カテゴリー「花鳥木」の記事

2020年12月 9日 (水)

爺さま、ゴメン

20201209

今日はこれまた懸案の松の剪定です(;^ω^)

松は剪定が難しいからほったらかしなのでボサボサです

朝のお勤めで仏壇の爺さまにお詫びをしてからチョキチョキ

上の写真は下の方だけ済ませた途中の状態です

本職の人が見たら嘆くでしょうねぇ(@_@。

こんな状態でも松は生きているからすごいです

下の写真ははしごが届かない上部を切り落とした状態です

すっきりはしたけど鑑賞には堪えません

爺さま、ごめんなさい(泣)

20201209_20201209154701

2020年12月 6日 (日)

大きすぎます

20201206

今日は懸案事項の“ハナミズキ”の剪定です(;^ω^)

“ハナミズキ”は切らなくてもいいと聞いていたのですが

どんどん大きくなるので、やはり上部を切ることに・・・

でも、高すぎて、どうやって切ればよいのかわかりません

とりあえず2階から高枝バサミで細い枝をチョキンチョキン

はしごをかけて太い枝を1本だけ電動ノコギリで切り落としました

もっと切りたかったけど特別な道具が必要です

こんなに大きくなる前にチョキチョキしておけば良かったなぁ(*´Д`)

20201206_20201206215201

2020年11月26日 (木)

落葉拾い

20201126

今日も「ハクモクレン」の大きな落ち葉が散乱しています

すべての葉が落ちるまで毎日こんな感じです((+_+))

葉っぱが大きいので熊手や竹ぼうきで集めるのではなく

ゴミ拾い用のトングで一枚ずつ拾っています

「落穂拾い」ならぬ「落葉拾い」です(笑)

「ハナミズキ」もせっせと葉を落としてくれます

こちらは小さいので熊手で回収です

毎日ご苦労様です、自分(^o^)/

2020年11月11日 (水)

紅葉と冬桜

20201111

昨日はGoToトラベルでリッチなホテル生活を楽しんだ帰りに

岡山県総合グランドで紅葉狩りと洒落こみました(^o^)/

施設内にあるすっかり紅葉した多くの木々の下を散歩しながら

時折り吹く風に舞い落ちる赤や黄色の葉の様子を眺めました

特に紅葉している木には「モミジバフウ」のプレートが付いていました

ネットで調べると『紅葉葉楓』と書き中米原産の落葉樹でした

名前からするとモミジの仲間かと思いますが全く関係ないみたいです

その紅葉している木々の中で1本だけ桜が咲いていました

冬に咲く桜は「四季桜」、「十月桜」、「子福桜」などがありますが

電一郎先生にはこの桜の品種は何なのかはわかりません

でも、青空と紅葉と桜

なかなか良い感じでしょ(^_-)-☆

2020年10月31日 (土)

モミジとカエデ

20201031

今日は半日かけてモミジの剪定をしました

みなさんはモミジとカエデの区別がつきますか?

実はどちらも植物の分類上は同じムクロジ科カエデ属です

紅葉と書いてモミジと呼ぶように葉が赤くなるのをモミジ

葉の色が変わらないものをカエデと呼んでいるそうです

また、カエデの名前はカエルの手からきていて

葉の切れ込みが短く手指のようです

カナダの国旗のメープルリーフはサトウカエデという種類です

確かに葉の形は手指のようですが・・・色は赤いよねぇ~?

わが家の“イロハモミジ”はこれから赤く紅葉しますよ~(#^^#)

2020年10月24日 (土)

地面は橙色

20201024

一昨日の雨でキンモクセイの花がすっかり落ちて一面が橙色(@_@。

秋の香りにうっとりと酔いしれていたのに残念ですな

これから冬に向かってハナミズキの葉もどんどん舞い落ちて

お暇なじいじに面倒な仕事を与えてくれます((+_+))

植物はこうして1年をサイクルとして繰り返して成長しています

電一郎先生も腹回り以外で成長したいものです(笑)

2020年10月16日 (金)

鳥のエサ

20201016

最近、朝早くからハナミズキにとまった鳥の鳴き声が聞こえます

その時その時で鳴き声が違うので数種類来ていますが

ピーッという高い声はヒヨドリだと思います

もちろん雀たちのチュンチュンチュンはよく聞こえます(#^^#)

今朝、ベランダの角に緑色の壊れたフタを貼り付けて

その上に鳥のエサを置いてみました

まだ、食べに来た形跡はありません

止まり木みたいなものがないと食べられないのかな?

2020年10月15日 (木)

ハナミズキの実

20201015

わが家のシンボルツリーのハナミズキの実が赤く色づきました

いつのまにか自然はすっかりと秋を迎えていますね

数日前に樫の木を剪定していた時に近所に人から

「ハナミズキも剪定せんと!大きくなりすぎじゃよ!」

と言われました

でも、もはや高枝バサミすら届かない大きさです

それにハナミズキは剪定しなくても良い木と聞いていたので・・・

まぁ、大きいことはいいことだぁ~(●´ω`●)ナーンテ

2020年10月12日 (月)

甘い香り(^^♪

20201012

今日は朝から庭の大きな樫の木の剪定作業です(^^♪

高い所が苦手な電一郎先生はハシゴの5段目までが限界

そこから手の届く範囲を植木ばさみで切って

それより高い枝は高枝ばさみでチョッキンチョッキン

本当は高さを揃えないと格好悪いのですが

とりあえず伸びた枝をチョッキンチョッキン

樫の木の横にあるキンモクセイからは甘い香りが漂ってきます

この匂い好きだなぁ~(●´ω`●)

2020年9月30日 (水)

児島湖花回廊

20200930

先日、彼岸花(曼珠沙華)を見に行った時にあった看板です(^^♪

埼玉県日高市に『巾着田曼珠沙華公園』があり

そこには約500万株の曼珠沙華が咲いているそうです

    ・・・看板には100万本と記載していましたが・・・

ここ『児島湖花回廊』には平成30年時点で35万本が植えられていて

日高市を目指しているそうです

まだまだ目標は遠いですね(/ω\)

真っ赤に咲いているヒガンバナはよく見るのですが

花が咲く前はなんだか“アスパラガス”に見えて可愛らしかったです

日高市を目指してノンバレ~(^o^)/

より以前の記事一覧