« 乾電池ボックスの改良 | トップページ | プリン体“0”戦争勃発っー! »

2014年9月 6日 (土)

電球の試作

20140906


“エジソンの電球”実験の電球を試作しました(*^_^*)


今まではみのむしクリップをガラス瓶内に吊るしていましたが、

試作品はコルクのフタにヘアピンを貫通させてみました

これならば、シャープペンの芯の取り付けが簡単です\(^o^)/


では、さっそく9ボルトの電気を流してみます


20140906_2


いきなり、わぁーと明るくなり始めました



20140906_3


ほんの数秒でかなり明るくなり



20140906_4


30秒後にはぴかぁーと光ってシャープペンの芯が切れました


なるほど、なるほど・・・(・。・;

この試作品の実験で次の課題が見つかりました

 ・6ボルトでは芯が切れるまで発光しないこと

 ・数回の実験で電池がかなり消耗してしまうこと

 ・ヘアピンの長さが短いので見にくいこと

 ・ヘアピンがかなり熱くなること


よーし、なんとか工夫するゾー(●^o^●)



« 乾電池ボックスの改良 | トップページ | プリン体“0”戦争勃発っー! »

ふしぎ電気実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乾電池ボックスの改良 | トップページ | プリン体“0”戦争勃発っー! »