カテゴリー「花鳥木」の記事

2020年10月24日 (土)

地面は橙色

20201024

一昨日の雨でキンモクセイの花がすっかり落ちて一面が橙色(@_@。

秋の香りにうっとりと酔いしれていたのに残念ですな

これから冬に向かってハナミズキの葉もどんどん舞い落ちて

お暇なじいじに面倒な仕事を与えてくれます((+_+))

植物はこうして1年をサイクルとして繰り返して成長しています

電一郎先生も腹回り以外で成長したいものです(笑)

2020年10月16日 (金)

鳥のエサ

20201016

最近、朝早くからハナミズキにとまった鳥の鳴き声が聞こえます

その時その時で鳴き声が違うので数種類来ていますが

ピーッという高い声はヒヨドリだと思います

もちろん雀たちのチュンチュンチュンはよく聞こえます(#^^#)

今朝、ベランダの角に緑色の壊れたフタを貼り付けて

その上に鳥のエサを置いてみました

まだ、食べに来た形跡はありません

止まり木みたいなものがないと食べられないのかな?

2020年10月15日 (木)

ハナミズキの実

20201015

わが家のシンボルツリーのハナミズキの実が赤く色づきました

いつのまにか自然はすっかりと秋を迎えていますね

数日前に樫の木を剪定していた時に近所に人から

「ハナミズキも剪定せんと!大きくなりすぎじゃよ!」

と言われました

でも、もはや高枝バサミすら届かない大きさです

それにハナミズキは剪定しなくても良い木と聞いていたので・・・

まぁ、大きいことはいいことだぁ~(●´ω`●)ナーンテ

2020年10月12日 (月)

甘い香り(^^♪

20201012

今日は朝から庭の大きな樫の木の剪定作業です(^^♪

高い所が苦手な電一郎先生はハシゴの5段目までが限界

そこから手の届く範囲を植木ばさみで切って

それより高い枝は高枝ばさみでチョッキンチョッキン

本当は高さを揃えないと格好悪いのですが

とりあえず伸びた枝をチョッキンチョッキン

樫の木の横にあるキンモクセイからは甘い香りが漂ってきます

この匂い好きだなぁ~(●´ω`●)

2020年9月30日 (水)

児島湖花回廊

20200930

先日、彼岸花(曼珠沙華)を見に行った時にあった看板です(^^♪

埼玉県日高市に『巾着田曼珠沙華公園』があり

そこには約500万株の曼珠沙華が咲いているそうです

    ・・・看板には100万本と記載していましたが・・・

ここ『児島湖花回廊』には平成30年時点で35万本が植えられていて

日高市を目指しているそうです

まだまだ目標は遠いですね(/ω\)

真っ赤に咲いているヒガンバナはよく見るのですが

花が咲く前はなんだか“アスパラガス”に見えて可愛らしかったです

日高市を目指してノンバレ~(^o^)/

2020年8月14日 (金)

猛暑禍のサギソウ

20200814

「今日は龍泉寺へサギソウを見に行きたい」

朝食を食べながら夫人がつぶやいた

えっ・・・このクソ(失礼)暑い中をわざわざ野外に出るの?

と、心の中で思いつつも、口から出た言葉は・・・「いいねぇ~」(´-ω-`)

明日の教室の器材をアスエコに運ばなくてはならないので

少しでも暑さが和らぐのを期待して

「午後から行こうや」

しかし、今年の殺人熱光線は午後からも容赦なく降り注ぐ

男たるもの一旦約束したことは果たさねばならぬ

蝉の鳴き声をシャワーのように浴びながら車に乗り込む

車内は快適だが、駐車場からサギソウの自生地までは歩きである

じりじりと皮膚を焼く太陽の攻撃になすすべもなくただ歩く

顔中に吹き出す汗をタオルで拭った時

湿地帯にある小さな白い花が離れた所からも確認できた

猛暑の中でも懸命に咲いているサギソウの可憐な花

夏は暑い・・・それが自然かぁ(#^^#)

2020年5月30日 (土)

RSKバラ園

20200530

昨日は夫人と久しぶりに「RSKバラ園」へ行ってきました(^^♪

晴天の中、咲き誇るたくさんのバラの花々を愛でることができました

駐車場にはさすがにバスは1台も停まっていませんでしたが

家族連れや高齢者の方々で園内はそれなりににぎわっていました

夫人は次々にバラの写真を撮りまくっています(@_@。

電一郎先生はネームプレートを見ては納得したり納得しなかったり・・・

一体、いくつの品種があるのだろう

ここは新型コロナウイルスは関係のない世界のようでした(#^^#)

2020年5月28日 (木)

鼻水がぁ~(T_T)/~~~

20200528

最近、あちらこちらで見かける「大金鶏菊」(オオキンケイギク)

すごく日本的な名前ですが、れっきとした北米原産の外来種です

よく生育することから道路の法面緑化に使われていましたが

あまりに強くて在来の野草の生育場所を奪ってしまうので

2006年に「特定外来生物」に指定され栽培が禁止されました

小学生の登下校見守り活動をしている場所に咲き誇っています

1日2回この花の近くに立っているせいか目がかゆくて鼻水がでます

ネットで調べても明確に花粉症の原因とは書かれていません

どうなんでしょうか~(T_T)/~~~

2020年5月15日 (金)

緊急事態宣言解除!

20200515

昨夜、岡山県の「緊急事態宣言」は解除されました(^o^)/

これで、「外出自粛」をしなくてよくなったのだけど

庭の雑草はご覧の通りなので外出できそうにありません(;^ω^)

このひょろっと伸びた雑草をネットで調べると

どうやら『マツバウンラン』という名前らしいです

紫色の小さな可愛い花を咲かせています

かわいそうですが、1本ずつ引っこ抜きます

今日も“ステイホーム”です(笑)

2020年4月30日 (木)

八朔の木、続き

20200430

「八朔の木」剪定のとりあえずの姿です

上の方に伸びている太い木を電動のこぎりで切りました(^^♪

後日改めて小さな枝を剪定ばさみで切り込みたいと思います

わが家には他にも「ミカンの木」が数本あります

いずれも婆さまが植えて育ててきた木ですが

不肖の一人息子は果樹を育てる趣味もなく

ほったらかしにしているので見栄えも味も悪くなるばかりです

この際、根元から切り倒してしまおうと考えていますが

その後はどうしようかとのプランもありません

さてさて、困ったじいじです(●´ω`●)

より以前の記事一覧