲しいです。
特に今回の選挙は、2009年4月に政令指定都市を目指している
岡山市の舵取りをする議員を選出する選挙なのですから。

今夜は応援している候補の当選のお祝いに行きますよ。
 

2007年4月20日 (金)

セキレイはHな鳥

2階の窓からセグロセキレイが見えたので写真を撮りました。
ツバメによく似たツートンカラーで尾の長い鳥です。


   *ウォーキングの時に前方を案内するように現れます。

日本に居るセキレイの仲間は6種類だそうですが、よく見るのは
このセグロセキレイとハクセキレイとキセキレイです。
セグロセクレイとハクセキレイは似ていて同じように見えますが、
顔の目元から下が白いのがハクセキレイです。

セキレイのことを英語名でWag Tailと呼びます。見ていると
尾(Tail)をぴょこぴょこと動かす(Wag)動作が特徴的です。

この尾を上下に動かす所作からきていると思いますが、
むかしむかし、国造りで日本を作った男神のいざなぎの命と、
女神のいざなみの命が子供をつくる時に、Hのやり方がわからず
この鳥が教えたと古事記に書かれているすごいHな鳥なんですよ。
このことから恋教え鳥とも言われています。

セグロセキレイは英語名でJapanese
Wag Tailと呼んでおり、
日本固有種だそうです。とすると神様にやり方を教えたのは、
このセグロセキレイということになるのかなぁ。

先日、ベランダに鳥エサ台を設置しましたが、エサがバラバラと
散らかっているので誰かが来ていることは間違いないのですが、
食べている姿はまだ確認できていません。

そうそう、今年は車庫にツバメが巣作りを始めましたよ。
福を運んでくれているのだから、巣を守らなければいけませんね。
 

2007年4月19日 (木)

映画の値段って

伸太郎1号夫婦は月に1回程度の頻度で映画を観に行きます。
インターネツトで事前に座る席まで予約できるのでとても便利です。


        *MOVIXのキャラクター「ヒッポコブラザーズ」です。

夫婦でいつも観に行く映画館は駐車場が無料のMOVIX倉敷です。
インターネットでチケットを事前に購入できるサービスを「お先にNet」
といいます。本当に便利なので紹介します。

MOVIXのホームページの中にある上映スケジュール表から、
観たい映画の上映日と上映時間を見つけて、購入をクリックすると
座席のページが現れ、空いている席から自分の好きな席を選べます。
そして、クレジットカード情報を入力して送信すれば予約完了です。

当日は「お先にNet自動発券機」に会員カードと引換番号を入れると
映画のチケットが出てきます。チケット購入のために並ぶこともなし、
早くから行く必要もなし、飲食店の割引サービスが付いて最高です。

この会員カードはMOVIX Clubに入会すると発行されます。
入会金が500円必要ですが、年会費は無料です。
入会時に10ポイント、映画のチケットを窓口で購入すると10ポイント、
「お先にNet」で予約すると12ポイントのポイントが加算されます。
60ポイントで映画招待券とポップコーン(小)までもらえます。

1号の場合は「お先にNet」で2枚ずつ購入しますので、24ポイントが
加算され、すぐに1人分の映画が無料になります。

ところで、映画のチケット代は定価は大人が1,800円ですよね。
でも、MOVIXの場合は水曜日は女性、木曜日は男性が1,000円、
毎月1日は映画の日、毎月20日は10周年記念で1,000円です。
さらに、朝一番はモーニングファーストショーで、夜の20時以降は
レイトショーで1,200円になっています。
さらに、さらに、夫婦どちらかが50歳以上なら夫婦で2,000円です。
さらに、さらに、さらに、先ほどのポイントで5回で1回は無料です。

こんなに、かなりの率の割引制度があるのは珍しいと思いますが、
定価で購入している人がいたら、ものすごく珍しいと思います。
皆さんのまわりにまさか居ませんよねぇ。
 

2007年4月17日 (火)

初めての入院で

来月に出産予定の娘が、先週の11日に入院して、
今日、無事に退院しました。人生初めての病院生活でした。


   *この頃の娘が一番可愛かったなぁ(失礼)

嘔吐下痢とお腹が張るという事で岡山S病院に行きましたが、
ロタウイルスに感染していると判明して即日入院となりました。
切迫早産の恐れもあるということで我家は大騒ぎになりました。
おかげさまで本日無事退院でき、来月の出産に向けて体調を
整えています。

赤ちゃんの嘔吐下痢の多くの原因がロタウイルス感染症です。
秋から年末にかけては、ノロウイルスが多く流行して、
1月から4月にかけては、ロタウイルスが流行します。
ノロウイルス感染症よりも発熱を伴う場合が多いので辛いです。
赤ちゃんから親へ感染することがほとんどです。

ロタウイルスはとても感染力が強く、わずかなウイルスでも感染
しますので、患者が触れた物からでも感染する恐れがあります。
そのため、患者からの二次感染の防止に注意が必要です。

娘の場合も、二次感染を防ぐために個室に入院しました。
病室から出ることができないので、退屈だとほざいていましたが、
高い室料を支払う親からすると、贅沢なこと言うなって感じです。
退院時に領収書の内容を見ると、なんと半分が室料でした。
個室だから高いのは仕方が無いけど室料は66,500円也です。
1日9,500円の個室ですから7日間でそうなります。

ここで、1号夫人が一言、「私は退院の日は半額だったわよ」
ん?そりゃあそうだなぁ、午前10時に退院したのに1日分とは?
と、疑問に思った1号は、早速S病院に電話して聞いてみると、
いつ入院しても、退院しても1日分の室料をいただきますとのこと。
と言うことは、午前中に退院した病室に、誰かが午後から入れば、
当然1日分の室料が請求され、結果として1つの病室に対して、
1日で2日分の室料が発生することになります。

これってどうなん?

実は1号夫人は、1年前に岡山C病院に入院しましたが、
その請求書を見ると、入院時と退院時は室料が半額でした。
病院によって室料の高い、安いの違いがあることはわかりますが、
取り扱いというか、1日で2日分の室料請求は???です。

S病院さん、まさか、ごまかして脱税してませんか???
 

2007年4月15日 (日)

いいもの見っけ

今日はベスト電器でいいもの見つけました。
海外にノートパソコンを持って行かれる方は必需品ですよ。


     *一番左のが安全回路付の電源コードです。

1号が見つけたのは、パソコンの電源コードです(?)
実は、ノートパソコンに付属しているACアダプターは、
ほとんどが海外でも使用できる製品になっています。
つまり、ACアダプター本体は日本の100ボルトから、
海外の240ボルトまで対応できるようになっているのです。
しかし、コンセントからACアダプターまでの電源コードを

よ~く見てください。(-_-;)

ほとんどのコードが125ボルトまでの対応となっています。
せっかく、ACアダプターは海外の240ボルトまで使えても
もし、つないだら電源コードが焼けてしまいます。
なんでこんなことになっているのでしょう???

1号にはなんでかわかりませんが、それで、今日見つけたのが
250ボルトまで対応のACアダプターまでの電源コードです。
なんとこの製品は雷サージや電源ノイズからノートパソコンを
守るための安全回路まで内蔵している優れものです。
これで2,230円はありがたいと思います。
あとはNZで使えるOタイプの海外電源プラグを先に付ければ、
別に変圧器を買わなくてもパソコンは使用可能になる訳です。

次に、カメラとの相性を考えて同じパナソニック製の1GBの
SDメモリーカードを5,980円で買いました。
このメモリーで、500万画素のカメラならファインモードで
約395枚もの撮影をすることができます。
撮影した写真は、毎日パソコンの中に保存すれば良いので、
1日分の撮影枚数としては十分だと思います。

ついでに512MBのUSBフラッシュディスクも買いました。
これは、ブログ用の写真と文章を自分のパソコンから保存して、
NZのインターネットカフェで店のパソコンに接続して
ブログを作成するために使います。なんと1,
980円でした。
数年前から思うとすごく安くなりましたね。

少しずつ旅行グッズを準備している伸太郎1号でした。
 

2007年4月14日 (土)

旅行グッズ

岡山ロフトで色々な旅行グッズを見てきました。
スーツケースは10万円もするものがありビックリです。(高っ)


        *色々ありましたが、今日は見ただけでした。

空港で飛行機内へ預ける荷物を、受託手荷物と言うのですが、
大きさは縦・横・高さの合計が、158cm以内と決められています。
そうなんだぁ~と思いながらスーツケースのサイズを見てみると、
一番大きいサイズのものでも、ちゃんと158cmに収まっていました。

それと、アメリカやハワイへ旅行する場合は、テロ対策のために、
受託手荷物の抜き打ち開錠検査を行っているのですが、
もし、鍵がかかっていたら乱暴にも鍵を壊して検査するのだそうです。
そんなことにならないためには、スーツケースに鍵をかけないか、
TSAロックが付いたものを買う必要があるそうです。

TSAとはアメリカ運輸保安局のことで、その認可をうけた鍵のことを、
TSAロックと呼びます。もし、受託手荷物の検査が必要な場合には、
TSAが合鍵みたいなもので、開錠して検査後は施錠しますから、
壊されなくて済むということなんですって。なんか怖いねぇ。
1号はアメリカに行く訳じゃ無いけれど、TSAロック付にしましょう。

旅行グッズと言えば、他にも機内で快適に寝るための首枕や耳栓や
アイマスクなども必要ですね。それに、NZは230/240ボルトの
50ヘルツですから、変圧器と変換プラグもいるなぁ~。
色々と買わなくてはならないものですね。

変圧器はモバイルパソコンを持っていくから必要なんですよ。
パソコンで毎日の出来事を記録しながら、面白い物をブログにして、
皆さんに見てもらおうと思っています。
でも、困ったことに宿泊する家にはインターネット回線が無いのです。
ですから、街のインターネットカフェを探して、パソコンをつなぐか、
メモリーに写真や文章を入れて、そこでブログを作成するかですね。
ちゃんとブログが更新できるのか少し心配です。
 

2007年4月12日 (木)

1号は純情男だった

今日、FUNくんから涙が出るほど懐かしいテープが届きました。
それも4本も。全部で5時間分です。一気に聞きました。


         *FUNくんが送ってくれたテープと僕の純情詩集

タイトルまで付けてくれていました。(内容は1号が説明)
18の夏の夜は更けて・・・(学友たちと夜遅くまで歌って騒いでいる)
19の秋に風・・・(FUNくんの19才の誕生日に贈った自作曲と詩)
21の秋に風・・・(FUNくんの詩に1号が曲をつけたもの)
タイトルなし・・・(1号とH志くんとFUNくんの歌合戦)

FUNくんありがとう。嬉しくて懐かしくて一気に全部聞きました。
特にFUNくんの19才の誕生日に贈ったテープには、
自分が作ったにもかかわらず、忘れてしまっている曲がありました。
慌てて、本箱や昔のものを整理しているダンボール箱の中を探して、
古いマイソングブックやMY詩集を引っ張り出して確認しました。

それに、自分としてはラジオのDJのつもりなんでしょうが、
誰かさんにフラレタとかFUNくんを兄のように思っているとか、
懺悔調の告白が録音されており赤面です。しかもBGM付でした。

いやぁ~、参りました。

さらに、自分の詩の朗読まで入っており、すごい純情男っぷりです。
今の1号が失っている純潔というかピュアな心というか、
まざまざと思い出させてもらいました。
それでは、その純情詩集の最初のページの文章を載せます。
見て、笑って、でも、純情な心を思い出してください。

-この詩集によせて-

この詩集は私の心の贈り物です
まず最初の項を開いてください
私はすぐあなたの瞳の前にいます・・・そして
あなたによって歌われた時 私の心は息づくのです
“女の子みたい”って笑われるかもしれません
でも男の子は編み物も料理もできません
ただ あなたを想う心を そっと書きとどめるだけ
深い霧の中をさまよう心を そっと書きとどめるだけ
それが詩になろうと 何になろうと 私の心なのです
私の心を受け取ってください
私の心を歌ってください
そして あなたの心と重ね合わせてください
 

2007年4月11日 (水)

鳥さん、いらっしゃい~

ブログ仲間のFUNくんに、伸太郎1号は鳥博士?と言われたので、
今朝、調子に乗って鳥のエサ台をベランダに設置してきました。


               *最初のお客さんは誰かな?

とりあえず、エサのお米を載せて、家を出てきました。
果たして、鳥さんはお米を見つけて、食べてくれたでしょうかねぇ。

しかし、家に居るとしても、鳥が来たかどうかわからんなぁ~、
いつもじっと見ていることもできないし、どうすれば良いかなぁ~

そうだ!部屋の中にビデオカメラを設置しておけば・・・
でも、それを確認するのは時間がかかるし・・・・

まぁ、1号の住まいは、それは、それは、とても田舎ですから、
警戒心のある鳥なんていないだろうし、腹も減らしているだろうし、
すぐに、行列のできるお店になっているでしょう。

運良く写真を撮ることができたら、また、ご紹介しますね。
(今日は他所でブログ作成のため、ショートストーリーでした。)
 

2007年4月10日 (火)

カワウと人間

1号のウォーキングコースに旭川を望める場所があります。
対岸を見た景色ですが、何かおかしな点に気付きませんか?


    *多分ここに親とヒナで百羽以上はいると思います。

そうです、木々が一面真っ白になっているのがわかりますね。
これはカワウ(川鵜)が巣を作り、フンを落としているのです。
もしかしたら、枯れているのもあるかもしれません。

このカワウのフンはチッソやリン酸などをたくさん含むので、
化学肥料の無い昔は良質の肥料として高値で売買していました。
愛知県知多半島にある鵜の山では、カワウのフンの売り上げで、
小学校を建設したというウ?そのような本当の話があります。

このカワウも人間による河川の汚染やエサの魚の減少により、
一時は激減してしまいましたが、現在では自然環境の改善や、
生息場所の移動などにより、かなり復活しています。
しかし、増え過ぎることにより、今まで居なかった河川で、
大量に小魚を捕食したり、フンのリン酸により木が枯れるなど、
各地の漁業・林業に対して大きな損害を与えています。
昔の益鳥が今や害鳥となってしまいました。

環境省では今年3月から鳥獣保護法に基づく狩猟対象に指定し、
ハンターによる減少を期待しているそうです。

でも、これも元をただせば人間の生んだ公害が原因だと思います。
カワウは水中に潜ってエサをとった後、濡れた羽を乾かすために、
のんびりと岩の上で翼を広げていることがよくあります。
人間に殺されるとも知らずに・・・

自然の鳥たちの生命を管理しようとする人間の自分本位な行動は、
いつかしっぺ返しがくるような気がします。
 

2007年4月 9日 (月)

愛車復活!!

3年間も倉庫にほったらかしにしていたマイバイクを整備しました。
これからの季節はバイクに乗るのが気持ち良いですね。


             *まだ1万kmも走っていません。

伸太郎1号はマイカーを持っていません。愛車はバイクです。
平成10年7月に購入した、スズキアドレス110CCです。
以前は通勤にも乗っていたのですが、最近は全く乗っていません。
先日、掃除をしてエンジンをかけてみても全然かかりませんので、
自動車整備工場でバッテリーを交換して、整備をしてもらいました。

1号の若い頃は、男の最初の買物は車と決まっていました。
と言うことで、最初のマイカーは日産サニーエクセレントでした。(懐)

実はこの車の前に親の車(これもサニー)を借りて乗っていて、
カーブで田んぼに落ちて横転して、廃車にしたことがありました。
記憶を失ったようで、どのように横転したかは覚えていませんが、
ひっくり返った状態で、窓から這い出て脱出しました。(恐)

結婚前の1号夫人とサニーエクセレントで、よく遊びに行きました。
古い時代なのでクーラー(エアコンではありません)さえ付いてなくて、
三角窓を開いて窓全開で汗をかきながら走っていました。(笑)

その次に乗ったのがサンルーフ付きのトヨタセリカダブルエックスです。
先輩から安く譲ってもらい、嬉しくて毎日のように洗車していました。
次の車はなぜか極端に小さな車のスズキ軽四のフロンテクーペになり、
次は子供ができたので、トヨタ1BOXカーのタウンエースにしました。
後ろのシートが対座仕様になったり、フルフラットになったりして、
ちょっとした応接間とか寝室になる感じで、家族で遊びに行ったり、
荷物を運んだりするのに、この車はとても重宝しました。
そして最後のマイカーはホンダシビックでした。

最後のシビックはほとんど1号夫人が乗っていましたので、
結局1号の車無い歴は、もう15年くらいになりますね。
その後、1号夫人の初めてのマイカーとして、ダイハツ軽四のムーブ、
現在のマックスと続いています。なんか一貫性のない車歴ですね。

1号夫人は免許をとってから一度も事故をしたことがありません。
彼女の慎重な性格によるところが大きいと思いますが、
若い時に夫人が免許をとるのを1号が反対したために、
30才半ばになってから、免許をとったことも幸いしていると思います。
なぜ反対したかというと、子供が急病になった時に母親が運転すると
気持ちが動転して、事故を起こす可能性が高いと思ったからです。
僕が居ない時は、救急車で病院に行けば良いと説得していました。

しかし、組合の転勤で広島の都会から岡山の田舎に帰ってくる時に、
田舎の生活には車が必需品だからとようやく免許をとりました。
そのおかげで1号の通勤駅までの送り迎えをしてもらったり、
時には飲んで帰る時に迎えをお願いしたりなど本当に助かっています。
1号夫人も友人と映画や買物へと行動半径が大きく広がり、
「もっと早く免許とっておけば良かったわ」と悔しがっています。

いつも運転ありがとう。くれぐれも安全運転を心がけてください。
 

2007年4月 8日 (日)

誕生日会にて

昨夜は友人の誕生日会ということで、さんさんで飲みました。
1号は4月になって初めて飲みに出ました。健全な生活じゃぁ~


      *ローソクは長いの5本と短いの1本です。さて、何歳でしょう?

高校時代の同級生たちです。年に数回集まって飲みます。
前回は皆に1号の退職祝いをしてもらいました。
同い年ですから、考えることや家庭の環境も似たり寄ったりなので、
すぐに話が盛り上がります。高校時代の懐かしい恋愛話も飛び出し
あっと言う間に時間が過ぎてしまいます。

『人生わずか五十年』という言葉があります。
人の一生は短いものだから精一杯生きなさいという意味でしょう。
現在、日本人の平均寿命は男性79歳で女性86歳ですが、
昭和22年のデータでは男性50歳、女性54歳でした。
確かに『人生わずか五十年』です。

伸太郎1号はこの50年間どう生きてきたのでしょう。
そして、これからの人生をどのように生きてゆくのでしょう。

それは、自分だけが知っているものではありません。
自分だけが頑張れば生きてゆけるものではありません。
自分は知らずに妻や家族や友が知っているものも多くあります。
妻や家族や友に助けられて生きてゆけるものだと思います。

1号は退職の挨拶状に、「人はひとりでは生きていけません。
できる限り 優しく 楽しく 感謝してふれあいたい」と書きました。
友人の51回目の誕生日にあたり改めてそう思いました。
 

2007年4月 7日 (土)

スズメはスズメ

春になると色々な鳥たちが、家のまわりに現れますが、
今日は一番身近なスズメくんを紹介しましょう。


   *毎朝窓の近くにきます。近くに巣があるのでしょう。

春を告げる鳥と言えば、春告鳥、そうウグイスが有名です。
おなじみのホーホケキョ、ケキョ、ケキョと鳴く鳥です。
そして、田んぼの上にはピーチク、パーチクと賑やかに
鳴くヒバリもよく耳にしますね。(田舎だけ?)
目立つ鳥たちですが、どちらもスズメの仲間です。
スズメはどこにも居ながら、全く気にならない存在ですよね。
ハトやカラスのように器用に歩くことができないので、
ピョンピョンと跳ねる(ホッピング)姿がとても可愛いです。

春は繁殖のシーズンなのでスズメも色々な所に巣を作ります。
電柱の上の方にある腕木と呼ばれる四角いパイプの中や、
電気が流れている電線のそばにもよく巣を作ります。
あの電線には6,600Vもの強い電気が流れているのです。
鯉のぼりの支柱を建てたり、正月に凧揚げをする時には、
十分に距離をおいて、決して触れないようにしてください。

その電柱の上にあるスズメの巣の中にある卵やヒナを狙って、
ヘビが電柱に昇り、電線に触れて感電して黒こげになったり、
停電事故になったりするので電力会社はとても困っています。
ヘビはあんな所に巣があることがよくわかるもんですねぇ。

基本的に野鳥は鳥獣保護法により、捕獲が禁止されています。
しかし、可愛そうですが、スズメは農作物の保護のために、
農家などで限定して捕獲しても良い鳥になっています。
そんなスズメが、焼き鳥屋のメニューにあるのだと思います。
1号は焼かれたものを一度見たことはありますが、
姿焼きみたいな感じで、とても食べる気になれませんでした。

スズメは米や穀類を食べるので害鳥と思われがちですが、
実はお隣の中国でこんな実例がありました。
1950年頃の話ですが、大躍進政策で毛沢東の命令により、
稲作保護のために大量のスズメを捕獲したそうです。
そのおかげで豊作になったかというと、逆にそうではなく
イナゴなどの害虫が大発生して凶作になってしまったのです。

スズメは子育てのために、たくさんのエサを運びますが、
ヒナに与えるエサの約40%は昆虫だと言われています。
ツバメ同様、スズメも害虫を駆除してくれているのですね。
 

2007年4月 6日 (金)

お花見第二弾

今日は絶好のお花見日和です。
ポカポカ陽気とビールで伸太郎は真っ赤っ赤になりました。


          *日本は平和な国やなぁと思えるヒトコマ

伸太郎2号の家族(夫婦と中学3年生の次女)と1号夫人の5人で、
岡山旭川の河川敷桜カーニバル会場でお花見をしました。
でぇれぇ大勢の人でにぎわっていましたよ。

今夜と明日の夜が最高潮だと思いますが、場所の確保のために、
若い背広族がブルーシートを敷いて寝転んでいる姿がチラホラ。
懐かしいなぁ、30年前には僕も場所取りしたよなぁと思う反面、
仕事中にこんなことをしていていいのか?とも思ったのでした。

会場の中央はもう一杯でしたので、少し手前に場所を確保し、
県庁のお昼を知らせるサイレンを聞きながら、焼肉開始です。
今日は少し贅沢にエビスとプレミアムビールを買ってきました。
もちろんNZワインも準備していますよ。!(^^)!

桜はほぼ満開の状況です。気持ちいいなぁ~、満足、満足です。

今日は20℃をかるく越えていると思える陽気でした。
1号は半そでのシャツを着て、とてもご満悦だったのですが、
顔と腕が真っ赤に日焼けしてしまい、夜にはヒリヒリで困りました。
皆さん日中は日焼け防止対策をして行きましょう。
 

2007年4月 5日 (木)

愛しいツバメ

早くもツバメが訪れる季節になりました。
つがいのツバメが、近くのJR駅舎の巣の補修を始めました。


      *ツバメはひと夏に2回子育てをします。

ツバメは幸せを運んできてくれる鳥と信じられているため、
家に巣を作られても、よほどの人じゃないと怒りませんよね。
でも、フンを落としますから玄関の人が通るところは困ります。

ツバメが何故好きこのんで人家に巣を作るかというと、
人間様はツバメを獲らないことや、天敵のカラスやヘビが
人間様の家には近づかないことを知っていて安全だからです。
また、家の明かりのおかげでエサの虫が多いことも理由です。
よく知っているもんですね。

しかし、わが家の場合は、車庫の中に巣を作るのですが、
せっかく作ってもヘビや猫にヒナが襲われることが多く、
ここ2~3年は寄り付いてくれません。
だから幸せがこないのよねぇ。(>_<)

ヒナが口を精一杯開けて、エサをせがむ仕草は可愛いですね。
そんな仕草から、年増のおばさんが若い男を可愛がることを、
「私の可愛いツバメちゃん」なんて呼ぶようになりましたが、
ツバメにとっては迷惑な話です。

と言っても、あの小さな身体ではるか遠くの東南アジアから、
わが家をめざして来てくれたと思うと愛しくなりますよね。
今年こそはヘビや猫に襲われないように守ってやらねば・・・
  

2007年4月 4日 (水)

カバヤ工場見学

自宅の近所にあるカバヤ岡山工場に行きました。
7日まで中庭で桜の花見ができ、お菓子のプレゼントもあります。


   *風が強くて少し寒かったのですが、ご覧の通りの大賑わいでした。

受付で名前と人数と車のナンバーを書くとビニール袋がもらえます。
もちろん、伸太郎1号は愛車のママチャリで行きましたよ。
袋には工場見学記念のジューCとカンバッチとえんぴつキャップが。

えっ、これだけ?  ・・・・ではありませんよ。

「どうぞ、お一人様5個までお取りくださ~い。」と声がすると、
ダダダダァーと一斉にお母さんと子供が集まって写真の通りです。
なんか、小さな子供がつぶされそうでかわいそうでした。
1号は少し出遅れましたが、なんとか5個いただきました。
子供向けのお菓子ばかりでしたが、ミルクポッキーもありました。

FUNくんのブログで紹介していた宣伝用車「カバ号」も展示してあり、
子供たちと記念写真を撮っている家族がたくさんいました。

それから、工場内の見学をしました。
入口の階段下に子供の日をイメージした飾り付けがしてありました。
鯉のぼりに小さな鎧兜の子供が小さなバイクにまたがっていました。
それとカバのぬいぐるみが一杯。これってFUNくん作?

工場内はガラス張りで作業の工程がよく見えるようになっています。
壁側には懐かしいお菓子やらおまけの玩具が展示しています。
熱心にビデオを撮っているお父さんもいました。

1号は子供の時代は名古屋で育ったせいか、カバヤのお菓子は
あまり記憶にありません。創業は昭和21年と言うことですから、
当然1号は食べたはずなんですが・・・。カバヤは岡山限定?
ジューCは大人になってから食べたと思います。

風が強くて花をゆっくりと見えなかったのですが、構内には60本の桜と
桜と同じバラ科のアーモンドの木が10本、花を咲かせているそうです。
桜よりピンク色が濃く、とてもきれいなのでもう一度見に行きます。

いえ、決してお菓子をもらいたいからではなくて・・・(*^_^*)
 

2007年4月 3日 (火)

お花見第一弾

伸太郎1号が利用しているJRの車窓から、
いつも眺めている半田山植物園へ花見に行きました。


           *桜の花がこんなに見事に咲いていました。

全体的にはまだ6~7分咲きという感じでしたがとてもきれいでした。
岡山市半田山植物園は岡山市の中心部から北に位置しており、
JRでひと駅の法界院という駅から歩いて10分くらいの所にあります。
半田山の標高はわずか85mですが、岡山市街が一望できます。
11万㎡の園内に約3,200種類、15万本の植物が植えられ、
四季折々に花々が咲き来園者を楽しませています。

1号は30年以上も通学・通勤列車から植物園を眺めていますが、
中に入ったのは今日が初めてなのです。
お花見のシーズンになると、園内の桜が見事に咲き誇りますので、
いつか行ってみたいと思っていた半田山植物園でした。

しかし、1号にとっては花見イコール大宴会と決まっていますので、
職場から離れた植物園は、準備や2次会の事を考えるとボツでした。
今日は夫人とふたりですので、のんびりと花を見ることができました。
ちなみに入園料300円、駐車料300円でした。

代表的な桜のソメイヨシノは野生のエドヒガシとオオシマザクラから、
それぞれの良い特徴を引き出して作られた雑種です。
エドヒガシからは葉より花が咲くという特徴、オオシマザクラからは
大きくて派手な花弁という特徴を受け継いでいます。

ところで、テレビ番組「所さんの目がテン」で教えてもらいましたが、
このソメイヨシノの寿命はたった60年なんですって。
そして、戦後植えたものが多いので、そろそろ全部枯れるそうです。

その理由は、ソメイヨシノは「接ぎ木」という方法で栽培します。
別の木にソメイヨシノの苗木をつないで育てるのです。
そうすると、別の木の根の上に、さらにソメイヨシノの根がうまれ、
根が2段になって育つのですが、そのうちに別の木の根が腐り、
そこから病原菌がソメイヨシノに入り、中心から腐ってくるのです。
そして、60年で木の中が空洞になり倒れてしまうのだそうです。

桜の種類はたくさんありますが、花見と言えばソメイヨシノですよね。
散り際の潔さも日本人の心をがっちりとつかむものがあります。
このソメイヨシノの花見ができなくなっては困りますので、
今、全国で新しいソメイヨシノに植え替えているそうです。
皆さんのまわりはどうですか?
 

2007年4月 2日 (月)

マトゥア①

次のNZワイン紹介をします。
マトゥア ホークスベイ ソーヴィニヨン・ブラン 2006です。


         *すっきりとした飲み口です。1,680円で買いました。

マトゥアはニュージーランドの先住民マオリ族の言葉で、
「主軸」、「第1位の」、「家長」という意味です。
NZではじめてソーヴィニヨン・ブランを作ったワイナリーらしい名です。

さぁ飲んでみましょう。
輸入元のメルシャンによると、「すぐりのアロマやグレープフルーツの
優しい香り、コクがあり、フレッシュで繊細なシトラスのような味わいが
長く続きます。」との説明がありました。
う~ん、確かにフルーティな香りがすごくします。
でも、コクがあると言うよりはさらりと飲める感じですね。やや辛口です。

NZのワインの産地は、前回紹介したセレシンのあるマールボロや、
今回のマトゥアのあるホークスベイなど、全国で16ケ所あります。
そして、驚くことにワイナリーの数はなんと500軒もあるそうです。
そのほとんどが、ブティックワイナリーと呼ばれる家族で経営している
小規模なワイナリーです。ですから、いつでも予約なしに訪れても
気軽にティスティング(試飲)ができるようです。(^_^)v

伸太郎が6月に訪れるネルソンもワイン産地のひとつです。
ワイナリーもたくさんあるようなので、どれだけ行けるか楽しみです。
 

2007年4月 1日 (日)

骨付きラム肉

今夜もラム肉料理に挑戦です。
骨付きラム肉のハーブソテー&ラム肉のにんにく炒めです。


             *こりゃあ、ワインが飲めるでぇ~

おまちどうさま、やっとニュージーランド産ラム肉の登場です。
骨付きの方はラムフレンチラックと表示され、3本181gで720円、
ラム肩ロースは焼肉用で200g480円でした。
赤磐市のスーパーマルナカで買いましたが、やっぱり割高だなぁ。
日本の食卓には並ばないから仕方がありませんね。

それでは、作りましょう。
〇ラム肉のハーブソテー
 ・じゃがいもの皮をむいてゆでて半分に切る
 ・ラム肉にハーブと塩をまぶし両面をこんがり焼く
 ・フライパンにフタをして、中まで火を通す
 ・塩・こしょうをして、お皿に盛り付けてハーブをふる

〇ラム肉のにんにく炒め
 ・ラム肉はにんにくと塩・しょうゆで下味をつけておく
 ・フライパンにラム肉を入れ市販のガーリックソースで焼く
 ・ゆでたブロッコリーとエリンギを入れてさらに炒める

ついでにバジルソーススパゲティーも作りました。
なんか、いいねぇ~、テーブルの上はニュージーランドでしょ。

今夜は羊の味もにおいもよくわかりました。
骨付き肉は軟らかくとてもグー、肩肉の方は少し硬いところがあり、
1号夫人と両親からはイマイチの評価でした。
100g240円だから、前回のオーストラリア産よりかなり安いし、
焼肉用だから、やっばり火で焼いた方がおいしいのかもしれません。
こんどは、炭火で焼いて食べてみたいと思います。
 

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »