« 再入場禁止ハンタ~イ | トップページ | イオンで楽しんだ »

2009年1月 8日 (木)

地球が静止する日

今年お初の映画を観にいきました。
TVコマーシャルをバンバン流している「地球が静止する日」です。



「やっちまったぁ~(;一_一)」です。

予告編を見て期待が大きかっただけにガッカリです。
最近観た映画の中で、間違いなくワースト3に入りますねぇ~

終わった瞬間に夫人と見合せて「えっ終わり?」って言いましたもん。

キアヌ・リーブスとジェニファー・コネリーという豪華なキャストなのに、
すごくもったいない気持でいっぱいです。

まぁ、ウィル・スミスの息子のジェイデン・スミスを始めて見れたのが
収穫みたいなもんですね。

この映画は1951年に制作された映画のリメイク版なんですが、
当時のSF映画は宇宙人=モンスターみたいなイメージで作られ、
悪いモンスターをやっつける内容が多かったようです。

その時代背景を考えると、人類よりも知的な宇宙人として登場させた
この映画はすごいことなんだと思います。

僕が映画でひとつだけ心に残ったのは、キアヌ・リーブスが演じる
宇宙人“クラートゥ”が、「人類を滅ぼせば地球は救われる」と言った
セリフで、今の地球環境問題の重要なキーワードだと思いました。

もしかすると、このセリフを言いたいためだけに、この映画は制作
されたのかもしれませんね。(?_?)
 

« 再入場禁止ハンタ~イ | トップページ | イオンで楽しんだ »

映画」カテゴリの記事

コメント

「人類を滅ぼせば、地球は救われる」まったく同感です。その通りだと思います。私自身、地球にとって何ひとつプラスになっていない!文明を捨て、自給自足しかないですね。 とほほ・・・です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再入場禁止ハンタ~イ | トップページ | イオンで楽しんだ »