« 秋空と落し物と蚊柱 | トップページ | 床掃除日和 »

2009年10月17日 (土)

環境施設見学会


昨日はアスエコ主催の工場見学に参加しました。

見学先は三菱自動車と中国電力水島発電所とBDF岡山です。



三菱自動車工業水島製作所に着き、PRセンターに入ると、

今、話題の車「アイミーブ」が展示されていました。

世界で初めて量産化されている電気自動車です。

家庭用電源100Vで14時間、200Vで7時間でフル充電され、

約160km走行することができます。

電気モーターなので音が静かで排気ガスが全く出ませ~ん。

でも、値段が高すぎて手も出ませ~ん\(^o^)/



説明会場に入るとパンフレットと記念品の帽子が置かれていました。

伸太郎は帽子が全く似合わないので、爺さまに差し上げましょう。

水島製作所の概要説明の後、「アイミーブ」の組立工場見学です。

残念ながら、写真撮影禁止だそうで現場をお見せできませんが、

いわゆるハイテクロボットによる流れ作業的な組立ではなく、

一台一台手作業による組み立てでした。\(◎o◎)/!

今年度は2,000台の生産予定だそうです。

なんで、もっとぎょーさん(たくさん)作らんのかねぇ~(?_?)


次に玉島に向かい良寛荘で昼食です。



今回はご覧の派手なファジアーノ応援バスで見学です。

行く先々で通行人やすれ違う車の運転手に凝視されましたよ。

サッカー応援ツアーでもないのに、少し恥ずかしかったです(●^o^●)



続いては中国電力水島発電所の見学です。

PRホールで概要と環境対策の説明を受け施設見学です。

4月に1号機がガスタービンと蒸気タービンの2重発電に改良され、

熱効率が大きく向上しており、参加者の関心を集めていました。


見学後には中電社員がたじろぐほどの厳しい質問もありましたが、

なごやかなムードでの質疑応答がありました。\(^o^)/



その次に向かったのはバイオディーゼル岡山という会社です。

初めて聞いた名前ですが、「BDF」と言えは、ああ~って思うでしょ!

そう、天ぷら油を回収してディーゼル車の燃料を作っているんです。

工場は(旧)同和鉱業の敷地内にある小さな建屋でした。(@_@;)



ここで、年間1,200KLのBDF燃料が作られるそうです。

岡山市と協力体制のもと、一般家庭や飲食店などから使用済みの

天ぷら油を回収してBDFを製造しています。

BDFは岡山市のゴミ収集車の燃料として使われているそうです。


中国電力では懐かしい同僚にも会うことができ楽しい見学会でした。
 

« 秋空と落し物と蚊柱 | トップページ | 床掃除日和 »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

>今、話題の車「アイミーブ」・・・・>でも、値段が高すぎて手も・・・・ホント高いよねー4599000円だっけ、国の補助金1390000円とエコカー減税を受けても・・・・バッテリーの劣化を考えると手が出ないね

「アイミーブ」月額60000円の5年リースも出るみたい・・・・・これなら・・・かな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1877790/51033945

この記事へのトラックバック一覧です: 環境施設見学会:

« 秋空と落し物と蚊柱 | トップページ | 床掃除日和 »