« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

緊張の1日

今日は朝から緊張しっぱなしの1日でした。
日蓮宗の岡山北部の9つのお寺が集まっての法要がありました。



なんと、伸太郎はその司会役を仰せつかったのです。

先日、母親の代わりに菩提寺の香雲寺を参った時に、
「何かお手伝いできることがあれば・・・」なんて言ったことから、
今回の役をお引き受けすることになってしまいました。

そりゃあ伸太郎はおしゃべりですよ、でも、場違いではないの・・・
はい、伸太郎は坊主頭ですよ、でも、関係ないんじゃないの・・・
いやいや、伸太郎52才、そろそろ宗教の勉強もしなくては・・・

まっ、そんなに深刻に考えるタイプではないので軽く引き受けました。

朝から司会内容の打ち合わせやリハーサルの見学をしていると、
会場一杯に500名もの檀信徒の皆さんが集まり始めました。

さぁ、午後1時から開会です。



オープニングは元タカラジェンヌの“あづみれいか”さんの登場です。

一瞬にして舞台が華やかな宝塚公演に変わりました。
さすがにホンモノのプロはオーラが違いますね~(@_@;)
僕は客席よりも近い舞台袖からうっとりと聴きほれていました。

宝塚音楽学校や宝塚歌劇団の知られざる話や素晴らしい歌声に
集まった皆さんはすっかりと魅了されていました。

その後は東京都蓮華寺住職の記念講演や法要が執り行われ、
午後4時前には無事司会の大役を終えることができました。

内容については僕の理解不足で説明が間違ってはいけないので
ここでは省略しますが、僕自身にとってはとてもためになりました。

宗教についてはまだ勉強不足ですが、僕を産み育ててくれた両親、
さらに、さらにその両親たちに感謝して生きなければいけませんし、
僕の子供達へと引き継がれていくもの、そんな“魂”みたいなものを
大切にしなければいけないなぁと思いました。

とにかく、良い緊張感の中で過ごせたことに感謝です。(*^_^*)
 

2009年3月30日 (月)

全国グル麺ツアー

ラーメン好きカエルの親もやはりカエルみたいです。
親父が地元の郵便局との付きあいで注文したラーメンが届きました。



「全国グル麺ツアー」という郵便局のゆうパックを利用した通販です。

パンフレットを見ると、「会津北方ラーメン」や、「和歌山ラーメン」、
珍しいのでは「林家木久蔵ラーメン」など18種類が載っています。

その中から、「北海道三大ラーメン」と「尾道ラーメン」が届きました。

さっそく、作ってみました。



札幌「二代目萬来軒」のみそラーメンです。
  (トッピングは付いていませんよ)

やや縮れた中太麺で、まぁまぁ美味しかったです。

その他には旭川「ありこま」の醤油と函館「日の出」の塩がセットです。
9食で送料込みの2,500円ですから、1食278円ですね。

最近はスーパーでも、同じような値段で生麺のインスタントラーメンを
売っていますから、そんなにお得感は無いですね。
まぁ、珍しさはあります。

親父は「尾道ラーメン」を頼んだところ、いつもスーパーで買っている
「阿藻珍味」の尾道ラーメンが届きました。

とても美味しいのですが、珍しさがないので、残念賞ですね。(>_<)
 

2009年3月28日 (土)

瀬戸内ぐるり旅

昨日、定額給付金を当てにして夫人とバスツアーに参加しました。
一流ホテルでランチを食べ、美術館で絵画を鑑賞をする企画です。



いきなり、たこ焼きですかぁ~(^u^)

はい、山陽自動車道を1時間半ほど走り三木SAでトイレ休憩です。
店内には美味しそうなバウムクーヘンの実演販売もありましたが、
やはりここは明石焼きでしょう。



バスの中で、いただきま~す。(^u^)
ちょっと、だし汁が少ないよ~。たっぷりないとねぇ~。

初めて明石焼きを食べたのは、神戸でたこ焼き屋に入って、
明石焼きを知らずに注文して、だし汁が出てきて戸惑ったよなぁ~
・・・と夫人とおしゃべり。



ほんの20分も走っていると、いきなり明石海峡大橋が現れました。

全長が3,911mもある世界一のつり橋です。
ご存じのとおり設計の長さより兵庫県南部地震で1m長くなりました。

この橋を渡ると淡路島です。

昼食は「ウエスティンホテル淡路」でランチブッフェです。
                 (ランチの模様は第2部で紹介します。)



さて、「ウエスティンホテル淡路」で美味しくランチをいただき、
自動車道で淡路島を縦断すると、次は大鳴門橋が迎えてくれます。

この橋から下を見ると、激しい潮流の中に渦巻きが見えるはず・・・



おぉぉぉぉぉ~、小さいながらも渦巻き発見!!

今日はラッキーデーですね。(*^_^*)

そして、大鳴門橋を渡ると、そこは四国は徳島県です。

鳴門公園内にある「大塚国際美術館」で世界の絵画を楽しみます。
               (美術館については第3部で紹介します。)



「大塚国際美術館」で3時間あまり、世界の名画を堪能してから、
高松自動車道で岡山への帰路につきます。

1時間10分ほどで瀬戸大橋に迎えられました。

本州と四国をつなぐ夢の大橋、瀬戸大橋が完成してもう21年です。
その後、淡路島に橋が架かり、尾道からのしまなみ海道も完成し、
四国へ3本も瀬戸内海を渡る橋が架かってしまいました。

真ん中の瀬戸大橋はどうなるのか心配していた通り交通量も少なく
採算の取れない大赤字の自動車道になっていまいました。
今回の1,000円政策でなんとか頑張って欲しいものですね。



瀬戸大橋から眺める夕日が沈む瀬戸内の多島美は最高です。
島影や船が通った後の波が夕日に映えてとても綺麗です。
こんな素晴らしい景色に見送られながら岡山に戻りました。

岡山から淡路島、四国経由でぐるっと瀬戸内海を回ってきました。
今度はしまなみ海道を渡ってぐるっと一周回りたいですね。

今回の定額給付金はこれで全部使ってしまいましたから、
もう1回貰わないと・・・(*^_^*)
 

ホテルでランチ

伸太郎お待ちかねのランチは、サッカーFIFAワールドカップで、
イングランド代表チームが泊まった「ウエスティンホテル淡路」です。



元ボクサーで世界的に有名な建築デザイナーの安藤忠雄氏による
設計だそうです。

2階正面にこんな可愛いイスが並べられていました。



2000年に開催された淡路花博のために作られたのかな?

横から見るとこんな感じです。



まさしく、花のイスですね。カワイイっす(*^_^*)

いやいや、そんなことより、昼食です。

ホテルのランチブッフェなんて、何年ぶりのことでしょう。

ブッフェ=バイキング=食べ放題なのです。

さぁ、戦闘開始です。(^0_0^)



さすがに、ホテルだけあってオシャレなスタイルです。

目の前に人がいるので、ドバァ~と取れないじゃないかぁ~(;一_一)

まぁ、ここは上品げにいきましょう。



淡路島と言えばなんと言っても玉ねぎです。

そのままオーブンで焼いたものが、とても甘くて美味しかったっす。



ピザ、ん? ピッツァ? どっちが正しいの?

どちらでもいいっす。皮は薄目でカリッと仕上がっていました。



このローストビーフがメチャうまかったっす。(^u^)

温かいし、柔らかいし、ワサビがとてもよく合っていました。

少しずつしか出さないので、2回も並びましただよ。



ビールは淡路の地ビールです。一杯1,400円もとるんだよ~

さわやかな味だったけど、僕的には吉備土手下の方がいいなぁ。



パスタはとても美味しかったね。

2皿目のローストビーフも写っています。



ビールを飲み乾したので、次は白ワインをいただく。

普段の値段は1,000円なんだけど、9周年記念で390円でした。

しまったなぁ~、白ワインばかり飲めば良かった(T_T)

僕にしては珍しく、サーモンを食べました。



添乗員さんお薦めのカレーです。

玉ねぎの甘さがパァ~ときて、後からジワリと辛さがきます。



デザートもいただきました。

プリンが濃厚でとても美味しかったです。(^u^)



とても、オシャレなホテルでのランチブッフェでした。

でも、伸太郎とすると料理の種類がイマイチ少ないと思います。

料金の3,150円分はお腹に入ってない気がします。

夫人は静かな雰囲気にとても満足した様子です。

あっ!ベッカム様のサインを見るのを忘れたぁ~(>_<)
 

大塚国際美術館

「大塚国際美術館」です。はい、想像通り大塚製薬が設立しました。
世界の名画(複製)1,000点余りをここで見ることができます。



美術館の入口です。いきなりビックリです。
分かりにくい写真ですみませんが、山に入口があるのです。
小さな山の中をくりぬいて美術館が出来ています。
ですから、地上の入口は山頂から見ると地下になってしまいます。

入ると長い昇りエスカレーターがあり、着いた所が地下3階でした。
滞在時間は3時間、その内1時間で案内と説明をしてくれました。



この日は昨年の人気投票でのベスト10を紹介してくれました。
係員さんの説明が上手く飽きることなく1時間を楽しめました。

それでは伸太郎が覚えていることをアップしたいと思います。

エスカレーターで着いた地下3階の正面にあったのがこれです。



世界最小の国バチカン市国にあるシステイーナ礼拝堂の壁画です。
かの有名なミケランジェロの作品で、まず天井画を4年間で制作し、
正面の祭壇画を6年間で完成させたそうです。

天井画は足場を組んで寝そべって下から書いたそうです。
ミケランジェロは彫刻家なので、絵を描くのは初めてなんだって。
しかし、素晴らしい絵です。



正面の祭壇画は天国と地獄に分けられる場面を描いています。

この礼拝堂を含めて絵画も全部実物大で複製されています。
さらに、絵は陶板で作られているため約2,000年以上にわたって
そのままの色と姿で残るそうです。



映画でも有名になったフェルミールの「青いターバンの少女」です。
本当は「真珠の耳飾りの少女」という題名のようです。

少女が呼び止められて振り向いた顔を描いています。

この美術館は写真撮影が全部OKです。まぁ複製だからね。
ただ、陶板のためフラッシュを光らすと反射してしまいます。



地下2階に上がると、これまた有名な「モナ・リザ」があります。

映画の「ダ・ヴィンチ・コード」を観た人は、大塚美術館に来れば、
レオナルド・ダ・ヴィンチの作品が一度に観て楽しめますよ。



超有名な「最後の晩餐」です。この絵は修復前のものです。

「最後の晩餐」はレオナルド・ダ・ビンチが描いてから、
何度も上から手直しをされて、本当の絵では無くなっていたのです。

その上書きしたものを全部とって修復した絵がこちらです。



全体に明るくなり、聖人たちの足も描かれていることが分かりました。
そして、何よりもイエス・キリストの口が開かれていたのです。

つまり、「この中に裏切り者がいる」と言っている瞬間なのです。

そして、裏切り者のユダは、やはりキリストの右手側にいる
金貨の入った袋を握りしめている人物だと確信されました。

その理由としては、この絵に描かれているそれぞれの人物には、
後ろと左横の窓から差し込んでいる光が顔や体を照らしていますが、
ひとりだけ顔や体に光が当たっていない人物が描かれています。

その人物こそ裏切り者ユダなのです。



さらに、地下1階へ上がると、ゴッホの「ヒマワリ」があります。

ゴッホは生前はあまり画家として認められなかったそうで、
描いた絵もあまり高くは売れなかったそうです。

しかし、自分としてよく描けたと思う絵には大きくサインを入れており、
7点(現存するのは6点)の「ヒマワリ」でもサインの入ったものと、
入ってないものがあるそうです。



これまたご存知のムンクの「叫び」です。

絵と記念写真をする人は決まって同じポーズをするようです。

多くの人は頬を押さえたり、口の前にもってきたり様々なようで、
絵の手の位置がどこかわかりづらいですね。

正式には耳をふさいでいるのです。

この絵はムンク本人を表現しています。
ムンクは幼い頃から身体が弱く、いつも死の恐怖を感じていて、
この日も後ろに描いている友人たちと楽しく散策していたところ、
自分だけが恐ろしい音が聞こえてきたため、まず、耳をふさぎ、
それでも聞こえるので叫び声を出している姿なんだそうです。

記念撮影の時にはぜひ耳をふさいでください。



この日は山本寛斎の特別展示もありました。

あと、地上(山の頂上)部分に、さらに2階分あったのですが、
時間が無くてゆっくり回れませんでした。

年間24万人が訪れる「大塚美術館」は素晴らしい世界の名画を
素晴らしい写真陶板の技術で未来へ残す世界唯一の美術館です。

入館料が3,150円と高いのですが、一見の価値はあると思います。
 

2009年3月26日 (木)

吉崎製麺所

別にうどんづいちゃった訳ではないんだけど、今日もうどんです。
最近、岡山市になった建部は福渡の吉崎製麺所へ行きました。



四国は香川県へうどんツアーに行くと、このような〇〇製麺所という
うどん店がコースに入っていますね。
いかにも自家製麺だからおいしいですよ、という気にさせてくれます。

もちろん、この吉崎製麺所のうどんも自家製麺です。

以前は八百屋を営んでいたらしいのですが、ご主人の趣味が高じて
うどん屋を始めたと聞きました。

そう聞くと、ますます、美味しそうに思えてきます。



定番の天ぷらうどん(750円)プラスいなり(150円)です。

実にシンプルな天ぷらうどんですねぇ~

天ぷらはえび2匹、さつまいも、レンコン、ししとう、かぼちゃ、
それと、何かわからない花のようなものを揚げていました。



麺はやや細目の平麺ですね。
でも、すごくもっちり感もコシもあり、とても美味しいです。

天ぷらをひとつずつ乗せては、ズズッといただきます。

う~ん、ダシが見た目通りの感じでインパクトがないですねぇ~。
普通の薄めのうどんつゆと言う感じです。

讃岐うどんのようにどっしりとして、何も要らないぞという麺ではなく、
主張すべきところはしっかりしているが、とても優しい麺だから、
つゆに何か工夫をして欲しいなぁ~(^u^)

でも、こんな田舎にこんなしっかりとしたうどんがあることが、
とても嬉しい伸太郎なのです。

一玉120円のうどんを4玉買って帰りました。
そろそろ鍋のシーズンも終わりなので、今夜はうどん鍋を作ります。
 

2009年3月25日 (水)

春爛漫

春爛漫です。わが家の庭もにぎやかになっています。

どの花たちも春の陽ざしに向かって大きく背伸びをしているようです。




わが家の庭でひときわ目立っているツバキの花


花ごとポトッと落ちるので縁起が悪いと嫌われがちですが綺麗です。





木全体に花を咲かせてくれます。


赤の次は白い花のハクモクレンです。





去年より数日早く、先週から咲き始めています。


穏やかな陽光の中でゆったりとした気持ちにしてくれます。





冷え込むと茶色くなってしまうので、どうかこのまま暖かでいてほしい。


小さなビオラたちも喜んでいます。





春を待ちわびていたように咲き誇っています。


花たちはみんな太陽に向かって咲いています。





ほら、みんな横を向いているでしょ。


太陽を背にして正面から見ると・・・





ホント、正直に生きています。


春爛漫です。(*^_^*)
 

2009年3月23日 (月)

うどんおよべ

久しぶりにうどんを食べに行きました。
前にテレビで見た、イケメン3兄弟がやっている「およべ」です。



煮豚野菜あんかけうどん892円です。
値段がちょっと高い気がしますが、実は大盛りサービスなんです。
当然ながら僕は2玉をお願いしましたから納得の値段ですね。

不思議なのはうどんが少なめなのも値段は一緒なんです。
僕には理解不能です。(?_?)



煮豚のトロトロにもやしのシャキシャキの食感を楽しみながら、
ショウガの効いたトロッとしただしを味わいました。
自慢の麺はしっかりとこしがあり、とても美味しかったです。

この麺ならざるを食べたら、かなりガツンとくるんじゃないかな?
夏にはぜひ食べたいと思います。

ところで、イケメン3兄弟は、どこかな・・・



いた、いた、男性2人を確認しましたが、確かにイイ男でした。
できあがったうどんをテキパキと運ぶ姿も様になっていました。

それに、イケメンがやっているだけあって、店内もお洒落です。
お客さんも若い方や小さい子連れの若いママさんが多かったですね。
と言うのも、赤ちゃんうどんって言うのがサービスなんだって。

どんなんだろうねぇ?



清輝橋の交差点から南へ下った左側です。
お昼時には店の前の駐車場は一杯になるそうです。
裏にも第2駐車場があります。
 

2009年3月21日 (土)

さんよう号を紹介

昨日は「おかやま花だより2009」が開幕しました。
伸太郎は移動環境学習車「さんよう号」の紹介のお手伝いでした。



山陽新聞によると
 『主会場のカネボウ綿糸西大寺工場跡地の正面ゲート前で、
 石井正弘知事、高谷茂男岡山市長らがテープカット。
 約600種、約50万本の花木が開幕ムードを盛り上げ、
 企業・団体など約160団体が出展した庭園などが、
 約4700人(主催者発表)の入場者を魅了した。』
                 ・・・とのことでした。

僕がお手伝いした「さんよう号」にも大勢の皆さんが・・・



苗木のプレゼントの時だけ
来てくれました。(笑)

日中は子供たちを呼び止めては、自転車発電や手回し発電での
電球点灯比較実験をボツボツやっていました。

それでも、子供たちは大いにはしゃいでくれ、中でも植物や
昆虫などの観察に活用するサイエンススコープが結構人気で、
髪の毛や頭皮のチェック(違うやろ)をして楽しんでいました。





昼前に食事がてら休憩したので、会場の一部を紹介します。

今回の緑化フェアのために約17億円を投じて建てられた、
「花と緑のテーマ館」という立派な建物があります。

この建物の中で開催期間中に様々なイベントがあるそうです。
僕は4月4日に“中孝介”さんのライブを申し込んだので、
抽選で当たれば観にいって色々紹介したいと思います。

今回は、この「青いバラ」を紹介します。



青色色素を持たないバラの花に最先端のバイオテクノロジーで
14年間の研究を重ねて作り上げた「青いバラ」だそうです。

ズームアップすると・・・



確かに青いっちゃ青いけど、僕には紫色に見えますが、何か。

でも、すごいことなんでしょうねぇ~
凡人の僕にはこのすごさが理解できません(-_-)zzz

それよりも、お腹が減ったので何か食べたいです。



伸太郎の腹ぺこレーダーにかかるのはやっぱりラーメンです。

千屋牛肉100%使用のラーメンだそうです。

では、いただきましょう。



申し訳なさそうに、ちょっとだけ牛肉が入っています。

しかし、ダシも牛肉や牛骨からとったとありますから・・・

ん・・・なんとも・・・ノーコメントです(;一_一)

他にはお弁当とうどん程度しかありませんでした。



こんな気持ちの良さそうな休憩スペースがありますから、
お弁当・ビール持参で来る方がいいと思いますよ~(^u^)

会場内をぐるっと回ってくれるこんな乗り物が走ってました。



ベロタクシーという乗り物だそうです。
大人500円はちと高い気がしますが、運転手のお兄ちゃんの
説明を聞いてから、お気に入りの場所を見つけるのがいいかも。

開幕初日はそれなりの人で賑わいましたが、
多分、これからはガラガラの状態が続くと思います。

朝起きてみて天気が良ければ、入場料は350円と安いですし、
のんびりできるので緑化フェアだけに花マルですよ(*^_^*)

その時は移動環境学習車「さんよう号」にも寄ってください。
今月は居ませんが、来月はまた何日かお手伝いに行きますから、
伸太郎が居たら何か差し入れしてね。ヨロシク(^0_0^)
 

2009年3月18日 (水)

ETCデビュー

今日、ETC車載器を取り付けてもらいました。
これって、いま日本中で大変なことになっているんですってねぇ~



ETC取り付け予約日にイエローハットへ行くとこんな貼り紙が・・・。

一日15人しか受付ができない・・・そうです。
今朝の新聞によると、東北のカーショップでETC本体の品切れで、
ドライバーたちが怒っているとの記事がありました。

この店は品物はあるそうですが、助成の申請や取り付けの関係で、
一日15人しか受け付けできないんだって。

確かに、この「ETC車載器新規導入助成」って訳がわかりません。



伸太郎は助成申請開始日の12日にイエローハットへ行きました。
開店時間の10時ちょうどに行きましたが13番目でした。
今はもっと早く行かなくちゃ15番内にならないそうです。

当日は申請書を書く順番が来るのが昼過ぎになるとのことで、
伸太郎は仕事だったので、夫人に行ってもらいました。

約30分かけて、「四輪車ETC車載器新規導入助成申込書」と、
「ETC車載器セットアップ申込書」を説明を聞いて書いたようです。



一番理解できないのが、5,250円の購入助成を受けるためには、
24ヶ月の契約で毎月払いか、2年後に100円払う分割にするか、
のどちらかを選択するというものです。

はぁ~・・・です。(?_?)

平成23年4月にゆうちょ銀行から残金100円を払いなさいって?

はぁ~・・・です。(--〆)

絶対、ぜぇっ~たい、忘れます。忘れたらどうなるのでしょう?

それに、ATMなら無料ですが、窓口なら手数料がとられるそうです。
たった、100円振り込むのに手数料をとられるのです。

はぁ~・・・です。(--〆)

でも、この契約じゃないと5,250円の助成をしてくれないんです。
意味わからん?????・・・です。

まぁ、それでも助成金欲しさに契約しましたけどね・・・



だって、土・日・祝日が1,000円で高速道路乗り放題ですもの。

それで、今日、やっと取り付けてもらったんです。

ETCデビューです。(*^_^*)

ところで、このETCってどういう意味なの?
ELP(エマーソン・レイク&パーマー)なら知っているけど・・・(古っ)

もしかしてエトセトラっていう意味?

調べると、ETC(Electronic Toll Collection System、エレクトロニック・
トール・コレクション・システム)の頭文字らしい。

わからん、調べなきゃ良かった・・・(-_-)zzz

とにかく

ETCデビューです。(*^_^*)



初めてのETCレーン通過ぁぁぁ・・・

       倉敷ICまで行ってきましたぁぁぁ・・・

               ちゃんとゲートが開きましたぁぁぁぁ・・・

ETCが作動するかどうかの検証に450円かかりました。
           
                 おバカな伸太郎でしたぁぁぁ・・・(*^_^*)
 

スズメの朝食

最近は朝になるとスズメたちが朝食のおねだりをしてきます。
「早くおくれよぉ~」「おなか減ったよぉ~」チュンって鳴いています。



それで、いつもやっているのがこの「小鳥の食事」です。
インコ、文鳥、十姉妹用のえさで皮むきスタイルです。
スズメにとってはご馳走だぞ~



2年前に設置したえさ台は木で作ったため1年で壊れてしまい、
去年からはプラスチック製です。

ほれ、ほれ、朝食の準備ができたよぉ~

今朝はとなりの部屋から盗撮してみます。



「おっ、おっちゃんがごはんを置いてくれたよ~」チュン

「みんな、食事の準備ができたよ~」チュン



「いただきまぁ~す」チュン

「いつもと同じだけど美味しいよ~」チュン

スズメたちが食べはじめたので、カメラをズームアップします。



「美味しいよ~、みんなも早くおいでよ~」チュッチュッチュッ・・・

さらに、ズームアップします。



「うん、うまい、うまい」チュン

賑やかに鳴きながら食べています。



ゲッ、一匹と目が合っちまった!(・・;)

「やばい、おっちゃんが見てるぞぉ」チュチュチュ・・・



食べるのを止めてえさ台から木に飛び移り、警戒しています。

しばらく、息をひそめていましたが、食べようとしません。
やたら、鳴いています。

多分、「おっちゃんが見てるぞ」とか、「みんな気をつけろ」とか、
勝手なことを言っているんでしょうね。

撮るのをあきらめて、となりの部屋に戻りブログを書いていると、
また、鳴き声が変わり、えさを食べているようです。

賑やかなスズメの鳴き声に癒されている伸太郎でした。(*^_^*)
 

2009年3月17日 (火)

どえりゃ~うみゃ~

昔はホントに「どえりゃ~うみゃ~」なんてゆーとったんじゃろうか?
今は「でぇれぇ~、うめぇ~」なんじゃけどなぁ~(笑)



遅勤の仕事から帰って、吉備土手下の発泡酒の冠をシュパッと。
トクトクトクとグラスに注いで、グビッといただく。

ん~~マンダム(古)(*^_^*)

ホント吉備土手下の発泡酒は味が濃くて旨いなぁ~

つまみを探すと、こないだイオンで買った駄菓子がある、ある・・・
これ、これ・・・「名古屋みそカツ」、どえりゃ~うみゃ~と書いてある。

裏を見ると・・・



な・な・な・なんじゃ、この60.90.60って数字は???

女の子のスリーサイズじゃったら最低じゃなぁ~

マジで、しばし考えて・・・

なんだぁ、賞味期限かぁ~

ひっくり返して、09.06.09でしたぁ~(*^_^*)

と言うことで、安心してひとかじり・・・



やや、意外に美味しいぞ!

中身は魚肉すり身となっているけど、なかなかいけます。
ピリ辛のソースの風味がよく出てますよ。
“八丁堀味噌使用”ってなっているけど・・・、これはわかりません。

まぁ、30円くらいだったから、とてもグッドです。

もっと買っとけば良かったなぁ~(*^_^*)
 

2009年3月16日 (月)

緑化おかやまフェア

今月20日から開催される「第26回全国都市緑化おかやまフェア」
“おかやま花だより2009”の会場へ行ってみました。



なんでって?はい、20日の開会日はここのお手伝いをするからです。
『地球防衛軍・・・・・』、いえ、『地球温暖化防止活動推進員』として、
「アスエコ」の出店ブースのお手伝いなんです。

それで、わが家からどのくらい時間がかかるか行ってみたのです。

会場は、まだ、準備の真っ最中でした。



ここは「花と緑のテーマ館」と呼ばれている建物です。
中はどうなっているんだろう・・・

ところで、伸太郎はこの全国都市緑化フェアというものについて、
イマイチわからないんですが、公式HPによると

 『都市緑化意識の高揚と都市緑化に関する知識の普及等を図る
  ことにより、緑豊かな潤いあふれる都市づくりに寄与することを
  目的として、建設省(現国土交通省)の提唱により、昭和58年
  から毎年各地で開催されている花と緑の祭典です。』

と、いうことらしいです。う~ん、聞いてもよくわかりませんねぇ~
まぁ、昔っからやっている予算消化のイベントってことなんでしょ。



入場者ゲートをくぐると、すぐ左手に総合案内所があります。
ブースはすべて木の枠とグリーンの布で作られているようです。



そのまま真っ直ぐ進むと壁面緑化の緑の壁の広場に出ます。
屋根の上の緑化は聞いたことがありますが、壁面緑化とはねぇ~
ツタやゴーヤだけでは無いんですね。



企業などが出店するブースが並んでいます。

ひとつ覗いてみると・・・



こんな感じでした。

まだ、製作中のブースもありました。



各県からの出店ブースもありました。
全部でいくつ位の出店があるのかなぁ~

ところで・・・

前売り入場券が300円らしいけど、儲かるのかなぁ~
今回で26回目だけど、今までの収支を公表してるのかなぁ~
赤字だったら税金をつぎ込んで、造園会社が儲かるだけだなぁ~

ふ~ん、そういうことかぁ・・・(;一_一)
 

2009年3月15日 (日)

そばの店

とうとうやって来ましたよ。FUNくん超お勧め第2段「そばの店」です。
実は1度目は定休日、2度目は休憩時間中で、今回3度目なんです。



そば大盛り(700円+100円)です。

厨房ではコック服、清輝橋Tシャツ、作務衣の超個性的な3人が
テキパキと“そば”を作っていました。

どうやらフットボールアワーの岩尾似(失礼)の作務衣のお兄さんが
ご主人のようで、2人を指導しているように見えました。

できました、できました。



カウンターの上には薬味として一味しか置いていません。
薬味は一味なんですかと尋ねると、「そうなんです。でもお好みで」と、
岩尾似のお兄さんがコショーを持ってきてくれました。

素晴らしい。このスープには一味しかダメだ!とは言わないんだ。
お客さまの嗜好に柔軟に合わせようとする態度が素晴らしい。

スープを飲んでみる。

ぐわぁ~、なんだぁ~(@_@;)

鰹節の香りの和風味がドバァーと口の中に広がってきます。
それにしても、このトロッとした濃厚さは何なんだ!
トンコツ系?鶏系?何なんだろう?

麺はふつうのストレート麺ですが、濃い目の味のスープに負けない
しっかりとした感じの麺です。
それに、炙ったチャーシューがとても美味しかったです。



FUNくんお薦めの魚介系スープの「そばの店」&「麺屋いわ田」
どちらも味はもちろん自信を持って美味しいと言えるものでしたが、
ご主人の麺作りの姿勢が素晴らしいと思えたお店でした。(*^_^*)
 

岡山県デーなのに・・・

J2のファジアーノ岡山の第2戦がある今日は「岡山県デー」として、
桃太郎スタジアムでご当地グルメの実演販売や地域特産品の販売
を行い、ホームゲームを盛り上げる応援イベントが開催されました。



スポーツなんぞ興味のない伸太郎、でも、ご当地グルメの実演販売
の文字に敏感に反応して、バイクで駆けつけました。

昨季リーグ第3位のベガルタ仙台とのキックオフは午後4時なのに、
昼過ぎには大勢の人であふれていました。

人だかりの中でもよく目立つ“ももっち”と可愛いコンパニオンさんが
20日から開催される“緑化フェア”のPRをしていたので“パチリ!”

ご当地グルメのテントの一番手前には「カキオコのタマちゃん」です。
相変わらず長い列ができていました。



え?・・・おや、おや・・・

タマちゃんの向こうに、もっと長い行列ができていますよ。

「カキオコ」の隣は「笠岡屋台ラーメン」です。そこそこ並んでいます。
その隣は「新見いのししラーメン」です。全く並んでいません。
そして、その隣がすごい行列になっています。

その列の先は・・・



おぉ~、津山名物の「ホルモンうどん」ではないですか!!

昨年11月のB級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」に出場し、
一躍、全国区的に有名になった「ホルモンうどん」です。

さすがにマスコミのパワーはすごいですねぇ~



ミーハーな伸太郎はいそいそと最後尾に並びました。

「ホルモンうどん」を作っているのを見ていると・・・
まず、よく焼けた鉄板の上にうどんを8玉ぐらいポ~ンと乗せて、
ざるの中のホルモンをドバァ、ジュワ~と鉄板で焼きます。
そして、玉ねぎとネギを無造作にバラマキながら焼き、
焼肉のタレをドボドボっとぶっかけてさらに焼きます。



ホルモンと野菜とうどんと混ぜ合わせ、焼肉のたれをドボドボ・・・
金ヘラでひっくり返しながら混ぜ合わせ、さらにたれをドボドボ・・・
広げたりすくったりしながら混ぜ合わせ、さらにたれをドボドボ・・・

湯気とともに焼肉のタレの匂いが食欲をそそります。(^u^)
時間にして約10分くらいで8人前が出来上がりました。

今日はこうして何人分の「ホルモンうどん」を焼くのだろう・・・
ご主人の左腕のテーピングが痛々しいです。(>_<)

とにかく伸太郎は「ホルモンうどん」をゲットしました。



「ホルモンうどん」を買っている間に入場口に人が並び始めました。
もうすぐ入場できるようです。
今日は何人のサポーターたちが応援するのだろう。
僕は一度もサッカー観戦をしたことがありません。
ビール片手にのんびり応援・・・なんて、できそうもないからです。

ファジアーノ岡山を盛り上げるための応援イベント「岡山県デー」は、
伸太郎にとっては「初ホルモンうどんデー」でした(*^_^*)
 

2009年3月14日 (土)

本日はホワイトデー

大判焼きを買いに行った「熊山農産物直売センター」!!
ここで、とっても“いいもの”を見つけちゃいましたぁ~(*^_^*)



ご当地熊山の特産物は黒大豆だそうです。

その黒大豆で作ったパンは人気があって、今日は売り切れでした。

僕はとりあえず黒大豆の粉(きな粉)を買うことにしました。

ほかに何かいいものはないかなぁ~と農作物を見ていました。

そして、陳列棚の前で、軽い違和感を感じて立ち止まりました。



何かが僕を引きつけています。

伸太郎は、陳列棚に並べられたある商品を見つめました。

「生キャラメル」とな・・・

そう、確かに「生キャラメル」と書いてあります。



夫人が生キャラメルのプレーン味が食べたいと言ってたなぁ~

そう思いながら「生キャラメル」を手にとりました。

「お客さん、それは1日20個しかできないんですよ。
         この建物の中で、たった一人で作っているんです。」

「じゃあ、ください。」・・・と、思わず買っちゃいました。



とにかく夫人へのホワイトデーのプレゼントをゲットしました。

メッセージシールを作ってフタに貼って準備OKです。

でも、これ、美味しいんだろうか?

12個で650円だから、1個50円もするんだもの美味しいよねぇ~

朝、夫人にあげてから、1個もらおっと・・・(^u^)
 

2009年3月13日 (金)

久しぶりの「ひさ屋」

久しぶりに「ひさ屋」の暖簾をくぐりました。
そこには、ご主人の優しさが溢れんばかりの一杯がありました。



ネットでつらつらラーメン情報を見ていると、「ひさ屋」の名前が・・・

あぁ・・・あのトリガラスープの味が口の中に広がってきます。

「行こう!」思い立ったら吉日です。
小一時間後には「ひさ屋」の暖簾をくぐっていました。



しっかり醤油味なのに、ほんのり甘いトリガラスープの優しいこと・・・
ラーメンにコショーは不可欠ですが、このスープには入れたくないなぁ
この絶妙なバランスが壊れてしまいそうな気がするんです。

それと、見た目は普通の麺なんですが、この麺がいいんです。
スープが麺にからむという感じではなく、麺の中にも味があるんです。
噛めばわかります。



次の予定があるのに、大盛り(650円)を完食です。
どうしても、ここのスープは残せません。

ご主人の「ありがとうございました」「お気をつけて~」の声に送られ
優しい気持で店を出て、伸太郎が向かったのは・・・



熊山農産物直売センターにある大判焼き屋さんです。
後ろに見える高い塔はとなりの赤磐市消防署東出張所です。

実は、ここの大判焼きが少し変わってるらしいんです。

それは・・・



小豆あんの中に白玉団子が入っているんです。

普通は“つぶあん”か“こしあん”がで意見が分かれるのですが、
あんの中に何を入れるのが良いかという新しい論争のタネですね。

確かに噛むとモチっとした感触が新しい気がします。
しかし、あえて言うならば平べったい餅を全体に入れて欲しいなぁ
カスタードの方はやさしい味でした。どちらも100円です。

さすがに「ひさ屋」でラーメンの大盛りを完食したばかりなので、
大判焼き2個はずっしりとお腹にきましたよぉ~(^u^)ゲップゥ
 

2009年3月10日 (火)

博多とんこつ ばり

今日もまたまたラーメンネタです。(^u^)
それも自称ラーメンブロガーのFUNくんと一緒に食べに行きました!



訪れた店は「RAMEN DINING BARI 博多とんこつ ばり」です。
3月6日にオープンしたばかりのピカピカの店です。

気になるラーメンメニューは・・・



博多とんこつと書かれたメニューには6種類のラーメンです。

「始めてきた店では、まず、基本のラーメンを食べなくちゃダメよ」と、
ラーメンブロガーのFUNくんは、ウンチクを語りながら「ばりめん」に。

僕はお勧めメニューの深みまろやか「唐めん」を注文しました。



うん、確かにスープにはコクがあり、薬味の高菜を入れたせいか、
しっかりと味のある美味しいスープでした。

麺は細いのに歯ごたえもある博多ラーメン特有の極細麺です。

そして、そして、なんとこの店は、替え玉ひとつサービスなんですよ。
早速喜んで固めんで替え玉をお願いしました。(^u^)



テーブルの上には香辛料やサービスの薬味類がズラリとあります。
こんなのが博多ラーメンぽくていいですよねぇ~



店に入るとまずカウンター8席があります。テーブルが3席のほか
ビックテーブルと呼ばれる9人掛けの席もありました。

客の頭上にメニューの他になにやら歌詞のようなものがあります。



これは、博多祝い唄といい、おめでたい席はもちろんですが、
色々な集まりの時の締めとして歌われるものだそうです。
なんだか宴会ムードでいいなぁ~と思えちゃいます。

と言うことで、この店は夜は居酒屋に変身するそうです。



単品メニューで日本酒や焼酎を飲み、締めにラーメンを食らう、とな。

僕だったらサービスの高菜だけで何杯でも飲めちゃうゾ~(*^_^*)

店名「RAMEN DINING BARI 」はBARとBARI(ばり)のシャレかも・・・



店の外でも中でもお客さんにすごく愛想をふりまいていた定員さん!
聞けばオーナー店長さんのようです。
店名の「ばり」とは博多弁で「すごい」の意味だと教えてくれました。
岡山弁の「ぼっけえ」と同じですね。

見ているとすごく元気に動き回り、お客さんに話しかけていました。
あなたこそ「ばりばり」です。(*^_^*)
 

2009年3月 9日 (月)

カレー屋マハラジャ

有名店だけど一度も行ったことがない近所のカレー屋「マハラジャ」
この前はお休みだったのでリベンジで行ってみました。



こないだは「無理」って書いてあったすだれが今回は「大丈夫」だ。
「大丈夫」って何が大丈夫なんだろう・・・と思いながら中へ・・・



とっても広そうな店内です。
「お待ちくださいご案内します」の看板の前で待つ・・・

思えば4年くらい前に、岡山市内から移転したカレー屋「マハラジャ」
気にはなっていたんですけど、カレーはわが家のカレーが一番だと
頑なに思っているお子ちゃまなもので、今回が初めての来店です。

汗っかきの僕は暑い時期に汗だくになって食べるカレーは苦手です。
今回は夏になる前に一度行ってみようと思い立った訳です。



店内は天井が高く、広々として、席数も結構あります。
でも、案内役の店員さんがひとりのため、待っている客がいるのに
なかなか、お客さんを席に誘導しません。

席についても、すぐにカレーができないから一緒なんですが・・・

それぞれ机の上にはパズルみたいなものが置いてあります。



ふぅ~ん、時間つぶしにこれを組み立てればいいんですね。

パズルに悪戦苦闘すること30分・・・カレーが運ばれてきました。
僕は当店の看板カレーの牛スジ肉カレーで辛さは普通にしました。
夫人は人気ナンバーワンの骨付きチキンカレーにしました。



全品ミニサラダ付きで、カレールーとご飯が別皿で来ました。
ご飯は「少なめ、普通、多め」が選べ、玄米ご飯も料金は同じです。
僕は多めで玄米とご飯を半々にしてもらいました。

ちなみに大盛りはプラス100円ですが、木曜日だけ完食が条件で、
大盛りサービスとなっています。

店員さんは「少しずつカレーをかけて召し上がってください」なんて
言っていたんだけど、絵的にはルーをかけた方がいいかなぁ~って
思って全部かけてしまいました。



カレールーの入っていた皿にはローリエの葉と唐辛子が残りました。

う~ん、これは辛い予感がする。

最初の内は辛さはそれほどでもないなぁ~と思っていたんですが、
食べ進むうちに、坊主頭の中に汗が流れてきました。
やっぱり辛いです。

普通でこれくらいなら、辛口、激辛はどんな辛さなんでしょう。



全品アイスクリームも付いています。
これで700円ならお安いんじゃないのでしょうか。

しかし、わが家のカレーが一番美味しいと思っているお子ちゃまは、
これからもお店でカレーを食べることは滅多にないでしょうね。



店の前のセブンイレブンの駐車場から撮りました。
絶対、カレー屋だとは思えませんよねぇ~、普通の民家ですよ。
辛いカレーがお好みの方は一度ご賞味ください。
 

2009年3月 8日 (日)

麺屋いわ田

行ってきました「麺屋いわ田」。食べてきました「豚骨魚介醤油」。
FUNくん超オススメの「中華そば」!お味の方はいかにいかに・・・



こってり系スープに中太麺の「中華そば」大盛り270g780円です。

ひとくちスープをいただく!!!

なんだぁ~これはぁ~(@_@;)

豚の大群とかつお節の大群が、まさに口中でぶつかり合っています。

それにこの麺は一体なんなのでしょう!
なんと見た目が半透明で、弾力と噛み応えのある麺です。

スープも麺も今まで食べたことのないものです。
伸太郎は開けてはいけない禁断の扉を開けてしまった感じがします。



メニューも4種類に増えています。さらに、トッピングもあります。
チャーシュー丼や玉子ごはんなどもあるようです。
入口に自動販売機がセットされています。



きちんと整理整頓された什器の上に「一杯入魂」の文字

写真を撮らせてと言うと、わざわざ横に逃げてくれました。
さらに、「ネットで拾った文字なんですよ」と説明までしてくれました。
自分で書いたって言えばいいのに、本当に正直な大将です。

常連さんに「今日はほんの少し塩味を控えめにしているんです。」と
味の説明をしている大将、本当に良い方のようです。



表町にある超有名店「だてそば」の隣に店を出しています。(すごい)
ぜひ、ご賞味ください。おどろきの味です。(^u^)
 

2009年3月 7日 (土)

生活支援員研修

昨日の午後は生活支援員の研修会がありました。
「認知症の方への接し方」という講演もあり、とても参考になりました。



地域に住まわれている認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など
判断能力が不十分な方が、自立した安心した生活をおくれるために、
地域福祉権利擁護事業というものがあります。

内容は福祉サービスの利用に関する情報提供、助言、手続の援助、
利用料の支払い等、福祉サービスにおける適切な利用のための
一連の援助を行なうものです。

例えば
 ・福祉サービスを利用したいけど、手続きの仕方がわからない・・・
 ・銀行に行ってお金をおろしたいけど、自信がない・・・
 ・訪問販売が来たとき、どう対応していいかわからない・・・

など、日々の生活をする上で困っている方をお手伝いする事業です。

利用料は有料で、地域の社会福祉協議会が行っております。
そして、直接、利用者さんと関わる人が生活支援員です。

現在伸太郎は勉強中です。色々と難しい問題がありそうです。
地域で安心した生活をおくることは誰もが簡単に出来ているようで
そうでもないこともあります。

特にハンディを抱えた人達にとっては、普通に暮らすということは
ささやかな望みなのに、とても大変なことです。

色々なことを経験してお役にたてるようになりたいと思います。
 

映画オーストラリア

夜は倉敷MOVIXまで映画「オーストラリア」を観に行きました。
久しぶりのレイトショーだったので映画館を出たのは24時でした。



“壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語”という
ふれこみですが、オーストラリアの原住民アボリジニへの人種差別や
日本軍との戦争、自然と人間の共存、自分自身の変化などなど、
見どころ満載の映画でした。

映画『ロミオ&ジュリエット』や『ムーラン・ルージュ』を手がけた監督の
バズ・ラーマンのこだわりも多く、主要なキャストをオーストラリア人で
固めています。

『Ⅹ-メン』で拳からツメが出るヒュー・ジャックマンは知っていたけど、
ニコール・キッドマンもオーストラリア人だったんですね。

映画はキング・ジョージという呪術師がオーストラリア大地そのもので、
白人とアボリジニの混血の孫のナラがアボリジニと白人の架け橋で、
ナラの父親は悪い白人の象徴として表現しているのだと思いました。

主演のふたりは善良な人間だけど、過去の古いしきたりやこだわりに
とらわれるのではなく、お互い変わらなければ共存できないという事を
表現しているのだと思います。

特に映画の最終場面でキング・ジョージが孫のナラを迎え入れる時に、
「おかえり私の国へ」と言い、さらに「おかえり私たちの国へ」と、
言い直したセリフが全てを表していたと思います。

それは、自然を頑なに守ってきた原住民アボリジニを自然保護主義、
人類の発展という名目で金儲けや戦争をする白人を自然破壊主義、
という相対するものとして表現し、しかし、お互いが古い考えを捨て、
変化をしながら共存する道を探れば、オーストラリア(自然)は
人類を受け入れるよ、っていうメッセージだと思いました。

それにしても、日本軍がオーストラリアにまで戦争を仕掛けたのを
映画で見ると辛いものがありますね。
オーストラリア旅行に行けないなぁ~(>_<)
 

2009年3月 5日 (木)

バードカービング

アスエコ(環境学習センター)で、バードカービング展を開催中です。
何?それ?って方は一度見に行ってください。すごいですよ!



これなんです。これ、木を削って作った鳥なんです。
羽毛の一本一本まで細かく削って作っています。

バード=鳥、カービング=彫刻、つまり鳥の彫刻のことです。

もともとは、17世紀ごろカルガモを捕まえようとする時に、
オトリとして鳥に似たものを置いたことから始まっているそうです。

現在は装飾品として楽しまれています。



鳥の彫刻そのものの出来栄えも素晴らしいですが、
木や枝にとまっているその姿が自然の雰囲気を感じさせます。

岡山にはふたつの教室があり、その作品が展示されています。



自然の中にいる野鳥を捕まえることは禁じられていますが、
自分で作って、部屋に飾れば、とっても安らぐ気がします。



どの作品もとても素人さんが作ったとは思えないものばかりです。

作り方の説明もありますので、興味がある方はアスエコへどうぞ!

3月14日の土曜日まで開催しています。もちろん無料で~す。

アスエコの場所についてはここを見てください。
 http://www.kankyo.or.jp/koueki/gakushu_center/
 
おっと、ベランダに来るすずめたちに餌をあげなくっちゃ(^-^)
 

2009年3月 4日 (水)

ラーメンストリート

イトーヨーカドーのすぐ北側で、市役所筋から西へ入った所に、
岡山ラーメンストリートと呼ばれている通りがあります。

まず、一軒目は



「長浜ラーメン山がさ」があります。(車は東向き一方通行です)

二軒目は、



炙りチャーシューが自慢の「ぶんぶく堂」です。

三軒目は



すぐ隣にある、「らーめん誠家(せいや)」です。

四軒目は



月曜日に開店したばかりの「三方らーめんおお田」です。

五軒目は



これまたすぐ隣にある「ラーメン大吉」です。

六軒目は



ワンコイン(500円)ラーメンのある昔ながらの味「つぼ屋」です。

そして七軒目に



岡山弁の“すごい”を意味する「ぼっけえラーメン」があります。

ほんの短い距離に七軒ものラーメン店が味を競い合っています。
まさしく、岡山ラーメンストリートです。

今日は開店祝の花が飾られた「三方らーめん」に入ってみました。

三方らーめんの三方とは、近江商人の家訓としてよく知られている、
「買い手良し、世間良し、売り手良し」の「三方良し」からとったようで、
「作ってよし、食べてよし、みんなよし」だそうです。

店に入ると洋食のコック服を着たご主人が厨房に居ました。
店内の雰囲気もラーメン屋というよりはオシャレなレストランです。
カウンター6席と4つのテーブル席は満席なのに・・・とても静かです。

注文して・・・5分経過、
             そして・・・10分経過、
                         おいおい・・・20分経過、



待つこと、いえ、待たされること30分でようやくラーメンがきました。
醤油らーめん(600円)です。器もどことなく洋風ぽいです。

まだ、慣れていないからか、洋食っぽくわざと遅くしているのか、
とにかく、30分待ちでイライラしてしまいました。

スープの味もどことなく洋風ぽいです。(しょうゆなのに・・・)
それに、とってもぬるいです。
麺はなぜか細いちぢれ麺で、インスタントラーメンの麺みたいです。



セットの丼もんは「ちゃー玉」(250円)を注文しました。
ご飯に温泉たまごみたいなものとチャーシューが乗っています。
アイデアはとても良いです。だってたまごかけご飯になるもの・・・
・・・と思ったものの、ご飯が冷えていて混ぜても美味しくないです。

やっぱり、ラーメン屋は活気がなくちゃあ美味しくないと思います。

次に通った時にも営業しているのだろうか心配です。(;一_一)
せっかく、(ラッキー)七軒目に開店したのに・・・ 
場所が東から西へ四軒目だからやばいのかも・・・
 

2009年3月 2日 (月)

高所恐怖症体験ツアー

本四高速(本州四国連絡高速道路株式会社)のホームページを見ると
とっても珍しくて怖そうなイベントの参加者募集がありました。



       「瀬戸大橋スカイツアー」参加者大募集

北備讃瀬戸大橋の塔頂(海面より175mの高さ)を体験する、そうな・・・
 ①与島PA 北備讃瀬戸大橋1Aアンカレイジ(橋大)へ
 ②JR瀬戸大橋線の横の管理路で北備讃瀬戸大橋2P主塔へ
 ③塔内のエレベーターで塔頂(175m)へ

詳しい内容についてはこちらを見てね!
 http://www.jb-honshi.co.jp/press/090205press-1.html

これは、これは・・・(^0_0^)もちろん応募してみます。(4月25日)

続いて・・・



  しまなみ海道開通10周年記念春の登頂体験ツアー参加者募集

 世界最大級の斜張橋「多々羅大橋」または、世界初の三連吊橋「来島
 海峡大橋」の塔頂に上り、一般の方が普段立ち入ることができない、
 橋の主塔の中や瀬戸内の島々の景色を楽しむ、とな・・・

詳しい内容についてはこちらを見てね!
 http://www.jb-honshi.co.jp/press/090224press-2.html

これは、これは・・・(^0_0^)もちろん応募してみます。(5月23日)

たまにはお堅い会社のホームページも見てみるもんだね(*^_^*)
 

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »