« 小皿をもらって・・・ | トップページ | 運動会日和 »

2008年10月11日 (土)

松江体験旅行その七

松江体験旅行もいよいよ大詰め、出雲そば「そばうち体験」です。
今回は自分の覚えとしてノーカット完全保存版で書きます。



今回使ったのはそば粉8に小麦粉2のいわゆる「二八そば」です。
小麦粉は強力粉または中力粉じゃないとちぎれてしまいます。
僕は家にあった薄力粉でやって、いつも失敗していました。

〇水まわし①
 よく混ぜ合わせた粉に水を入れます。水量は粉の47%目安です。
 3回くらいに分けて入れますが、少量を微調整のために残します。
 他のところでそば打ち体験をした時には指で混ぜていましたが、
 ここでは子供に教える際に、指に粉が付いてうまく混ざらないので、
 はしを使った方が良いことに気づいたそうです。
 ・・・これは確かにGoodです。使えますよ。



〇水まわし②
 練りたい気持ちを抑えて、手のひらで水をまんべんなく粉全体に
 行き届くまで混ぜて水分を粉に加えてゆきます。
 ・・・こんなんで団子状になるのかなぁ~と半信半疑です。



〇練り①
 すると、水を吸った粉は最初は小さな塊を作り出しますが、
 さらに混ぜて行くとだんだんに大きな塊となっていきます。
 そこでやっとひとつの大きな塊にまとめて練り始めます。



〇練り②
 練りは耳たぶくらいの柔らかさになるまでしっかり練ります。
 いいくらいになったら両手のひらを使って塊を回しながら、
 内側に折り込むようにします。これを菊花練りとよびます。
 ・・・なんて言うように簡単にできません。



〇煉り③
 菊花練りでできたしわを絞り込み練り鉢の曲面を使って円錐状の
 塊にします。これをへそ出しと呼びます。
 ・・・なんか、職人言葉が出てすごいでしょ(^-^)



〇煉り④
 へそだしのとがった方を下にしてつぶして鏡餅のようにします。



〇延し①
 のし板に打ち粉をして、鏡餅状を円形のまま均等に押し広げます。
 ・・・さぁ~これから延しだと思うと緊張します。



〇延し②
 めん棒を使って、さらに薄く均等に広げます。
 ・・・めん棒の持ち方が難しいです。



〇延し③
 ある程度薄くなったら、いよいよめん棒に巻いて伸ばします。
 同じ面を3回転がして伸ばしたら、180度回転し巻きます。
 さらに3回転がしたら、今度は90度回転して広げます。
 すると・・・

〇延し④
 不思議なことに円形だった生地がだんだん四角くなっていきます。
 これを何度か繰り返します。
 ・・・きゃあ~、かっこいい~(*^_^*)



〇延し⑤
 最後にめん棒を45度で開くと四角く広がります。(歪ですが・・・)
 実はこの段階ではまだ厚さが均等ではありません。
 それをのし棒を使って正方形のままで均等にしてゆきます。
 ・・・しかし、だんだん形が歪になってゆきます(--〆)



〇たたみ
 内側になる面に打ち粉をして、生地をたたんでゆきます。
 言われるままにたたみましたが、ちゃんと計算されています。
 切った時にちゃんと1本につながってなくちゃいけませんからね。



〇切り
 たたんだ生地をまな板の上に乗せ、定規みたいなものをあてて
 包丁で細く切ってゆきます。1本切っては包丁を少し傾けて、
 定規をずらし、また1本切ってゆきます。
 ・・・これがなかなかうまくできません。バラバラの太さです。
   うどんになったりそうめんになったり、ご愛敬、ご愛敬(^-^)



〇完成
 たっぷりのお湯で1~2分ゆでて水洗いしたらできあがりです。
 ・・・どうです、見事なできばえでしょ!パチパチパチ(*^_^*)
   伸太郎的には八雲庵よりおいしかったです。
   自分で作れば誰でもそう言いますね。



今回、教えていただいたのは「八雲ふるさと館」です。
一鉢4人前のそば打ち体験と試食をしてたったの2,000円でした。
田んぼの真ん中に昔の学校を再現した建物で、戦前の教科書や
勉強机のある教室もありました。

マンツーマンで教えてくださったそば打ち名人に感謝です。m(__)m

緊張して!、楽しくて!、美味しくて!、最高の体験でした。
 

« 小皿をもらって・・・ | トップページ | 運動会日和 »

コメント

今日は今までになく、長編大作でしたねぇ。^^1カットづつ撮影された奥様のご苦労が窺えます。そして、工程が進むごとに伸太郎さんのメガネがずれてくるのも楽しかったです。打ちたてのお蕎麦は、最高ですよね。

夫人がこんなに写真を撮っているとは知りませんでした。それほど真剣でした。余裕がありませんでした。だって、マンツーマンなんですもの・・・でも、その分とてもよく理解できました。今年のわが家の年越しそばはまかせとけ!!!

おはようございます。伸太郎さんもそばうち体験されていたんですね。私も先日体験したばかりで、練りのところで????な状態になりました。画像も多くとても分かりやすいです。伸ばしの所の猫の手も懐かしく見ました。おそばの写真きちんと写してる所が私と違ってすばらしい!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松江体験旅行その七:

« 小皿をもらって・・・ | トップページ | 運動会日和 »