« 関西地域大会に参加 | トップページ | 道頓堀でパチリ »

2013年7月25日 (木)

なにわ探検クルーズ

20130724

大阪観光の決定版!・・・とチラシに書いてある

「落語家と行く なにわ探検クルーズ」に乗船してみた

乗船料は3,000円で、お弁当が1,500円、そして飲み放題が1,000円

夏の納涼キャンペーンで飲み放題が500円にしてくれた\(^o^)/

水の都大阪の川と景色を90分かけてめぐるナイトクルーズだ

なにわ(笑)ともかく生ビール飲み放題なので嬉し~い

20130724_3

今回、軽妙なトークで案内をしてくれたのは“桂ちょうば”さん

名前からお分かりの通り、“桂ざこば”さんの弟子だそうだ

さすがに弟子とはいえ、落語家さんだけあって盛り上げるのが上手かったね


僕もアルコールが入れば、すぐにお笑いスイッチが入るよ


20130724_4

わざわざ「割烹むろ多」の名前入りの“太閤弁当”

まあ、酒の肴にはちょうどいいくらいだね

プラスチックカップだけど、生ビールはよく冷えていて美味しかった

おかわり、おかわり、おかわり・・・と3杯いただいた


持ってきてくれるのは


20130724_5

“桂ちょうば”さんいわく、目力の強い店員さん(#^.^#)

他のお客さんも呑むほどに調子が上がり、店員さんを呼んでいた



20130724_9

船内はこんな感じで、グループで向かい合って座れたりして40人くらいが座れる

この日は半分くらいしか乗っていなかったけど、お酒の注文にはちょうど良かった

落語家さんの話を聞きながら、のんびりと対岸の景色を眺めてゆく(・o・)



今回、初めて見て、びっくりしたのがこれだ!!!


20130724_6

道頓堀川は人工の川で、水位を調節するために水門が付いているんだって!

こんな水門が道頓堀川と自然の川の間に設置されている。

そして、それぞれ水門は前後2ヶ所あり、船が水門の間に入ると、

もう一方を開閉して、自然の川との水位を調整しているのだ


“桂ちょうば”さんに、この水門を見るだけでも3,000円の価値があるねと言うと、

「もう、見はったからここで降りて」・・・って突っ込まれた(笑)



20130724_7

ライトアップされた夜の景色を眺めるのがナイトクルーズの醍醐味だ

遠くに見える大阪城とその上の雲に見え隠れする月とのコラボレーションもグー



この景色も3,000円の価値があるけど、僕は6,000円も払いませんよ

・・・って突っ込まれないように言ったら、“桂ちょうば”さんは笑っていたヽ(^。^)ノ



20130724_10

最後は落語家さんと記念写真をして楽しいクルージングは終わった

なんか僕は、酒酔いなのか?船酔いなのか?

目の焦点が定まってないなぁ┐(´д`)┌ヤレヤレ


次回は夫人と一緒に乗船しようっと(●^o^●)

« 関西地域大会に参加 | トップページ | 道頓堀でパチリ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

やはり師匠はスゴイっsign03

ひとりでもこんなクルーズに物怖じせず参加出来るのが
私は本当に羨ましい。

私なら道端から見てるだけじゃわ・・・weep

そうなん・・・?

単に観光おじさんなだけですけど・・・

ただ、胡散臭いお姉ちゃんの写真を撮っていたら、

もっと胡散臭いお兄ちゃんにからまれたヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

テキトーにごまかしたけどねι(´Д`υ)アセアセ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西地域大会に参加 | トップページ | 道頓堀でパチリ »