« ウサギは風台風かも | トップページ | 愛結と娘の変化 »

2007年8月 3日 (金)

地デジ普及の記事

今日の山陽新聞に地上デジタル放送について載っていました。
簡易チューナーを5,000円以下で販売しようという記事です。



ネットで調べてみると15,000円から高いものは5万円以上します。
これを2年以内に5,000円以下にしようというものです。

今、日本にテレビが1億台くらいあるそうです。一人一台ですね。
当然、家にありますが、待合所や病院、娯楽施設など様々な場所に
テレビがありますから、もっとあるのではないでしょうか。

2011年7月にアナログ放送がデジタル放送に変わってしまうので、
テレビで番組を見ようとすると、デジタルチューナー内臓のテレビを
買うか、アナログテレビでもデジタル放送が視聴できるチューナーを
買うかのどちらかになるのです。
確かに、出費を伴うことなので、せめてチューナーを安くしようとする
話なのですが、ちょっと疑問があります。

だいたいテレビって何のためにあるのでしょう。
国民の娯楽? 災害情報の連絡? 商品のPR? ひまつぶし??
テレビが普及し始めた頃ある評論家が「一億総白痴化」と言ったが、
まさしくその通りで、何も考えないでボーと見ていたらなりそうです。

国が国民の命を守るために災害情報の連絡用に必要とするならば
税金で各家庭に一台設置すべだと思いますが、その放送をしている
NHKの受信料を3割の人が支払っていない現状では無理ですね。
当のNHKは支払いを義務化する代わりに50円の値下げをするなど
チマチマしたことを検討しているようではダメですね、

う~ん、伸太郎はこう思うなぁ。
それは各家庭にデジタルテレビを1台設置することと、新しくNHKを
作り直して受信料を無料にしたら良いと思います。
民放各局の番組を見たい人は有料契約して見ればいいんです。
もちろん何台もテレビを買うのは皆さんの自由です。
民放各局は今まで通り広告収入と契約視聴者からの視聴料の中から
電波使用料を国に支払って、国は各家庭のテレビ設置や教育番組や
多少の娯楽番組と災害情報連絡用の費用に充てたらいいのです。

視聴料を払う皆さんは良い番組を求めますから、放送局も良い番組を
つくる努力をするでしょう。さらに、お金がかかることなので必要以上に
テレビを見ることはなくなり省エネになるでしょう。

・・・なんて、ひとり言でした・・・

« ウサギは風台風かも | トップページ | 愛結と娘の変化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ普及の記事:

« ウサギは風台風かも | トップページ | 愛結と娘の変化 »