« 釜揚げうどん一休さん | トップページ | 帯祝い »

2013年3月 8日 (金)

町並み雛めぐり

暖かなというより暑いぐらいの陽気に誘われて夫人とドライブ

向かった先は「陣屋町足守 町並み雛めぐり」\(^o^)/

 

3月3日から4月3日まで“足守歴史ふれあい通り”周辺に

様々なお雛様が飾られて、無料で開放展示されている

 

旧足守商家の「藤田千年治」にたくさんの雛飾りがあった

ここは醤油づくりをしていた商家で江戸時代末の建物らしい

 

たくさんの雛飾りの中で、特に目をひいたお雛様は・・・

 

“慶応2年頃”・・・と書かれていた\(◎o◎)/!

 

“慶応”?って言われてもピンとこない伸太郎はネットで調べると

西暦1866年で、薩長連合の盟約が成立したのが1月で、

坂本龍馬が襲撃された“寺田屋騒動”があった年だそうだ

 

へぇ~(@_@)だね

 

他にも

 

こ~んな立派な御殿の中にかしこまっているお雛様や

 

現在と変わらぬ立派な雛飾りなど、たくさんのお雛様に出会えた

 

「備中足守まちなみ館」や「足守プラザ」などでも展示されている

 

その後、「近水園」内にある「吟風閣」へ向かっている途中で

 

「足守小学校」で学生力士と児童たちが遊んでいる姿も見えた

微笑ましい光景だね(#^.^#)

 

伸太郎がいつも疑問に思っているのは男雛と女雛の位置

向かって左に男雛が座るのが普通だと思っていたけど、

時々、男雛が右の雛飾りを見ることがある

 

結論は・・・どちらでもいいらしいφ(..)メモメモ

 

京都など古い土地柄では男雛が向かって右の古式に

昭和天皇のご即位の方式にならった逆の現代式とあるそうだ

 

へぇ~(@_@)でしょ

 

« 釜揚げうどん一休さん | トップページ | 帯祝い »

岡山散歩」カテゴリの記事

コメント

へぇー!そうなんだ、勉強になりました(⌒∇⌒)ノ"

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 釜揚げうどん一休さん | トップページ | 帯祝い »