« 閏(うるう)年って | トップページ | 右側?左側? »

2008年3月 2日 (日)

生ゴミをたい肥に!

今日は生ゴミを減らす「生ゴミたい肥化」パネルディスカッションに
伸太郎夫婦は出かけました。なんか僕にもできそうですよ。



岡山市では各家庭から出る生ゴミは、全部ゴミ収集車で集められて
焼却炉で燃やしています。この生ゴミを減らそうということです。
そうすれば、可燃ゴミとして処理をする費用が少なくなり、
ゴミ収集車の稼働が減ることや、焼却によるCO2の発生も減るので
地球温暖化防止にも役立つということです。



会場では実際に生ゴミをたい肥に変えることを実践している人が
パネラーになって状況や問題点などを発表していました。

吉永菌やしまミミズでたい肥を作っている人の話がありましたが、
一番注目されたのは“エコちゃん”と名づけられた木箱で腐葉土と
米ぬかだけでたい肥を作る方法でした。

コンポストみたいなものですが、発酵促進剤などは使わないし、
乾いた状態なので腐らず、悪臭も無くうじ虫も発生しないそうです。



この木箱の中に生ゴミと腐葉土と米ぬかを混ぜたものを入れておくと
10日ほどで立派なたい肥ができるそうです。
生ゴミは発酵すると約60度になり、熱で雑菌は死滅するそうです。
出来上がったたい肥はもともと人間様が食べていた残飯ですから、
安心・安全で栄養満点の良質なものになります。

ちょっと興味がわいてきました。
 

« 閏(うるう)年って | トップページ | 右側?左側? »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

実家では、コンポストを畑のど真ん中においていたことがありました。夏は香りが漂いますが、田舎なので、まったく問題ありませんでした。畑も元気になるからいいと思います。町だと生ごみ処理機を使って処理すると本末転倒な気もするので、効率よく処理できる仕組みづくりが必要ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1877790/51033498

この記事へのトラックバック一覧です: 生ゴミをたい肥に!:

« 閏(うるう)年って | トップページ | 右側?左側? »