« がいせん桜 | トップページ | 信じることの大切さは »

2009年4月15日 (水)

青春時代のマイソングをUPしています。どうぞ聴いてみてください。
伸太郎が生まれて初めて作った歌で「希」です。



僕の母方のいとこに、みよちゃんというお姉ちゃんがいます。
そのみよちゃんが何かに詩を書いて、僕が勝手に曲を付けました。

高校一年生の頃だと思います。

みよちゃんは就職を機にしばらく僕の家に一緒に住んでいました。
兄弟のいない僕にとってはとても嬉しいことでした。

名古屋で生まれた僕は小学生の夏休みには岡山に遊びに来てて、
その時からよく可愛がってもらっていました。

高校生の僕にとってひとつ屋根の下で急に若い女性と暮らすことは
少しドキドキしていたと思うのですが・・・記憶がありません。
男勝りの姉ちゃんだったからかもしれませんね。

そんなみよちゃんが彼氏を家に連れてきた日をよく覚えています。
親代わりみたいな僕の両親に彼氏が挨拶をしていました。
ものすごい緊張感が漂っていたことを記憶しています。

みよちゃんはその彼と結婚し、彼は今年警察を定年退職しました。
歳月が経つのは早いものですねぇ~
高校生だった伸太郎がもう52才のお爺さんですもの(*^_^*)

 


         希


 
   
E      A  C   G
    
あったかな陽ざし  快いそよ風

   E  A   E A      C  G D
    
野の草花が  私に  語りかけるような


   Gm
  Cm F  G     F G
    
みんな春のような あったかな 心

   E  A  E   A
    
なんにも  へだたりのない

   
E  A  E A C G D
    
なんにも  飾り気のない

   
Gm  Cm  F G  F    G
    
そんな自然な心を 私は 持ちたい

 
               (作詞みよちゃん 作曲伸太郎)

« がいせん桜 | トップページ | 信じることの大切さは »

青春の詩」カテゴリの記事

コメント

ステレオで聞かせていただきました素敵な曲ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がいせん桜 | トップページ | 信じることの大切さは »