« 正月の楽しみ | トップページ | 新年初そば作 »

2019年1月 3日 (木)

ふりふり発電

20190103

電一郎先生の2019年初仕事は『ふりふり発電』づくりヽ(´▽`)/

マイケル・ファラデーが「電磁誘導」を発見したことは有名ですね

この「電磁誘導」により電気を発生させる発電機が発明されました

しかし、今や発電機なんて、子どもたちが理科の実験で

「手回し発電」を経験するくらいでほとんど目に触れることはありません

生活に無くてはならない電気は発電所の巨大な発電機で作られ

各家庭に送られ豊かな電化生活を享受しているのです(。・w・。 )

その「電磁誘導」による発電を実験できるのが『ふりふり発電』です

ポリウレタン銅線を巻いたアクリル菅の中で磁石を動かすと

「電磁誘導」により電気が流れる仕組みです( ..)φメモメモ

今までは子どもたちが2人で協力して作ってもらっていましたが

なかなか上手く巻くことができない上に時間がかなりかかります

45分間の授業の中で他の実験もたくさん体験してもらうために

今回は電一郎先生が完成品を人数分作りました

子どもたちにはしくみをじっくり学んでもらいたいと思います(o^-^o)

« 正月の楽しみ | トップページ | 新年初そば作 »

ふしぎ電気実験」カテゴリの記事

コメント

あぁ( ´-`)電磁誘導ぉぉ。
わかります、コイルに磁石を出し入れするんですね*^_^*
それを『ふりふり発電』で再現?

(-.-)y-~~ということは、
コイルを巻いてもらって、磁石を付けて出し入れすればいいんですかね?腰*り発電…
電気走る?

やっぱり大人はそっちへ行きますよねぇ(笑)
子どもたちにそんなことは教えられません(*´Д`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正月の楽しみ | トップページ | 新年初そば作 »