« 民生委員全体会議 | トップページ | 商品券もらえた(*^_^*) »

2011年12月15日 (木)

JR西日本への小言



今日の山陽新聞の「ちまた」欄に伸太郎の投稿が載りました(・。・;

それは12月10日にJR津山線の列車が遅延した件です

伸太郎はサラリーマン時代には苦情処理担当だっただけに

今回のJR西日本の担当者の対応にはさすがに腹が立ちました

「ちまた」では数行削除されていましたが全文はこれです



 私は12月10日(土)に発生した列車遅延によるJR西日
本の対応と今後の対策について回答を求めます。

私はいつもJR津山線の野々口駅(無人)を利用しています。
その日も駅に向かうと午前9時9分発の列車が遅れていました。
私は携帯電話のネットで調べ「車両空転で30分程度の遅れが
生じている」との記載があったので暫く待つことにしました。
 また、情報を知らないお年寄りから聞かれ遅れていることを
教えてあげました。

 暫く待ち快速列車がホームに停車したので、皆さんが乗り込
もうとすると「この列車は通過列車なので乗せられない」との
こと、停車したのだから乗せてくれるようにたのむと「私の権
限ではできない」と言い、すれ違い列車を待ち発車してしまい
ました。


 私は詳しい情報を得るために岡山駅に電話をしました。
そこで、私が乗る予定の列車は運転取り止めになったことを知
らされたので、なぜ野々口駅に待つ乗客に知らせてくれないの
かと尋ねると、「私は関係機関には連絡した」と責任逃れの発
言に終始しました。
 電話を切り待っている乗客の皆さんにこの情報を伝えると、
皆さんは慌てて駅を出たりタクシーを呼んだりしていました。


 私はJR西日本の効率化により無人駅になった駅はサービス
低下になったが、国民の足である列車存続のためには仕方がな
いと考えています。
 しかし、今回のように大幅に列車が遅れたり運転を取り止め
たりする場合は何らかの方法で駅に待つ乗客に知らせるべきで
はないかと思います。放送設備を設置するとか臨時に職員を派
遣するとかいくらでも方法はあるはずです。

 
「安心」「信頼」していただくために・・・、JR西日本の
ホームページを開くと、あの痛ましい福知山線列車事故を教訓
にした今後の決意が表明されています。
 
しかし、今回の乗客を無視した対応では「安心」も「信頼」
も得られるはずはありません。

以上が投稿の全文です。


線路の凍結による列車空転のための遅延は仕方がありません
しかし、駅で待っている乗客に全く何も連絡せずにおいて
こちらが聞くと「関係機関に・・・」はないでしょう(--〆)

さて、JR西日本からの回答はあるのでしょうか?

« 民生委員全体会議 | トップページ | 商品券もらえた(*^_^*) »

日記」カテゴリの記事

コメント

伸太郎さんが書かれていることに賛同します。私もクレームと直結している仕事柄、今回のJRの対応には怒りますね。クレームが発生した場合、初期の対応が重要です。無人駅の場合、近隣の有人駅から連絡要員を派遣するか、一番早くその駅に到着する列車が対応するのが普通でしょうね。これは、民間会社では当たり前ですが、それが出来ないJRは、やはりお役所体質から未だに脱却していませんね。残念ながら・・・

今日のちまた欄に載っていた文章とかなりかけ離れた原文に、驚き、腹をたてて当然と同感(`Δ´)ちまた欄の投稿も年寄りなら全文を載せる(゜゜;)\(- -;)んだけどね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本への小言:

« 民生委員全体会議 | トップページ | 商品券もらえた(*^_^*) »