« 最後の沐浴 | トップページ | パイレーツ オブ カリビアン »

2007年7月 2日 (月)

紫陽花

青春時代のマイソングをUPしています。どうぞ聴いてみてください。
梅雨にぴったりの歌「紫陽花」は、ブログ仲間FUNくんの作詞です。



歌詞を作ってくれたFUNくんは高校時代からの友人です。
FUNくんはとても芸術家っぽいところがあり、演劇部に入っていて、
一度、彼の書いた台本で8㎜映画を撮りかけたことがあります。
8㎜映画ですよ。8㎜、いつの時代なんだって・・・感じですね。

僕たち歌好き仲間はよく誰かの家に集まって、ギターを弾きながら
夜遅くまでフォークソングを歌いまくっていました。
そして歌に飽きると、学校のことや、女子のことや、人生のことまで
みんなで延々と話をしていたものです。懐かしいなぁ~

高校を卒業してから、FUNくんは大阪へ進学し、僕は就職したので、
会えなくなりましたが、なんと、文通をしていたんです。(失笑)
そんな頃に彼が書いた歌詞に僕が曲をつけていました。
いつも元気で明るい彼が作った歌詞は、雨とか、涙とか、別れとか、
悲しい内容が多く、とても意外な一面を見た思いがしていました。
それでは、梅雨空のような悲しい歌を聴いてください。

 
 

          紫陽花


 Em B7

  
Em   B7      Em  Am    Em
  小さな 雨が降ります  私の肩を濡らして

  
B7  Em     Am    Em
  
あの人 好きな あなたの上にも

  B7   Em   Am   Em
  
残された 私の 涙が光ります

  
B7   Em      Am      B7
  
愛してた どうして どうして どうして

  
Am     Em   Am    (Em)B7
  
決して 離さないと 口づけ交わした

   
Am    Em      Am   B7
  
あなたに 心があるなら あの人返して



  
あまりに 淋しすぎる あなたの色具合

  
見つめても うつむいて 答えてくれないの

  
瞳を閉じる あの人の想い出よぎる

  
ひとしずく こぼれ落ちたものは何なの

  
震える 指先見つめて 指輪をはずすの

  
あなたに 心があるなら あの人返して

             (作詞FUNくん 作曲伸太郎)

« 最後の沐浴 | トップページ | パイレーツ オブ カリビアン »

青春の詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の沐浴 | トップページ | パイレーツ オブ カリビアン »