« 映画オーストラリア | トップページ | 麺屋いわ田 »

2009年3月 7日 (土)

生活支援員研修

昨日の午後は生活支援員の研修会がありました。
「認知症の方への接し方」という講演もあり、とても参考になりました。



地域に住まわれている認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など
判断能力が不十分な方が、自立した安心した生活をおくれるために、
地域福祉権利擁護事業というものがあります。

内容は福祉サービスの利用に関する情報提供、助言、手続の援助、
利用料の支払い等、福祉サービスにおける適切な利用のための
一連の援助を行なうものです。

例えば
 ・福祉サービスを利用したいけど、手続きの仕方がわからない・・・
 ・銀行に行ってお金をおろしたいけど、自信がない・・・
 ・訪問販売が来たとき、どう対応していいかわからない・・・

など、日々の生活をする上で困っている方をお手伝いする事業です。

利用料は有料で、地域の社会福祉協議会が行っております。
そして、直接、利用者さんと関わる人が生活支援員です。

現在伸太郎は勉強中です。色々と難しい問題がありそうです。
地域で安心した生活をおくることは誰もが簡単に出来ているようで
そうでもないこともあります。

特にハンディを抱えた人達にとっては、普通に暮らすということは
ささやかな望みなのに、とても大変なことです。

色々なことを経験してお役にたてるようになりたいと思います。
 

« 映画オーストラリア | トップページ | 麺屋いわ田 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活支援員研修:

« 映画オーストラリア | トップページ | 麺屋いわ田 »