« 日曜はあしながウォーク | トップページ | 京都の街は秋 »

2007年11月15日 (木)

ボジョレー解禁日です。

本日15日の木曜日はボジョレー・ヌーボーの解禁日です。
ただいまコンビニに予約してた白ワインのヌーボー(新酒)を
買ってきましたので、さっそく飲んでみます。




ボジョレー・ヌーボーについてネットで調べてみると、

「ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方
 南部に隣接する丘陵地帯ボジョレーで生産される赤ワインの
 その年の11月に出荷される新酒のことである。
 その年に採れたブドウから作り込むために、
 マセラシオン・ガルボニック法と呼ばれる急速にブドウを
 発酵させる技術が用いられる。醸造期間は数ヶ月と早い。
 その独特の製造方法のために、ごくわずかながら炭酸ガスを
 含有する。それゆえまた独特の清涼感をも感じさせてくれる
 ワインでもある。」(Wikipediaより)とあります。

ボジョレーと名乗れるワインは、ボジョレー地区のガメイ種と
いうブドウで作る赤ワインとシャルドネ種というブドウで作る
白ワインしかフランスの法律で認めていません。

さらに、ヌーボーは独特の手法を用いた新酒のことですが、
ボジョレーではこの手法で白ワインの新酒を作っていないので、
白ワインのボジョレー・ヌーボーは存在しないのです。

んが、しかーしである。白ワイン好きの伸太郎にとっては、
今年のワインのでき具合を楽しむために早く新酒を飲むことが、
ボジョレー・ヌーボーの意味だと勝手に思っていますので、
ボジョレー地区以外の地区の白ワインの新酒を飲んで、
ボジョレー・ヌーボー解禁日を祝うことにします。

と言うことで、さっき買ってきた白ワインを飲んでみます。
名前はマコン・ヴィラージュ・ヌーボー2007といいます。

この白ワインはボジョレーの北に隣接しているマコネー地区の
シャルドネ種で作られている白ワインです。

どれどれ・・・。う~ん、香りはフルーティで甘めなのですが、
きっちりと辛口です。そして、ヌーボーらしくフレッシュで、
きりっとした後味が口に中に広がります。いいんじゃなぁい!

ソムリエなら今年の白ワインもおいしく仕上がっていますので、
どうぞお楽しみください。・・・なんて、言うのでしょうねぇ。

でも僕の場合は、今年もうまいのでたっぷり飲むぞぉ・・です。
 

« 日曜はあしながウォーク | トップページ | 京都の街は秋 »

コメント

私も今年の新酒をボジョレ・ヌーボーというのだと思っておりました。勉強になりました。伸太郎1号さんは、赤はお嫌いなのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボジョレー解禁日です。:

« 日曜はあしながウォーク | トップページ | 京都の街は秋 »