« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月29日 (火)

出生届

今日は愛結ちゃんの出生届を娘と役所へ出しに行きました。
本当は父親と行くべきですが、仕事が休めないとのことなので・・・


          *今日も愛結ちゃんはごきげんで~す。

出生届は赤ちゃんが生まれた日から14日以内に提出します。
提出先は住んでいる所か生まれた所の市町村だそうです。
近所に岡山市役所の支所がありますので、そこに提出してきました。
市町村合併になって初めて役に立ったなぁと思いました。

最近はこんな育児支援制度があります。

 ・出産育児一時金
  出産費用の一部補助として、健康保険に加入して保険料を
  支払っている人は、子供一人につき35万円が支給されます。
  双子の場合はもちろん70万円支給されます。

 ・乳幼児医療費助成制度
  岡山市に住んでいる小学校就業前(6才になった年度末まで)
  の乳幼児は医療費の自己負担分を助成してくれます。
  つまり、7割は健保で3割は助成なので無料ということです。

 ・児童手当
  小学校終了前(12才になった年度末まで)の児童に5千円、
  ただし3才未満の児童は1万円が毎月支給されます。

少子化対策としての制度です。僕の子供にはこんなにあったかなぁ
とても、ありがたいことです。若い夫婦は給料が安いですからね。

役所からの帰りに娘の要望で中国銀行に寄りました。
何かなぁと見ていると、児童手当の受取用の通帳を作っていました。
児童手当は請求者名義、つまり父親の通帳に振り込まれますので、
日常使っている通帳とは別通帳を作って、児童手当は愛結のため
全部積立預金にするそうです。

娘よ、えらいぞ!

娘も親になったなぁと感心しました。(借りたりしないように・・・)
 

2007年5月28日 (月)

愛結ちゃんが家に

産まれてから5日目の愛結ちゃんがわが家に帰ってきましたよ。
伸太郎1号の帰り道の運転は初心者マークのように慎重でした。


     *「ここはどこ?」みたいにキョロキョロ。(まだ見えていないけど・・)

今日から1ヶ月くらい家で過ごす予定です。
お母さんの体調管理のための帰宅ですが、おじいさんはドタバタ。
ビデオカメラのセッテングやら写真撮影やら忙しいことです。
病院でお風呂は済ませたようで今夜の入浴はありません。残念・・・

しかし、僕のことよりも、婿殿のことも気にしてやらねば・・・と思い、
毎晩仕事帰りに家に食事に来て、娘の顔を見れるようにしました。

ついでにと思って婿殿に、愛結が夜泣きしたときに「うるさいから外に
連れて行けなんて言うなよ」と言うと「絶対にそんなことは言いません」
と返事が返ってきます。まぁ、嫁の親父の前では当然ですね。
ぜひ、言ったことは守ってくださいよ。

おや、愛結ちゃんの泣き声が聞こえます。ちょっと失礼します・・・・
 

2007年5月27日 (日)

豊かな人生の会総会

今日は「豊かな人生の会第19回総会」に出席しました。
多くの先輩方にご心配やら激励をしていただきました。


       *先輩方はゆとりがあるのでしょうが、僕にはまだまだ・・・

岡山県下から100人を超える定年された先輩方が集まられました。
当然、僕は一番若く、ゆとりある人生なんて遠い先の話です。
それでも、多くの先輩方から「頑張れよ」とか「若くないとできんから」
と励ましの言葉をいただきました。

一度しかない人生ですから、悔いを残さないように夢に向かうことは
意義がありますが、無謀な計画はすごく悔いを残すとも言われます。
無謀なのか、良いチャンスなのかは結果でしか判断できません。
慎重かつ大胆に行動できればと考えます。


   *無理やり幸っちゃんと呼ばせて、「ハ~イ、偽物です」は笑いました。

今回は労働組合結成60周年にあたる記念総会ということもあり、
特別イベントとして小林幸子そっくりショーが催されました。
姿形は似てると言えば似てますが、歌唱力はさすがにそっくりさんで、
さらにトークが場数を踏んでいるようで面白かったです。

豊かな人生だったと思うには、経済的にも、精神的にも、人間的にも
成長した人間にならなければならないと思います。
多分僕は豊かな人生を目指しながら、ゆとりのない生活をしていくと
思いますが、ひとつだけ、このように生きたいと考えています。
それは「人に優しく、楽しく、感謝して生きる」ということです。

あれぇ~昼間っから飲むと、でぇれぇマジになりますね。
 

2007年5月26日 (土)

アカチャンホンポ

今日は中仙道にあるアカチャンホンポに行ってきました。
本当に日本は少子化なの?って疑うほど赤ちゃん連れで大盛況。


        *ありましたよ、昔より可愛くなったベビー枕

産まれたばかりの赤ちゃんを連れた、若いおとうさんおかあさんから
抱きしめて絶対離さないぞ!って感じのおじいさんおばあさんまで、
大勢のお客さんでごった返していました。

このお店は1階から4階まで全部赤ちゃんのものばっかりあります。
何か特別のセールをしているようには思えませんでしたが、
いつもこんなに多いのでしょうか。
25日・26日はポイントが3倍という張り紙がしてありましたが、
土日6倍のザグザグに慣れている1号には普通のことですし・・・。


        *こんな可愛いスイングベッド(ゆりかご?)が・・・

この階には、哺乳瓶から少しずつコップで飲めるようにするグッズや
スムースに前後に動くベッド&チェアーや着せてやりたい服など、
赤ちゃんのための可愛いのものが一杯ありました。

こんなに必要なの?

僕は離乳食のコーナーでびっくりしちゃいました。
大人でもこんなにバラエティな食事をしていないぞ!と思うほど、
何種類もの離乳食がありました。

ここに居たらいくらお金があっても足りなくなりますよ。
もう帰りましょうよ。愛結ちゃんのおばあさん。

エッ!まだ買うの?
 

2007年5月25日 (金)

新生児室

さきほど愛結ちゃんの顔を見に行ってきました
新生児室には8人の赤ちゃんが寝ていました。


    *愛結ちゃんは袖口をくわえながらおネンネしていました。

右手に看護師さんが居て、家族の者が見に行くとガラス窓まで
赤ちゃんを連れてきてくれます。
ご覧のように青いタオルが男の子でピンクのタオルが女の子です。
頭がへこまないように定期的に顔の向きを変えてくれています。
僕の子はドーナツ型の枕をしていたことを思い出しました。

この病院では14時~16時までと18時~20時まで面会できます。
これならお父さんも仕事帰りにわが子の顔を見ることができますね。

じっと見ていると、時折すこし目を開けたりあくびをしたりします。
可愛いです。よく眠るらしく普通は3時間ごと授乳するのですが、
愛結ちゃんの場合は5時間ごとで良いそうです。
娘もよく寝る子だったから楽だったわと1号夫人がつぶやきました。

早く家に帰りたいと言う娘に、ここでゆっくりすればいいが、と
言いながらも、心では早く帰ってほしいと思う“バカじじ”でした。
 

2007年5月24日 (木)

誕生日に

青春時代のマイソングをUPしています。どうぞ聴いてみてください。
「誕生日に」は、ご想像とおり誰かさんの誕生日のために作りました。


         *目が大きいでしょ!僕の遺伝子でなくてよかった・・

古いマイ歌本には「○○さんの誕生日に」と題名が付いていました。
でも、ご迷惑がかかるかもしれませんのでカットさせていただきます。
と言っても、古い話ですから、僕自身も記憶が定かではありませんし
彼女はきっと忘れていると思います。

よく、男性は付き合った女性をすべて覚えているが、女性はほとんど
覚えていないと言われますが、皆さんはどうですか?

僕は全部覚えていますよ。
えっ、お前は付き合った女性が少ないからだろうって、はいそうです。
僕は1号夫人と19才の時に巡り合ってそのまま結婚しましたもので
他の女性と恋愛するチャンスがなかったですからね。

娘の場合も中学生の時に好きだった彼氏と結婚して、こんな可愛い
赤ちゃんまで産まれたのだからきっと幸せなんでしょうね。

話を戻して、「誕生日に」は原曲は2音も音程が高かったのですが、
おじさん、いえ、おじいさん(泣・・・)には声が出ませんでした。
愛結の顔を思い浮かべながら歌ってみました。聴いてください。
 

続きを読む "誕生日に" »

2007年5月23日 (水)

「愛結」デビューです。

産まれました。ご心配をおかけしました。
見てやってください。2,580gの可愛い(じじバカ?)女の子です。


         *愛結(あむ)です。たった今、デビューしました。

娘は10時半に分娩室に入って、愛結は13時過ぎに産まれました。
彼氏が出産に立ち会うというので、一緒に分娩室に入りましたが、
娘の苦しそうな姿を見て、1号はすぐに外に出てしまいました。
しばらくして、1号夫人も出てきたので扉の前で待つことにしました。

外に聞こえる娘の声は、初めは泣き声と「痛いよぉ」という声でしたが、
しだいに「う~ん」という、いきむ声に変わっていきました。
普通はいきむ間隔がだんだんと短くなり、産まれるらしいのですが、
娘の場合はあまり規則正しくありませんでした。

しかし、2時間を過ぎたあたりから分娩室の中に動きがあり、
娘のいきみ声の後に、看護師さんの「もういきまんでええよ」の声、
そして待ちに待った小さな泣き声が聞こえてきました。

やったぁ産まれたぞ!

その泣き声も、少しずつ大きな声になりました。「ふぅ~良かった」

それから1時間ほどして、やっとお目にかかりました。
「偉いぞ、よく頑張った」と娘をねぎらい、何枚も写真を撮りました。
この世に生を授かったわが娘を、新米パパはおっかなびっくりで抱き、
1号夫人は懐かしそうに抱き、僕はそれを眺めるだけで満足でした。

元気に育ってくれればと願うだけです。
 

2007年5月22日 (火)

娘の子=孫

娘が今朝早く破水したため入院しました。
今日一日、今か、今かとヤキモキしていました。(今もです)

              *こんな頃もあったのになぁ~

出産予定日が18日の娘はGW明けから実家に帰っています。
なかなか、兆候(おしるしと言うらしい)がなかったのです。
1号夫人いわく「私も2人とも予定日より4日遅れだった」
とノンビリしています。さすがに経験者は余裕です。

赤ちゃんは満潮のときに産まれるとよく聞きますよね。
え~と、今日の満潮は夜中の3時半頃です。
特に満月や新月(大)のときに産まれるとも聞きます。
それじゃあ、来月になっちゃいますよぉ。

おっ、連絡がありました。10分間隔で陣痛があるそうです。

いよいよか?
 

2007年5月21日 (月)

クラウディ・ベイ①

NZワインを紹介をします。・・・と言うより飲みます(*^_^*)
クラウディ・ベイ ソーヴィニョンブラン2006です。


            *やっぱりNZは白ワインだよね。

クラウディ・ベイは、NZ南島の北端にある最大のワイン産地
マールボロのWairau Valleyにあるワイナリーです。
個性的なワインが産まれることで評判のWairau Valleyは、
海洋性気候に属していて、涼しい気候ではあるのですが、
NZ随一の日照時間を誇っています。

ワイナリーの名前の由来になっているクラウディ・ベイ(湾)は、
Wairau Valleyの東端にあります。
Wairau川の氾濫により、湾の水が濁った(cloudy)ことから
名づけられたそうです。

さぁ、飲んでみましょう。
色はかなり薄い黄緑色で、
桃のような甘く優しい香りがします。
口に含むと、しっかりとした酸味と果実の甘さが広がります。
とても、さわやかな感じがします。

ソーヴィニョンブランはフルーティーな甘い香りとキレのある
辛口白ワイン用の品種とされていますが、まさにその通りです。
これ、うまいなぁ。酒の悟空烏城本店で2,480円でした。

 

2007年5月20日 (日)

心の中に

青春時代のマイソングをUPしています。どうぞ聴いてみてください。
「心の中に」は、組合青年部時代のキャンプソングとして作りました。


      *家の近くの橋から眺めた旭川と山々の景色です。

労働組合の青年部行事と言えば、夏はキャンプで年末はダンパと
決まっていました。・・・はい、ほんの30年前の頃の話です。(笑)
キャンプはひと夏に何回もあり、まず事業所単位、そして各県単位、
さらに、中国地方として、最後は全国で・・・・と毎年行っていました。

キャンプシーズンになると事前準備が大変で1週間とか2週間とか、
平気で休暇をとっていましたね。(オイオイ・・)
周りの先輩方も「頑張れよ」とか「ケガするなよ」って、送り出してくれ
仕事のことなんて全く気にしなくても良かった時代でした。
いい時代でしたね。今だと先輩よりも世間に叱られますよね。

キャンプ場は現在のように整備されてなくて、テントサイトから広場、
最悪はトイレまで実行委員で作らなければなりませんでした。
ですから、当然のことながら風呂やシャワーなんてありません。
今の若者たちから見ると「ありえねぇ~」っていう世界です。
それでも、苦労が多ければ多いほど、キャンプを成し終えた感激は
すごく大きかったですね。しばらく放心状態が続いたぐらいでした。

最近のキヤンプ場は、電気も炊事場もお風呂も完備されています。
それでも、日頃味わえない野外での生活は楽しいでしょうし、
満天の星を眺めてのワインも美味しいでしょうね。
久しぶりにキャンプ場に出かけたくなりました。

この曲は、夜のメインイベントであるキャンプファイヤーをする前に
キャンパーに集まってもらうための合図の歌として作りました。
「人は必ず誰かに必要とされているんだから耳をふさがないで」
というメッセージを込めた歌です。聴いてください。
 

 
             

続きを読む "心の中に" »

2007年5月19日 (土)

NZからのパンフレット

NZの旅行会社からパンフレットが届きました。
飛行機が到着するオークランドと滞在するネルソンのものです。


         *ネルソンのパンフレットはとてもカラフルでしょ。

AUCKLAND A・ZはオークランドのAからZ、つまりすべてがわかる
って意味なんでしょうね。JAPANESE EDITION(日本版)て書いて
あるように、ほぼ?日本語で説明が書いてあります。(苦笑)

NZには国際空港はオークランドとクライストチャーチしかありません。
日本からの旅行客はこのどちらかに到着するのですが、
僕たちは6月3日にオークランド国際空港に着きます。
オークランドに2泊して17日までネルソンに滞在する予定です。

かつては首都だったオークランドは、さすがにNZ一の大都市で、
NZ全体の約1/3にあたる130万もの人が住んでいます。
現在首都は北島最南端のウェリントンに移転しています。

しかし、伸太郎が滞在するネルソンは人口8万7千人ですから、
岡山県内で言うと津山市と玉野市の間になります。
とても田舎らしいのですが、芸術と自然に溢れている町らしいので、
ゆっくりと滞在して隅から隅まで見てきたいと思っています。

ネルソンのパンフレットはやはり英語オンリーでした。(泣)
写真はキレイだけど、何を書いているのかわかりゃ~せんのぉ
まぁなんとかなるでしょ・・・
 

2007年5月18日 (金)

記念品をありがとう

皆さんありがとうございました。退職する際に皆さんからいただいた
・・・ことにしていた記念品(ノートパソコン)をやっと買いました。


       *現在のパソコンと比べるとメチャメチャ早いです。

富士通のノートパソコンFMV-BIBLO MG70WNです。
OSはもちろんVistaです。(まだよくわかっていませんが・・・)
今まで、ずっと富士通なので、新型ノートパソコンが発売されるのを
今日まで待っていたのです。ありがとうございました(*^_^*)

ノートパソコンをNZ訪問時に持って行き、デジカメ写真を撮りまくり、
皆さんにブログで見ていただきたいと考えています。楽しみです。

ノートパソコンの横にある小さな録音機も最近通販で買いました。
この録音機はMP3で録音できるので、そのままパソコンに入れて
インターネットで配信することができるのです。

皆さんは、すでに聴いていただいているかも知れませんが、
最近このブログに若かりし頃に作った青春Songを録音しています。
ヘタな歌を聴かされて気分が悪くなった方には申し訳ありませんが、
僕は純情だった青春時代を懐かしみ、幸せを感じて歌っています。
歌うことはストレス発散に、ギターを弾くことはボケ防止になるので、
おじさんの楽しみだと思ってお許しください。

皆さんからいただいたノートパソコンで、これからもブログに写真や
歌や自分の心のあるがままを書いて発信していきますので、
ときどきは覗いてやってくださいね。
 

2007年5月17日 (木)

あなたの白い指

青春時代のマイソングをUPしています。どうぞ聴いてみてください。
「あなたの白い指」は僕には珍しく悲しい内容の詩になっています。


        *息子からの母の日プレゼントをイメージに拝借

中学のときは恋というものに対しての漠然とした憧れのようなもの、
高校のときは恋人ではなくても、女性に対する想いみたいなものを
詩に書いていたように記憶しています。
今の僕にはとても書くことはできませんね。若いって素晴らしいです。

この「あなたの白い指」は、彼女にフラれたときに書いた詩です。
彼女のことを忘れようと思うあまりに、彼女が亡くなったことに・・・、
なんて、考えたのでしょう。

ですから、歌詞の中に出てくる赤い花も、白い病室も、ましてや
指の細い女性なんて全くのフィクションです。
ライブ的には、誰かモデルが居た方がイメージが作りやすく、
聴く人も感情移入も出来やすいのでしょうが、フィクションです。

若い頃は、もっと声が高くて、優しい声だったのですが、
おじさんにはかなり無理がある歌ですが聴いてやってください。
 


        

 

続きを読む "あなたの白い指" »

2007年5月16日 (水)

発見!八百屋お七の墓・・そして謎

地元に歌舞伎や浄瑠璃で有名な「八百屋お七」の墓があります。
行ってみました。確かにありました。でも不思議なことが・・


       *こんな田舎に八百屋お七のお墓があるとは・・・

簡素な小屋の中にお七と吉三郎のお墓がひっそりとありました。
線香をたいて手をあわせてふたりの成仏を祈りました。

えっ、こ、これは・・?

まず、岡山市御津観光ガイドブックには・・(抜粋)
 火災があり、お七の一家は小石川の円乗寺に身を寄せた。
 お七は円乗寺に出入りしていた、旗本の次男山田佐兵衛と
 恋仲になった。
 佐兵衛の艶書の使いをして礼金を貰っていた吉三郎は、
 放火をすれば佐兵衛に逢えるとお七に教え、
 お七は逢いたい一心で放火し火は一帯に広がり大火となった。
 お七は市中を引き回され火あぶりの刑に処せられた。
 吉三郎はお七の処刑後、前非を悔い、名を志誠と改め、
 お七の分骨を持って諸国を行脚、この地で没した。
 村人たちはお七の遺骨とともに手厚く葬った。 とあります。


しかし、現地に設置された案内板には・・(抜粋)
 お七は火事で家が焼け、正仙寺に避難したところ、
 寺小姓の生田庄之助と恋仲になりました。
 吉三郎が、お七に火事になれば庄之助に会えるとそそのかし、
 お七は翌年放火しましたが、すぐに消され、死刑になりました。
 吉三郎は反省し、お七の遺骨を持って供養の旅に出て、
 ここで亡くなりました。
 村人がここに二人の墓を建てました。 とあります。

さらに、お墓のある小屋の中の説明板には・・(抜粋)
 火刑されたお七の霊を弔うため、お七の両親は江戸に来ていた
 美作の誕生寺の通挙上人に、位牌と振袖を託し供養を依頼した。
 お七供養のため全国行脚中の恋人吉三郎は誕生寺を訪れた後、
 この地で波瀾に富んだ生涯を閉じた。
 村人たちは二人の霊を祭るためにお墓を建てた。 とあります。

う~ん、これはどういうこと?

お七と恋仲になったのは、旗本の次男山田佐兵衛なのか、
寺小姓の生田庄之助なのか、はたまた恋人吉三郎なのか? 
火事は大火だったのか、小火だったのか? 
ここにお七の遺骨はあるのか、振袖なのか?
身を寄せたお寺は円乗寺なのか、正仙寺なのか?

・・・謎です。

このお七の実話を基に、歌舞伎や浄瑠璃の「八百屋お七」物語は
色々と脚色されたのでしょうが、本当はどうなのでしょう。
ただひとつ言えるのは、
いつの世も一途な恋に女性は燃えるということでしょう。(合掌)
 

2007年5月15日 (火)

桃太郎スタジアム(公園)

岡山は2005年に「晴れの国おかやま国体」が開催されました。
秋季大会のメイン会場となったのが、この「桃太郎スタジアム」です。


     *昭和37年にもこの公園で第17回国体が開催されました。

桃太郎スタジアムは、岡山県唯一の第1種公認陸上競技場として
公園内に設置されましたが、中国地方の優しい平野や瀬戸内海を
イメージして、優しく伸びやかな曲線で岡山らしさを表現しています。

この公園(岡山県総合グランド)は約35haの敷地内に陸上競技場
をはじめ、各種運動施設やピクニックや軽いスポーツの行える広場、
散歩やジョギングが気持ちよくできる園路などが整備されています。

公園内の主な施設の内容は・・・(収容人数)
〇桃太郎スタジアム:各種陸上競技やサッカー、ラクビー(2万人)
〇野球場:本塁センター間122m(1.3万人)
〇桃太郎アリーナ:バレーボール、卓球等屋内競技(5千人)
〇テニスコート:クレイ4面、人工芝10面、夜間利用可
〇弓道場:6人立ちの近的場
〇プール:50m、25mプールと幼児用プール
〇武道館:柔道、剣道等屋内競技(3千人)
そのほか、多目的広場が2箇所と池や芝生があり、県民の運動や
親子のふれあいの場所として利用されています。


          *弥生時代の様子を再現する計画です。

公園中央に津島遺跡を整備中で、縄文時代後期から中近世に至る
複合遺跡として国の史跡に指定されています。遺跡からの出土品は
桃太郎スタジアム内に展示しています。

この公園は、岡山駅から歩いて20分程で、まわりには、岡山大学や
スーパーや病院、学校もあり、生活環境の良い場所だと思います。
公園内で行われるスポーツ競技を見学したり、各種商業イベントに
参加したり、四季折々の木々の様子を楽しんだりできます。
この公園を自分の庭のように利用できる近所の人が羨ましいです。
 

2007年5月14日 (月)

金烏城

岡山と言えば、後楽園に白桃とマスカットですね。
その後楽園から岡山城が見えます。別名「金烏城」と呼びます。


            *どうです、威風堂々としているでしょう。

岡山市は備前岡山藩32万5千石の城下町です。
後楽園は日本3名園のひとつですので、観光客にも有名ですが、
後楽園を散策していると目に止まるのが岡山城です。
それでやっと後楽園はお殿様の庭だったんだと気付きます。

1997年に築城400年を迎えた岡山城はリニューアルされ、
きらびやかな金の鯱をかかげて築城当時を再現しています。
天守閣からは後楽園はもちろん、市内も一望できますので、
来岡の際には、ぜひご登城ください。

岡山城は1597年(慶長2年)、豊臣五大老の宇喜多秀家が
築城しました。三重六階の堂々たる天守閣は、織田信長の
安土城天主閣を模して築かれたと伝えられ、全国的にも珍しい
不等辺五角形の天守台をしています。

関ヶ原合戦以前の古式を伝える貴重な天守です。
また、当時は築城技術の発達が著しい時期で豊臣秀吉の大坂城、
毛利輝元の広島城と並んで近世城郭の魁となりました。

その建築は8年にわたる大事業で、旭川の流れを変えて本丸の
北面~東面を巡らせ、堀の役割を持たせました。
黒い下見板張りの外観から別名「烏城(うじょう」)と呼ばれ、
金の鯱を挙げていたと伝えられ、「金烏城」の名もあります。

天守閣は石垣からの高さが20.45メートル、2階建ての建物を
大中小3つ重ねた3層6階の構造をしています。
内部には、城主が生活をしていた「城主の間」があって、
天守閣としては全国的にも珍しい設備でした。

戦前、国宝であった天守閣は惜しくも昭和20年に空襲で消失し、
現在の天守閣は昭和41年に復元されたものです。
(説明板より)
 

2007年5月13日 (日)

あしながPウォーク10参加

「あしながPウォーク10」に参加してきました。
汗がにじむくらいの陽気の中を13,000ポ足跡歩きましたよ。


       *もっともっと支援の輪が広がることを祈っています。

今回で「あしながPウオーク10」も32回を数えます。
春と秋に開催しているから、16年前からやっているのかな?
あしながPウォークのPはPhilanthropy(フィランソロピー:人間愛)
10は10キロメートルを歩きながら遺児のことをみんなで想い、考え、
行動しようという願いの10  だそうです。

(前回の記事もご覧ください)
  アドレス:http://pub.ne.jp/shintaronz/?daily_id=20070502

伸太郎1号夫婦は集合時間の少し前に石山公園に到着しました。
親子連れがぞくぞくと集まっているので、今回はすごい人数だぞって
思っていたら、別のイベントの集まりでした。(ーー;)ガッカリ・・

それでも、10時の開会式になると、200名ぐらいの人がいました。
何社かの保険会社の社員と子供たちが数多く参加しているのと、
岡山南高校の女子学生が多く参加しているのが目立ちました。

岡山の実行委員長は就実の女子大生で、挨拶の中で参加のお礼と
父親が亡くなったことの心の傷について話していました。
今日は母の日と言うことで、遺児の女子大生が母親に感謝の手紙を
読み上げたり、実行委員から海外遺児の状況と「あしなが育英会」の
支援の内容についての説明があり、あしながPウォークの出発です。

「あしなが育英会」で毎年開催している海外の遺児たちとの交流会は、
今年が3カ年計画の最後の年で、8月に島根県で開催されるそうです。
今回のように実施している「あしながPウォーク10」に対して全国から
寄せられた寄付でこの遺児たちとの交流会を開催する予定です。
ぜひ、頑張って成功させて欲しいですね。

伸太郎1号夫婦は自分たちの両親が共に健在なことに感謝しながら、
また、遺児学生たちには夢をあきらめずに高校・大学生活を頑張って
欲しいなと願いながらコースを歩きました。(^_^)v
 

2007年5月12日 (土)

オランダ通りと魚島横町

岡山市表町の「オランダ通り」はご存知ですよね。
では問題です。なぜ「オランダ通り」って名付けられたでしょう?


         *表町商店街(アーケード)のすぐ東側です。

このシンフォニービルから南への通りを「オランダ通り」と呼びます。
電線類が地中化されているので青空が広く感じます。

答えは「オランダおいね」が住んでいたから「オランダ通り」なんです。
「オランダおいね」は、オランダの医師フォン・シーボルトの娘です。
1827年に長崎で生まれ、シーボルトの弟子の石井宗謙がこの地で
産科医を開業していたので、医術修行のために岡山に来ました。
そして、石井宗謙と結婚し、晩年は東京に出て宮内省に仕えました。
日本で最初の西洋医学の有名な産科女医の「オランダおいね」が
若き日に勉学に励んだ由緒ある地として名付けられました。

最近は若い人向きの新しいお店が増えています。
天気の良い日にアーケード街から出て歩くのも気持ちいいですよ。


       *岡山名物のさわら料理を味わえる店もありますよ。

そして、「オランダ通り」の南端はこの「魚島横町」に重なります。
昔この辺は瀬戸内海の魚市場があり大勢の人で賑わっていました。
そのため、岡山市の飲み屋の発祥の地でもあります。
今でも、そんな風情を残している店がありますよ。(古いって事?)

「魚島横町」とは、豊漁の時は海が魚で盛り上がって島のように見える
様子を魚島と呼ぶことから景気が良い意味で名付けられています。
1号と2号がおじゃまする「瑠璃長」と「PaPaおやじ」もここにあります。
懐かしい雰囲気が楽しめる場所です。皆さんもぜひお出かけください。
 

2007年5月11日 (金)

田土の赤岩

昨日は風がメチャ強くて荒れた天気でしたが、皆さん大丈夫でした?
朝ウォーキングの折り返し点にしている田土の赤岩を紹介します。


         *斜め下に擦れた綱の跡がわかりますか?

今日はメチャ快晴で朝ウォーキングがとても爽やかでしたよ。
伸太郎1号のウォーキングコースで、旭川が大きく曲がった所に、
地元の者でもあまり知られていない岩がデンっと座っています。
田土(地名)の赤岩と呼ばれています。

  かつて旭川には高瀬船がたくさん行き来していました。
  高瀬船が川を下る時は川の流れに乗って行くのですが、
  川をさかのぼる時は、竿師が竿で突いたり、
  小船頭が引綱を肩に掛けて、岸を歩いて引っ張りました。
  
  この赤岩にも引綱が掛けられ、長い年月の間に綱が擦れて
  出来た溝が岩の上にたくさん残っています。
  江戸時代には大切な輸送機関であった高瀬舟も、
  明治時代になって鉄道が開通したり、道路が整備されるにつれ
  だんだん少なくなり、昭和9年に台風で旭川の様子が
  変わってしまったために、ついになくなりました。
  
  赤岩の上の溝を見る時、高瀬舟やそれをあやつっていた
  船頭達の苦労がしのばれます。 (案内板より)

なんですって。
今でも、京都嵐山の保津川下りや木曽川の日本ライン下りは
観光名所として、当時の高瀬舟を体感することができますが、
旭川では木材や物資を運んでいた当時の面影はありません。
少し、残念ですね。

川を下る時は楽でしょうが、さかのぼる時は大変なんでしょうね。
保津川下りでは、トラックで船を上流のスタート地点まで運ぶって
船頭さんが言っていました。

バイクに乗ってこんな昔の面影を探しに行ってみようかな。
 

2007年5月10日 (木)

シレーニ①

NZワイン紹介をします。
シレーニ セラーセレクション リースリング 2005です。


              *さっぱりと美味しいワインです。

NZで2番目に大きいワイン産地のホークスベイは北島東部の
海岸部に位置し、NZで初めてワインの生産が行われた地です。
1851年に2人のフランス宣教師が儀式用の貴重なワインを
作るために、フランスの高級ワイン生産地域と似た気候である
ここにワイナリーを建造したのが始まりと言われています。

このホークスベイにある、シレーニエステートは1997年に
グラエム・アヴリー氏が設立し、NZはもちろん、世界各国の
コンクールで数々の賞を受賞しています。
アヴリー氏は「私のワインは食事とともに味わうものであり、
料理に合うものでなくてはならない」と言っています。

それでは飲んでみましょう。
う~ん、あまり甘くはない何種類かの果物の香りがします。
口に入れると、レモンの皮の部分のような酸味を感じます。
やや辛口です。さっぱりと軽いですがのどの奥に少し残ります。
そうですね、確かにどんな料理にでも合いそうです。
1号とすれば、やっぱりパスタ料理か寿司が良いと思います。
ユアーズ岡山駅店で1,680円でした。
 

2007年5月 9日 (水)

忘れないで

青春時代のマイソングをUPしています。どうぞ聴いてみてください。
「忘れないで」は若かりし頃、青年の船に乗船した思い出の曲です。


     *皆さんお元気ですか?1番若かった僕がもう50才ですよ。

青年の船については前にも少し書いていますのでぜひご覧ください。
   アドレス:http://pub.ne.jp/shintaronz/?daily_id=20061129

訪問国での日本文化紹介や交流活動や現地視察など船外活動も
ありましたが、研修会や運動会のほか自主活動としての芸術祭や
クラブ活動などの船内活動もたくさんありました。
その中で「青年の船の歌募集」というのがあり、僕は青い海や空を
船のデッキで眺めながら作った曲が「忘れないで」です。

写真の皆さんが同じ組の仲間たちです。男性20名女性11名です。
このような組が10組ありましたから、総勢300名の日本青年と、
数十名の外国青年が乗船していました。

遠く日本から離れて、日常と隔離された55日間もの船旅ですから、
恋愛感情が芽生えるのは当然だと思います。
そういえば、この船をお見合いの船と呼んでいた人がいましたね。
残念ながら1号は一番年下だったので、まったくの対象外でした。
「忘れないで」は青年の船で好きな人ができ、でも、日本に帰ったら
別れなければならない、という設定で作りました。

皆さんも白い船のデッキで、限りなく広がる海原と、どこまでも続く
水平線を眺めている自分の姿を想像しながら聴いてくださいね。
   

 

続きを読む "忘れないで" »

2007年5月 8日 (火)

スパイダーマンはもう限界

おなじみの夫婦50才割引でスパイダーマン3を観てきました。
このシリーズはどんどんアニメっぽくなっていきますねぇ。


           *1号的にはそろそろ限界かな?

スパイダーマン3は5月4日から米国で公開されていますが、
CNNニュースによりますと、6日までの北米興行収入は、
1億4800万ドルと歴代最高のオープニング記録を達成。
これまでの最高は、昨年7月公開の「パイレーツ・オブ・
カリビアン/デッドマンズ・チェスト」1億3560万ドル。
日本ほか一足早く公開している海外では2億2700万ドル
で、北米と合計すると3億7500万ドル(約450億円)。
公開後たった数日間の興収で、制作費2億5800万ドルを
1億1700万ドルも上回った。と報じていました。

う~ん、ケタ違いでよーわからん。

1号がよくわかったのは、大阪USJの「スパイダーマン・
 
ザ・ライド」の悪役が揃ったことです。

アトラクションの内容は、取材車両「スクープ号」に乗込み、
爆発の熱風や水しぶきを浴び、3Dアクションをくぐり抜け、
NYの街を舞台に悪者軍団とスパイダーマンのバトルを追う。
というものですが、悪者軍団がよくわからなかったのです。

1号が知っていた悪者はスパイダーマン1に登場した爆弾を
投げるグリーンゴブリンと2に登場したのマジックハンドを
背中に引っ付けたドクターオクトパスだけだったのですが、
今回の3に砂人間(USJでは何故か水人間)のサンドマン、
宇宙からの寄生虫に寄生されたヴェノムと悪者が揃いました。

今度USJに行ったら悪者の名前を大声で呼んでやろう。

日本では5月1日から公開していますが、日曜日までの6日間で、
な~んと257万8千人の皆さんがご覧になったそうです。
何回も観る人がいるのでしょうね。でも、凄すぎませんか?

アニメの実写版なのだからあたりまえのことなのですが、砂人間の
サンドマンや宇宙生物のヴェノムの登場でもう限界だと思いました。
1号はSFや近未来ものが好きなんですが、もしかしたら現実にも
起こり得るかも?って思えるのが好きなんです。

スパイダーマンはもう限界ですね。
 

2007年5月 7日 (月)

トンビ or トビ

今日は身近な鳥の西の横綱だと思うトンビを書きます。
トンビと言えば何を想像しますか?僕はもちろんアレですよ。


            *なかなか、格好いいでしょ。

トンビと言えば1番に思い出すのは「いなかっぺ大将」ですね。
テレビで「いなかっぺ大将」が始まると、まず、トンビがくるりと
輪を書くシーンが映り、天童よしみの♪ひとつ人より力持ち~♪
の大ちゃん数え歌が流れるのです。(懐かしいなぁ~)
ですから、トンビと言えば「いなかっぺ大将」を思い出します。

トンビは正式にはトビと呼びます。西日本はトンビみたいです。
またまた脱線しますが、トビと言えば鳶職を想像しますよね。
で、ネットで調べてみると

鳶職は建築現場で足場を造り、柱や梁を組み立てる仕事。
江戸時代の鳶職は、ひとたび火事になると火消しに変身!
屋根から屋根を飛ぶように渡った様子から「トビ」と。
また、「鳶口」というピッケルのような道具を使って、
消火活動をしていたから、という説もある。

ということらしいです。
僕はてっきり、高いところで茶色の服で仕事をしてるので
トビと呼んでいるのだと思っていました。

このトンビは鳥類の中では猛禽類のタカ科、平たく言うと
一番強い鳥類ということなのです。タカ科にはオオワシや
オジロワシ、オオタカやクマタカとメチャメチャK1的な
仲間がいます。爪は長く鋭利で、くちばしは鉤形に曲がり、
強靭な足で獲物を一撃で倒し、鋭いくちばしで引きちぎり、
目がすごく良く、高空から一気に獲物に襲いかかります。
そんな猛禽類で鳥類最強の鳥の仲間なのに、このトンビは
他の鳥を襲いません。雑食で死んだ小動物を食べています。

そのおかげで鳥類最強の鳥たちは捕食する生きた動物(餌)
が減少していく中で絶命の危機にありますが、トンビは
何でも食べるので、身近に増えている猛禽類なのです。

本来、野生のトンビは、とても警戒心が強く人間には絶対
近づかないのですが、僕は広島原爆ドームの慰霊碑広場で、
空を飛んでいるトンビに餌を投げて、上手にキャッチして
いる光景を見たことがあります。(餌付けかな?)
こんなところから関西人は親しくトンビと呼ぶのですね。

でも気を許して、トンビに油揚げをとられないように・・
 

2007年5月 6日 (日)

愛はふたりで

青春時代のマイソングをUPしています。どうぞ聴いてみてください。
「愛はふたりで」は友人の結婚式のために書きました。


         *NZクライストチャーチ市にある大聖堂です。

20才台の頃はよく友人の結婚式に招かれますよね。
伸太郎1号の時代は、皆さん結婚する年令が若かったと思います。
僕も22才で結婚しました。

この「愛はふたりで」は友人の結婚披露宴に出席されている皆さんと
一緒に合唱をするために作りました。
皆さんに歌詞カードを配って、歌唱指導をして、いきなり本番です。
ご親族の方々やご年配の方もおられ、なかなか覚えてもらえません。
結構時間がかかりますから、ほんと司会進行者泣かせですね。
でも、新郎新婦をお祝いする気持ちをひとつに合わせて歌うのは、
とても気持ちの良いものです。だって僕はレクリーダーですから。

お気に召しましたら、友人の結婚式で合唱してください。

 

続きを読む "愛はふたりで" »

2007年5月 5日 (土)

友達の詩

今回から新しく、青春の詩 My Song シリーズを作ります。
中学・高校そして20才代の青春時代に作った歌を聞いてください。


        *レクリーダーとしてノリまくっていた頃です。

「友達の詩」は僕自身大好きな歌です。レクキャンプばかりしていた
20才代前半の汗と涙とついでに鼻水も注ぎ込んだ歌です。
当時は地方・全国の大きなキャンプをこだま集会と呼んでいました。

僕はレクリエーションリーダーとしてキャンプ参加者の前に出て、
イベントの進行や場を盛り上げる行事担当でした。
一番華やかな担当でした。でも、大勢の参加者がキャンプ生活を
楽しみ、そして感動してもらうためには行事担当だけではダメです。

食事の世話をする生活担当、テント設営やレク会場を作る設営担当、
全員の体調管理をする総務担当、参加者の班に入り一緒に生活し
皆を盛り上げるカウンセラー、そして全てを統括する実行委員長。
この実行委員全員が、参加者に楽しんでもらおうという気持ちになり、
自分自身をさらけ出さなくては感動のあるキャンプにはなりません。

僕自身が感動した事もあります。キャンプは自然の中での生活です。
時に大雨になることもあります。そんな時にキャンパーのテントの中に
雨水が入らないように、一晩中水路を作っていた設営担当。
そんな彼らの姿から人と人が助け合うことの素晴らしさを学びました。
組合役員になる決断もそんな思いからでした。

それでは、熱い思い出の詰まった「友達の詩」を聞いてください。
歌詞とコードを載せておきますので、もし、皆さんも気に入りましたら
学校や子ども会のキャンプ等の別れの集いのときにご活用ください。

 

続きを読む "友達の詩" »

2007年5月 4日 (金)

ハートランド倉敷

ハートランド倉敷(5/2~4)の最終日に行ってきました。
すごく大勢の観光客でにぎわっていましたよ。


          *アイビーの中庭でのミニミニコンサートの様子

今日のお目当ては大内義昭さんのギター弾き語りコンサートです。
藤谷美和子とのデュエット「愛が生まれた日」で有名な人だけど、
小比類巻かほるや中森明菜にも曲を作っている人なんです。
このステージでは、ボサノヴァピアノの弾き語りや、創作和楽演奏、
ジャズオーケストラの演奏もありました。

しかし、1号はギターの弾き語りに興味があったのです。
観客が高齢の方(僕も?)が多かったので、ノリはイマイチでしたが、
久しぶりにプロのギターの弾き語りを聞くことができ満足しました。
なんと言っても、無料でしたから夫人も大満足でした。


    *倉敷小町3人娘です。一人顔が隠れてしまいました。残念!

ハートランド倉敷は今回で27回目だそうです。美観地区を中心に
楽しいイベントが盛り込まれ、GWの観光名所になっています。
夜にはライトアップされた白壁の町並みの中を流れる倉敷川を
かぐや姫を乗せた川舟が幽玄なムードたっぷりに進むショーや、
倉敷小町とともに吹奏楽団やダンスチームのパレードがあったり、
ステージではさまざまな音楽イベントが開催されたりしました。

大原美術館にも入りました。ここはきっちり1,000円とられました。
 

2007年5月 3日 (木)

せせらぎとさえずり

今日は初めて音をUPしてみます。
朝ウォーキングしている旭川のせせらぎと小鳥のさえずりです。


           *旭川のせせらぎ音に癒されます。

伸太郎1号は毎朝こんな気持ちの良い自然音を聴きながら、
癒されながら、ウォーキングをしています。(田舎で良かったぁ~)

皆さんにも聴いて欲しくて録音しました。
どうぞ、90秒の癒しのマイナスe-音(イオン)をお楽しみください。
  (聞こえますか?初めてなので自信はありません・・・)
 

2007年5月 2日 (水)

あしながPウォークへ

「あしながPウォーク10」ってご存知ですか?
なんらかの理由で親を亡くされた遺児たちを支援している団体の
あしなが育英会が開催しているボランティアウォークです。

【今年の内容】 
・5月13日(日)9時30分~
・岡山市石山公園へ集合
・参加費500円(大人)
 (コース)*約10km
  後楽園→就実大学
    →川辺のモモくん→県庁


「あしながPウォーク10」は、遺児の大学生たちが中心となって、
全国で開催しています。伸太郎1号夫婦も毎年参加しています。
昨年は全国で10,073人の皆さんが参加されたそうです。
あしなが育英会は多くの皆さんから寄付をいただき、遺児たちの
高校や大学進学の夢に対して奨学金を貸し出している団体です。

学生たちを中心に、広く街頭募金を行ったり、あしなが育英会の
PRをしていますが、なかなか皆さんに知ってもらえないようです。
そのために、毎年全国規模で大勢の皆さんとウォーキングして、
広く全国の皆さんに活動のPRをしようというものです。

5月のさわやかな風の中で、ご夫婦で、お子さん方と一緒に、
さわやかな汗とともに、さわやかな気持ちになりませんか?
伸太郎1号夫婦も運動靴で歩きます。ぜひ、ご参加ください。

今回の実行委員長さんの挨拶がHPにありましたので紹介します。

第32回あしながPウォーク10実行委員長
      山田優花さん (神戸市立外国語大学3年)
世界には今2億人の遺児がいると言われています。
日本で遺児として育った私は2006
年の1年間をアフリカの
ウガンダ共和国で過ごし、たくさんの遺児たちと出会いました。
食べ物もない、教育も受けられない、そこにいた遺児たちは、
周りに助けを請うことすら、声をあげることすらできませんでした。
だからこそ、私たち日本の遺児学生たちが、彼らに代わって、
日本で支援を受けてきた恩を世界へ返さなければならないと
確信しました。日本の皆さんにも、世界の一番底辺にいる
遺児たちのことを考え、世界2億人遺児と連帯、共生する
「やさしい社会」を目指す「あしながP
ウォーク10」に
ぜひ参加いただきたいと思っています。
 

2007年5月 1日 (火)

準備もまた楽しい

いよいよ、来月は最初のNZ訪問です。準備もまた楽しいですね。
今回、伸太郎1号が買い揃えたものを紹介します。


          *色々と揃えなくてはいけませんねぇ。

今回のNZ訪問は荷物は一人分ですし、2週間ほどの滞在ですので、
大きなスーツケースは必要ないと思いますが、今後のことも考えて
受託手荷物として預かってくれるギリギリの大きさのものにしました。
そして、今のところNZは必要ないけど、TSA LOCKにしました。

NZの230V~240Vの電圧を100Vに変えてくれる変圧器は、
容量が少し大きめの130Wまで使えるものにしました。
色々ありましたが決め手は日本製(有明電装)のものを選びました。

小物類で一番欲しかったのは、外貨換算用の電卓です。
ネットで探しまくった結果、カシオ製でとても良いものがありましたが、
残念なことにヤフーも楽天も品切れ商品でした。

そして次に見つけたのが、カレンダーと時計(目覚まし)付のものです。
コンパクトサイズでNZの時間も1ボタンで表示してくれるので、
いつも机の上に置いておくのにちょうどいいと思いました。

この電卓の値段は1,575円ですが、購入額が1万円以下の場合
送料が600円もかかります。でぇれぇ~もったいないと思ったので、
この店で小物を揃えることにしました。

飛行機の中で首が痛くならずに眠れる空気枕1,890円
洗面道具を収納し、現地では壁から吊るして使えるバック2,100円
パスポートなど貴重品を入れて腹に巻く貴重品袋1,995円
荷物を盗られないように、まとめてロックするワイヤー鍵1,890円
おなじみ衣類の圧縮袋1,050円
以上でしめて10,500円。これで送料無料です。
まんまと店の作戦にひっかかっている僕です。

少しずつ旅行グッズを準備している伸太郎1号でした。
 

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »