« いただきもの~ | トップページ | 全ての男子に・・・ »

2019年2月14日 (木)

PCS調整

20190214

今日は「エネルギア」の後輩社員たちが来ましたヽ(´▽`)/

“太陽光発電用パワーコンデショナ(PCS)”の調整らしい

太陽光発電からの売電量がどんどん増えると電圧の変動が起きて

家庭の照明等がちらつく現象(電圧フリッカ)があるそうです(○゚ε゚○)

電力会社の大きな発電所からの電気の電圧は一定だけど

お天気次第の小さな太陽光発電では発電量も電圧も変化するわな

狭い地域で太陽光発電が増えれば仕方のないことなのかな?

でも、モーターを使用している工場では電圧変動は困るよね

後輩社員たちは一軒一軒連絡して調整に回っているらしい

ご苦労様です(*^ω^*)ノ彡

« いただきもの~ | トップページ | 全ての男子に・・・ »

わが家のこと」カテゴリの記事

コメント

昼間の余った電気は電力会社に売って金もらうから、
天気の良い日に調子こいて売ってたら、
太陽が陰った途端に、自分ちの電圧が下がりましたよう
(ノД`)シクシク

てな話なんですか?
余りまくっても、売電量はほどほどにする調整とか?

しかし十年前までは、余った電気を貯めておけないから売電がありますよ、助成金出ますよ!
という触れ込みだったけど、
今時は家庭用に蓄電池があるんですよね?違ったっけ…

自然エネルギーを増やすために太陽光や風力発電の売電価格を高くして
積極的に設置するように国策として進めてきました。
電力会社の買電価格との差額はすべての国民に負担してもらうとして
電力料金単価に上乗せして徴収しています。
一見、公平なようですが電気をあまり使わなければ負担は少ないのですから
発電設備を持っている金持ちほど負担は少なくなります。
10年間の買取期間が過ぎると極端に売電価格が下がります。
そうなると売るよりも蓄電池にためて自分で使った方が得になるので
家庭に蓄電池を設置する人が増えてきます。
蓄電池は高額なので金持ちしか設置できません。
国策は金持ちが考えるのだから金持ちが得になることしか考えません。
K下さん、なんとかなりませんかぁ~(T_T)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いただきもの~ | トップページ | 全ての男子に・・・ »