« 中学校で出前講座 | トップページ | インデペンデンス・デイ »

2016年7月14日 (木)

笠井知事の銅像

20160714


右の銅像の方は笠井信一岡山県知事(官選:第10代)です

 大正5年5月に大正天皇から「県下の貧しい人々の状況はどうか」
 と問われ、調査の結果、悲惨な状況にある者が一割に達している
 ことが判明しました。この事態の重要さに笠井知事は日夜研究を
 重ね、ドイツの『救貧委員制度』を参考に現在の民生委員制度の
 前身である『済世顧問制度』を翌年5月に創設しました。


20160714_2


今日、私たち民生委員は、この銅像周辺の清掃奉仕をしました

岡山城の北側の小さな一角です(・。・)

木々がかなり生い茂っているため、せっかくの銅像も全く目立ちません

多分、県民の多くは笠井知事のことを知らないと思います

もちろん、ボクも民生委員になるまで知りませんでした(^_^;)


20160714_3


来年、“民生委員制度創設100周年”を迎えますφ(..)メモメモ

そう、笠井知事が「済世顧問制度」を創設してから100年なんです

民生委員制度は岡山県が発祥の地なんですね

ちょっと、誇らしい気持ちで清掃奉仕をしました(* ̄ー ̄*)

でも、梅雨の晴れ間の蒸し暑い時なので、汗びっしょり!

みなさ~ん、夏だけに・・・お疲れサマ~`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!



« 中学校で出前講座 | トップページ | インデペンデンス・デイ »

わが町のこと」カテゴリの記事

コメント

電一郎先生、どこかで見たような作業着も
サマ~になってます(*^-^)

くろちゃん

はい、ボクはエネオスの作業着です(笑)
みなさん、お世話好きな奥サマ~です(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中学校で出前講座 | トップページ | インデペンデンス・デイ »