« 吉報か?呪いか? | トップページ | バレンタインデー »

2008年2月 9日 (土)

京都の甘いもの

天満屋岡山店7階催場で「伝統の味と技 京都展」が始まっています。
甘いものが食べたくて夫人と覘いてみました。



ありましたよ甘いもの。特設会場の甘味処でいただきました。
ぜんざいもおいしかったけどわらびもちがすごく気に入りました。
きな粉がすごくきめ細かなパウダー状態で良かったです。

みたらし団子やおはぎを代表とした日本の古き良き甘いものから
日本の四季の美を感じるおしゃれな和菓子まで、京都には多くの
伝統的なお菓子がありますね。

僕は夫人と京都に婚前旅行した時に食べた生八ッ橋が好きです。
生八ッ橋を初めて食べたとき、焼く前の八ッ橋が商品になるのかと
発想の面白さにびっくりしましたが、それって全然違いますよね。



こんな可愛いお菓子もありました。食べるのがもったいないですね。



こんな飾り扇や筆、おみやげに人気のあぶら取紙もありました。

もちろん、千枚漬や京ゆば、京生麩なども売っていました。
僕はだし巻きの実演に見入ってしまい、作り方の勉強になりました。

11日まで開催していますので、皆さんもどうぞおこしやす。
 

« 吉報か?呪いか? | トップページ | バレンタインデー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の甘いもの:

« 吉報か?呪いか? | トップページ | バレンタインデー »