« 子どもの世界 | トップページ | 食品ロス »

2020年2月 3日 (月)

ひと口早く恵方巻

20200203

「今年の恵方は西南西」

恵方巻の起源は

 「大阪の船場で遊女に巻き寿司を丸かじりさせたお遊びとか

  若い女性が好きな人と一緒になりたいと願って食べたとか

  巻き寿司を丸かぶりするとその年の福が授かるとか・・・」

色々と諸説あるが、いずれも海苔協同組合や寿司組合等の宣伝のようです

ちなみに恵方巻の名称が初めて使われたのは1989年のセブンイレブン

とにかく商売人の戦略ですね、バレンタインデーと一緒!(@_@。

それでも縁起を担ぐのが大好きな日本国民には大ウケしています

かく言う電一郎先生も、ひと口早く三時のおやつから“恵方巻”

夜ももちろん“西南西”に向いて巻き寿司をいただきますよ(笑)

« 子どもの世界 | トップページ | 食品ロス »

食べ歩記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもの世界 | トップページ | 食品ロス »