« 博多とんこつ ばり | トップページ | 本日はホワイトデー »

2009年3月13日 (金)

久しぶりの「ひさ屋」

久しぶりに「ひさ屋」の暖簾をくぐりました。
そこには、ご主人の優しさが溢れんばかりの一杯がありました。



ネットでつらつらラーメン情報を見ていると、「ひさ屋」の名前が・・・

あぁ・・・あのトリガラスープの味が口の中に広がってきます。

「行こう!」思い立ったら吉日です。
小一時間後には「ひさ屋」の暖簾をくぐっていました。



しっかり醤油味なのに、ほんのり甘いトリガラスープの優しいこと・・・
ラーメンにコショーは不可欠ですが、このスープには入れたくないなぁ
この絶妙なバランスが壊れてしまいそうな気がするんです。

それと、見た目は普通の麺なんですが、この麺がいいんです。
スープが麺にからむという感じではなく、麺の中にも味があるんです。
噛めばわかります。



次の予定があるのに、大盛り(650円)を完食です。
どうしても、ここのスープは残せません。

ご主人の「ありがとうございました」「お気をつけて~」の声に送られ
優しい気持で店を出て、伸太郎が向かったのは・・・



熊山農産物直売センターにある大判焼き屋さんです。
後ろに見える高い塔はとなりの赤磐市消防署東出張所です。

実は、ここの大判焼きが少し変わってるらしいんです。

それは・・・



小豆あんの中に白玉団子が入っているんです。

普通は“つぶあん”か“こしあん”がで意見が分かれるのですが、
あんの中に何を入れるのが良いかという新しい論争のタネですね。

確かに噛むとモチっとした感触が新しい気がします。
しかし、あえて言うならば平べったい餅を全体に入れて欲しいなぁ
カスタードの方はやさしい味でした。どちらも100円です。

さすがに「ひさ屋」でラーメンの大盛りを完食したばかりなので、
大判焼き2個はずっしりとお腹にきましたよぉ~(^u^)ゲップゥ
 

« 博多とんこつ ばり | トップページ | 本日はホワイトデー »

コメント

伸太郎さん見事な食べっぷりです感心感心大判焼きに餅が入ってるのは、はじめてみました倉敷の「たい焼き」と「木村家のたい焼き」には、餅が入っていましたね倉敷のえびす饅頭(小判焼き・チョット小ぶりなので)は、1個75円ですでも、マル「ぶ」よりは、はるかに美味いそうそう、農マル園芸にも「生キャラメル」売っていましたよFUNくん、情報ありませんか最近出来たか、近日中にオープン・・?お米パンの店・・大元近くにって

お米のパンの店は、多分ですけど・・・一昨日OPENしたんじゃないでしょうか?お米のパンだともっちもちなんでしょうねぇ~。

どの辺りか、判りますか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの「ひさ屋」:

« 博多とんこつ ばり | トップページ | 本日はホワイトデー »