カテゴリー「介護のしごと」の記事

2014年12月14日 (日)

お勉強のちラーメン

20141213


昨日は9時から17時まで、みっちりとお勉強の日でした( ..)φメモメモ

2冊で300ページもあるテキストで2人の講師から説明を聞きました

午前中は香川大学医学部付属病院精神神経科の角徳文医師

午後はナーシングリソースの馬場先淳子代表


認知症についての基本を整理するのに最適な内容でした

「りんご」のケアマネさんに資料をたくさん持ち帰りましたよ(#^.^#)


20141213_2


さて、これはどこのお店のラーメンでしょうか?

メニューには“中華そば730円”と書いてあります

醤油ラーメンなのですが、表面には鰹だしがたっぷりと浮いています

いつもは店の前にお客さんが大行列なのですが、

昨日は土曜日なのに一人も並んでいなかったので

本当に久しぶりに食べてみました(^u^)


20141213_3


正解は表町の「やまと」です

厨房ではコック姿のご主人と若いお兄ちゃんが作っていました

メニューにあるトンカツやオムレツはご主人が作るのでしょうね


ボクはかなり昔に、初めてここのラーメンを食べた時は、

鰹だしのスープに驚きと違和感で、正直美味しいとは思いませんでした

しかし、近年では様々な味のラーメンが現れ、

鰹だしにも慣れたせいか、今回は美味しくいただきました


この店の鰹だしはかなり強力で、食べ終わってもしばらくの時間、

口の周りにべっとりと鰹だしの味がまとわりついていました(●^o^●)



2013年12月18日 (水)

忘年会の景品

20131218


明日は介護のお仕事をしている「GHりんご」の忘年会\(^o^)/

早勤務なので7時から16時まで働いて、帰ってシャワーを浴びて

戦闘準備を整えて19時半スタートの忘年会に備える


いつも幹事みたいな役なので、今回も恒例の景品を準備した(#^.^#)

去年は「ロフト」でオシャレにクリスマスラッピングした商品を買った

オシャレなのは良いけど、高くついたので、今回は通販を利用してみた



続きを読む "忘年会の景品" »

2013年7月24日 (水)

関西地域大会に参加

20130724

7月21日(日)の「日本認知症ケア学会関西地域大会」に参加してきました

今回は高速バス乗車券をWEB早割りで片道2,600円でゲット

宿泊先はなんばグランド花月近所の「オリエンタルホテル」を8,000円で予約

学会の参加費6,000円も必要なので単位を取るのはお金がかかりますな

まぁ~、大阪観光もできるので良しとしましょう\(^o^)/

続きを読む "関西地域大会に参加" »

2013年6月 1日 (土)

在宅医療・介護のススメ

20130601

今日は市民の日記念事業「賢く使う在宅医療・介護のススメ」講演会に参加

民生委員として行ったのだけど、介護の仕事もしているし、爺さまの経験もある

現実的に考えると、わが家で最期を迎えることを希望していても、

家族への負担を考えるとなかなか難しい問題だ・・・(・。・;

なんて、思いながら、久しぶりに山陽新聞本社の“さん太ホール”に入った



続きを読む "在宅医療・介護のススメ" »

2013年2月24日 (日)

特別講座に参加

P1002982.jpg

大阪に来た目的は、この特別講座への参加

これは「日本認知症ケア学会」が開催する研修会で

参加することで5単位を得ることができる(^_^)v

 

認知症ケア専門士は5年毎の更新制度になっていて

5年間で30単位をとらなければならない(・_・)

 

特別講座の前半は“認知症ケアの倫理”

後半は“認知症終末期ケア”についての講義だ

 

800人収容できる会場は、ぎっしり超満員

マスクをした人が多く、咳ばらいも聞こえる(-_-;)

 

こりゃ、いけん!

 

前半が終わって、あわててマスクを買いに走った

風邪なんかひかないぞ~

さぁ、後半が始まった

居眠りしないように、のんばろ~(^0_0^)

 

2012年1月31日 (火)

サクラサク\(^o^)/

待ちに待った合格の証が届いた\(^o^)/

 

一足早く、「サクラサク」(*^_^*)

 

思えば平成20年の春にグループホームで働き始める時に、

履歴書に「認知症ケア専門士の資格を取りたい」と書いた

 

受験は認知症介護施設で3年間の勤務経験が必要なので、

去年の3月に受験を申込み、5月に受験対策講座を受講し

7月に神戸で一次試験、11月に東京で二次試験に挑戦し

今年1月にやっとこさ合格発表があった・・・(・・;)長い・・・

 

晴れて認知症ケア専門士になれても、5年毎の更新制で、

その間に30単位以上を取得しなければ資格が無くなる

単位は全国各地で行われる講義等を受講すれば取れる

 

      ・・・が、

 

その度に旅費や受講代が必要・・・更新費用も・・・(・_・;)

 

これは認知症ケア学会が儲けるための作略なのか?

それとも認知症ケア専門士のスキルアップのためなのか?

 

伸太郎は後者だと信じてのんばろうと思います

それに日本各地へ観光気分で行けるしね(●^o^●)

 

2008年9月12日 (金)

半年の修行

3月からグループホームに働き始めてちょうど半年が経ちました。

僕にとっては新しい仕事と言うより新しい修行です。

GHという職場での自分の立場は十分に認識していますし、
GHという介護施設がめざしている方向も理解しているつもりです。

ですから、仕事と考えると51歳にもなったおじさんですから、
今までの労働経験からして、なんとか対応することはできます。

そうではなく、施設に入居されている認知症高齢者の皆さんが、
日々の暮らしをいかに穏やかに、そして楽しく暮らしていけるか・・・

そこを、まさしく修行させていただいています。

昨日穏やかだったから、明日も楽しいとは限りません。
第一、明日があるという保証もありません。

今、この一瞬を、穏やかに、楽しく、過ごせなくてはだめなのです。

僕の顔を見ていただくだけで、なんとなく安らぎを持ってもらえれば、
最高ではないでしょうか。

いつもできるだけ優しく、包み込むように接しなければいけません。

そして、ご希望されることをできるだけ叶えてあげることができれば
穏やかにその時を過ごしていただけるのではないでしょうか。

あなたのことをいつも気にしています。というメッセージがその方に
伝わっていれば、安心されるのではないでしょうか。

専門学校では、受容と共感、そして、寄り添い と教えられました。

このことを実践しながら反応を受け止める日々です。

毎日、自分自身が試されています。まさしく修行です。
 

2008年9月 1日 (月)

心にいつも和願施を

今日はグループホームで利用者の方から拒絶されてしまいました。
僕の目つきや言葉の抑揚が彼女の感情を刺激したのでしょうか?



グループホームに勤務して初めて入居者の方から拒絶されました。

男性からの介護を好まれない方は始めから女性職員が対応します。
しかし、今まで何の抵抗もなく僕が支援させていただいていたのに、
今日、急に強く拒絶をされました。

多分原因は、入浴の順番が来たときに、この方が睡眠不足もあり、
「寝るからあっちに行け」とか、「ラーメンを食べてから行く」とか、
入浴を拒んだり、訳のわからないことを言われたことに対して、
僕が焦って強い口調で言ってしまった事がひとつだと思います。

その数時間後、トイレ誘導に際して、急に強く拒絶をされました。

排せつ介助を異性にしてもらう事は、当然誰しも抵抗があります。
認知症、高齢者、施設、という部分で諦めて身を委ねられている
そんな部分もあるのかもしれません。

しかし、今回は異性だから恥ずかしいから嫌だというよりも、
あなただから嫌だと拒絶されたように思います。

僕がとても怖い人だと思われたのかもしれません。

女性にも男性にも受け入れてもらえる介護員にならなければ・・・

うん、気を取り直して、明日はにこにこと“和願施”を心に秘めて、
利用者の皆さんと向き合いたい思います。

赤ん坊のような純真無垢な笑顔になれればいいな・・・
 

2008年7月15日 (火)

ビールが旨い

プシュッ、グビッ、ゴクッ、プハァ~~~、たまらないっす
仕事から帰って、ひと風呂浴びて、まだ、18時40分ですぅ~



今日の伸太郎の仕事は日勤でした。

日勤は朝9時から夕方18時までなのです。
だ・か・らぁ、仕事が終わってから、バイクでビ~ィ~ィ~ンと帰って、
お風呂に入っても、40分後には食卓に座れるのです。

いやぁ~、汗をかいた仕事の後の風呂上りのビールは最高です。

初めてですが、少しグループホームでの僕の仕事を紹介します。

日勤(9時~18時)の場合
 午前は施設の掃除、見守り・トイレ介助、昼食準備、
 午後は入浴介助、見守り・トイレ介助、日誌整理

遅勤(11時~20時)の場合
 午前は見守り・トイレ介助
 午後は昼食片付、見守り・トイレ介助、おやつ・夕食準備・片付

空き時間に、レクリェーションや散歩などもします。

他に、早勤と夜勤がありますが、伸太郎はしないので省略します。

グループホームは少人数の認知症高齢者の方が入所されています。
基本は皆さんが共同生活をしながら、家庭的で落ち着いた雰囲気の
中での生活を送ることにより、認知症状の進行を穏やかにしながら、
家庭介護の負担を軽減するということです。

つまり、入所の皆さんが毎日を穏やかに生活していただけるように
スタッフが見守りながら支援していくための施設です。

新入職員の伸太郎には、なかなか理想の介護なんてできませんが、
そこは伸太郎らしく頑張っているところです。

今日のような夏場の入浴介助は全身汗まみれです。
おかげで3kgも痩せましたし、早く帰ることができて夫人の手料理で
ビールを飲むことができるのでありがたいことだと思っています。

旨いビールを止めれば、もっと痩せられるかも・・・(*^_^*)ムリです。
 

2008年3月18日 (火)

料理当番

グループホームに勤務して4日間が過ぎました。
まだ、介護らしいことは何もできていませんが夕食を作りました。



伸太郎は食べることが大好きなので、料理することも好きです。
今まで、土曜日と日曜日はわが家の夕食を作っていましたので、
まぁ倍の量を作ればいいのかな。って簡単に思っていました。

いざ作ってみると量の問題より、内容の問題だと気付きました。
糖尿病や高血圧などの病気に対応した調整は当然ですが、
基本的にわが家とは味が違うのです。

僕の料理は知らず知らずの内にわが家の味になっていますが、
利用者さんはそれぞれの生活の中での味があります。
また、入所されて長い方は、このGHの味に慣れています。

う~ん、難しいなぁ~。

ひとりひとりにお聞きしながら、調整するしかないですね。
 

より以前の記事一覧