« 松江体験旅行その四 | トップページ | ネッカ卵の親子丼 »

2008年10月 3日 (金)

松江体験旅行その五

イングリッシュガーデンから戻り、カラコロ工房の周辺を歩きました。
そして、次の体験は伸太郎お待ちかねの“利き酒体験”です。



“江戸時代の風情が漂う管内で、ジャズに耳を傾けながら、
 地酒約30種類の試飲を楽しめる。”のコピーに誘われて来ました。

つくり酒屋の「國暉酒造」さんです。
カウンターの中の利き酒師から色々と説明をしてもらえます。

写真の6本はもちろん、その前にも数本試飲させてもらいました。



この「八塩折(やしおり)の酒」は、八岐大蛇(やまたのおろち)という
大蛇退治の話として有名な
出雲神話伝説の酒の再現として造られた
非常に希少価値のある逸品です。

濃厚でフルーツの甘さを感じるお酒でした。
300mlで5,250円もするので、もちろん買えませんでした。



酔って調子こいた僕は、当家の店主と何やら熱く語っています。
ご迷惑だったでしょうねぇ~m(__)m

さらに来店された女性グループに、こちらの店や試飲の説明をして
お店の従業員と間違われてしまいました。(笑)



さらに、さらに、調子こいてカウンターの中にまで入ってパチリ!

申し訳ないので、一本だけお買い上げさせていただきました。

僕はこんな体験が一番好きですぅ~(*^_^*)ヒック!
 

« 松江体験旅行その四 | トップページ | ネッカ卵の親子丼 »

コメント

いやぁ~、実に精力的に取材活動をされてますねぇ。ブロガーの鏡じゃね!!松江にこんなGOODな場所があったとは・・・知らなんだ。吟醸酒は、フルーティーでワインみたいだったでしょ!?私も試飲したい!!

そのとおりです。ワインっぽいのをお願いします。って言うと、吟醸酒が出てきたよ。大吟醸と飲み比べると、明らかにコクが違う。そして、明らかに値段も違う。(-_-;)岡山にもこんな店はあるのかなぁ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松江体験旅行その五:

« 松江体験旅行その四 | トップページ | ネッカ卵の親子丼 »