« ダントツラーメン | トップページ | 謹賀新年 »

2008年12月31日 (水)

読書で想像力を

久しぶりに普通の小説本を買いました。
これでも子どもの頃は、よく推理小説を読んでいたのですよ。



伸太郎は読書なんて似合わない人なんで小説家を全く知りません。
それでも、この東野圭吾さんは知っていました。

2年ぐらい前にスナックのママさんが「お兄ちゃんこれおもしろいよ」
って貸してくれたのが、東野圭吾さんの“天空の蜂”でした。

原子力発電所が小説の舞台になっているから興味を持つと思って
本を読まないおバカな僕に勧めてくれたのです。

確かにおもしろくて、結構分厚い単行本だったけど、一気に読んだ
記憶があります。

だけど、それっきりでした。

最近、何かで東野圭吾さんの名前を見かけ、気になっていた所に
友人が本屋さんを営んでいることを知り注文してみました。

まず、直木賞受賞作品の“容疑者Xの献身”を読みました。
おもしかったし、これまた、一気に読めましたね。

それで、続いて“ガリレオの苦悩”を注文したのです。
正月に読もうと思って、まだ開いてません。

そんなことを思っていると、なんと本日テレビで東野圭吾さん原作の
「手紙」が映画化されたものが番組表にありました。

もちろん録画しました。

東野圭吾さんの原作ものは歌手の福山雅治さんの主演でテレビや
映画が上映されているのに全然知りませんでした。

ただ、テレビや映画などの映像を見てしまうと、本を読んで自分で
イメージする広がりが無くなりそうで嫌なんですよね。

かつて“金田一耕助”がそうだったように・・・

偶然にママさんが勧めてくれた東野圭吾さんは僕と歳も変わらず、
同じ2月生まれなので勝手に親近感を持っています。

脳の衰えを防ぐためには、読書による想像力が大切だと聞きました。
来年は老化防止に読書も楽しみたいと思います。(*^_^*)
 

« ダントツラーメン | トップページ | 謹賀新年 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1877790/51033688

この記事へのトラックバック一覧です: 読書で想像力を:

« ダントツラーメン | トップページ | 謹賀新年 »