« 爺さまの供養旅⑤ | トップページ | 林静一展 »

2012年10月23日 (火)

爺さまの供養旅(最終)

松江でのミッションを終えた3人組が次に向かったのは・・・

夢みなと公園内にある「境港さかなセンター」

そう、ここでも山陰土産の新鮮魚介を買い込むようだ

 

おっと、その前にちょうどお昼御飯だよ~

お隣の「市場食堂」に入った(^0_0^)

 

境港で水揚げされた新鮮な魚の定食類が数多くあるが、

魚が苦手な伸太郎が選んだのは「巴定食」

ウニ・いくら・甘海老をわさび醤油で食べるシンプルな丼ぶりもの

 

隣の席では小学生がネタがシャリの3倍はある握り寿司をガブリ!

僕は子供の頃は焼いたアジばっかりだったからなぁ~(・へ・)

 

食べ終えると、すぐにさかなセンターに戻り、早速物色を始める

威勢の良いお兄ちゃんたちにあれこれ言われながらの買い物

「これとこれを買ってくれたら、こんだけにするよぉ~」(^○^)

定価なんてあってないようなもんだね

 

その次は、ご存じ「お菓子の壽城」へ(^u^)

ここでは、何も買わなかったけど、試食はたっぷりと頂いた

とち餅の半分を試食させてくれるオッチャンは相変わらず元気だ

色々と試食し2階に上がり・・・

 

鬼太郎グッズを眺めて・・・何も買わず

おやつをいただき、トイレ休憩できる「お菓子の壽城」は最高だね

 

米子ICから帰路に着くやいなや「孫のおもちゃを買っていない」

と夫人がのたまうので、「ヒルゼン高原センター」へ向かうことに

 

孫のお土産におもちゃを買い、のんびり一般道で帰ることにした

 

しかし、僕のゴリラナビくんは変な道ばかり走らそうとするので、

しばらく走り、湯原ICから米子道に乗った(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

今回は婆さまの普通車でのドライブなのでETCが付いてなく

土・日曜日のETC割引がないから、ものすごく損した気分だ

 

総社ICから空港経由でわが町に着くと、早速お土産を配り

「爺さまの供養旅」の最後の晩餐に向かうヽ(^o^)丿

 

このマスコットでお分かりの方は・・・

 

ご近所の方でしょうね(#^.^#)

 

「活魚廻転寿司いわ栄津高店」へ入った(^0_0^)

 

まず、ゲソのフライを注文する

出てくるまでに時間がかかったが、できたて熱々のゲソは旨かった

 

いつもは寿司以外で生ビールを飲むのだけど、

ゲソフライが遅いので、えびの炙りものを肴に飲んでしまった

この店は炙りものメニューが多く

生魚が苦手な伸太郎には好都合だね(^u^)

 

生ビールの2杯目と同時にから揚げも注文する

そして、またまた炙りもの

真ん中のサーモンは夫人に差し上げる

 

から揚げは意外に早く来たが、これも熱々で美味しかった

 

しかし、残念ながら居酒屋メニューが少なく、

呑兵衛の伸太郎には物足らない感じだ

 

次もやっぱり炙りもの

せっかく活魚廻転寿司となっているのに、伸太郎には関係ないね

 

ところで、回転寿司の回転がなぜ廻転なのか・・・(・_・)

店に入っても答えは見つからなかった

 

最後まで、生きの良い魚には手を出さずご馳走様(^u^)

 

伸太郎が思うに、回るにえんにょうを付ける廻るの意味は

回りながら前に進むという意味があるんじゃないか、と思った

店の発展もそうありたいと願っているんじゃないかな?

 

帰ってお土産の一部を並べて記念撮影\(◎o◎)/!

 

これで「爺さまの供養旅」が終わった

なぜ、今回の旅が供養旅なのか

 

それは、爺さまが逝って後期高齢者の保険証を役場に返すと

“葬祭費”という名目で5万円の給付金があった

そのお金で今回の旅行は実施されたからだ

帰ってから計算すると・・・

なんと、総額49,741円なり\(◎o◎)/!(ガソリンと土産は除く)

 

食事のたびに「爺さまありがとう」と手を合わせて頂いた

そして、「安らかにお休みください」と・・・(-.-)

 

« 爺さまの供養旅⑤ | トップページ | 林静一展 »

ファミリー」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。私も親父が逝って兄弟家族一同で道後温泉に行ったことを思い出しました。親父が逝って、何年になるのかも分からない親不孝な私ですが、時々親父の事を思い出しては懐かしんでおります。亡き父にとって、こうして時々思い出してあげることが本当の供養なんだと感じている今日この頃であります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 爺さまの供養旅⑤ | トップページ | 林静一展 »