« のんびり熊山 | トップページ | 牛とろ玉うどん »

2017年6月 8日 (木)

保育園で実験教室

20170606tile_3

初めて保育園で『電一郎先生のふしぎ電気実験教室』を開催しました

岡山市の「屋根貸し事業」を引き受けた「ニチエコ」さんからの依頼です

いつもは小学生や保護者のみなさんに実験を楽しんでもらっていますが

5歳の園児のみなさんはどうだろう( ^ω^ )

不安と期待を抱えて、ふしぎ電気実験教室のスタートです

最初は『アオムシくんとまほうのリンゴ』の読み聞かせを

絵本ではなくプロジェクターを使い大きな画面で見てもらいました

食べ尽くされたリンゴの絵が地球に変わると、「あ!地球だ!」の声

理解できたのだろうか?(○゚ε゚○)

そして「ムダ男くんの家」の“ムダ探し”にもチャレンジです

すると、意外や意外!次々と答えを発表してくれました(*゚▽゚)ノ

『もったいない』を合い言葉に節電や節水も大声で唱和しました

電一郎先生は年長さんのすごさを感じたよ(v^ー゜)ヤッタネ!!


20170606tile_4

次に大人でも理解するのが難しい光の三原色実験です

赤、青、緑の光が混ざると白い光になること

白い光があるから色々な色が見えることなどを体験します

中でも保育園児たちは虹色の影を喜んでいました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

さあ、お待ちかねの工作『夢のレインボーハウス』づくりです

画用紙の家に色を塗ってゆくことはバッチリでした

でも、ハサミで切り抜いたり、家に組み立てるのが難しそう

保育園の先生や「ニチエコ」のスタッフに手伝ってもらいました

そして、完成したハウスを『ふしぎランプ』にかぶせて照明を消すと・・・

次々と色を変えながら光るハウスの美しさに大人も大歓声です

園児たちはキラキラ輝く瞳でずっと見つめていました(゚▽゚*)

きっとパパやママに「自分で作ったよ」と自慢げに見せるのでしょう

その時に『もったいない』の話もしてくれると嬉しいな(≧∇≦)



« のんびり熊山 | トップページ | 牛とろ玉うどん »

ふしぎ電気実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« のんびり熊山 | トップページ | 牛とろ玉うどん »