« セラミックフライパンの威力 | トップページ | そば作の唐揚げセット »

2014年10月29日 (水)

乾電池ボックスの完成

20141029


単三乾電池が6本入る乾電池ボックスを購入しました

なかなか6本入れるボックスはお店には置いていないのだけど、

やっぱり通販は便利がいいですね(#^.^#)

1.5ボルトの乾電池6本で9ボルトの電圧になります


20141029_2


まずは、アクリル板を乾電池ボックスの大きさに折ります(#^.^#)

そして、乾電池ボックスの取り付け穴と端子の穴をドリルで開けます


20141029_3


乾電池ボックスをのせてネジで固定します

ネジは直径3mm×長さ10ミリを使いました(・_・)


20141029_4


ミノムシクリップをネジで取り付けて、はい!完成です

さあ、それでは、実験開始\(^o^)/


20141029_5


先日作った“エジソンの電球”に接続します

すぐにけむりが出て、徐々に明るくなり、最後はパァーと明るくなって、

シャープペンの芯が焼き切れてしまいました

シャープペンの芯でつくる「エジソンの電球実験」の完成です

子供たちが実験できるように10個くらい作ります

楽しんでくれれば嬉しいな(●^o^●)



« セラミックフライパンの威力 | トップページ | そば作の唐揚げセット »

ふしぎ電気実験」カテゴリの記事

コメント

先生。

シャープ芯。

細くしたら、もっと明るい?ヾ(゜0゜*)ノ?

ムッくんさん

シャープペンは0.3ミリを使用しています
0.5ミリは抵抗が大きくコードが熱くなってしまいます
子供たちの安全優先で実験しています(●^o^●)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セラミックフライパンの威力 | トップページ | そば作の唐揚げセット »