« 雑草という草はない | トップページ | 鯉が窪湿原 »

2017年6月23日 (金)

雑草図鑑

20170623tile

庭の雑草と戦う日々を過ごしている電一郎先生です(o^-^o)

先日の岡山県立図書館で借りた本がとても参考になったので、

今度は「雑草図鑑」なる本を買ってしまいました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

雑草のイメージをキャラクターで表現しているのが面白いです

可哀そうな名前ナンバーワンの『オオイヌノフグリ』`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

 “出世して偉くなったのに、
       いつまでも昔の恥ずかしいあだ名で
                  呼ばれちゃうイケメン社長”

                         って、キャラクター(笑)

でも、その名前ゆえに雑草界でも、超有名ですね

左下の写真は『ムラサキカタバミ』で、右上の写真は『ドクダミ』

雑草を抜きながら、その名前や生態を調べてみると

子孫を残すための知恵や工夫など、生命の奥深さを感じます

みんな頑張って生きているんだなぁ

それなのに、人間の勝手で抜いてはいけないんだよねぇ

なんて、思いながらも・・・抜いています

でも、雑草抜きは疲れます。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


« 雑草という草はない | トップページ | 鯉が窪湿原 »

花鳥木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑草という草はない | トップページ | 鯉が窪湿原 »